個店の繁盛と街の賑わい 一体的推進

一体的推進。
改正以前の中活法(整備改善活性化法)ではよく使われていました。
そもそも法律の名称が「中心市街地における市街地の整備改善と商業等の活性化を一体的に推進することに関する法律」でした。
他にも、行政と民間、商業と観光、個店と商店街等々

今日のテーマは、個店の繁盛と街の賑わいを一体的に実現する方法について。

言うまでも無く、商店街活性化とは商業集積としての維持に支障が生じているまたは生じるおそれのある商店街に対して適切な対策を講じて将来にわたって持続可能にすることです。
商店街活性化はほとんど定義しないまま使われていますので要注意。
定義せずに塚ているひとは商店街活性化の方向や方法についてキチンした考えを持っていない人だと思います。これは本院の肩書きがなんであれ活性化についてマジメに考えていないことの現れと見て間違いありません。

さて、商店街を活性化するには、立地する個店が繁盛すること、業績不振から脱却し再投資が可能な収益を確保出来るようになること、つまり繁昌すること。同時に、商店街全体がショッピング目的のお客で賑わうこと。
即ち、個店だけでは無く、街全体がショッピング客の回遊(買い回り)で状態を実現することが商店街活性可である、そのために取り組まれるのが商店街活性化事業です。

ところが実際の取組では、商店街への一過性の来街者は増えても、その人達が個店のお客にある、ショッピングを楽しみ、多くの人が商店街の得意客になる、ということは起きていません。
集客は出来るが、ショッピング客として定着させることは出来ない、ということです。
これはほとんどの商店街―中心市街地で起きている状況ですね。
どうしてこういうことが起きるのでしょうか?

その原因は個店の売り場にあります。
多くの個店の売り場が、ショッピングを楽しめる売り場である、というアピールが出来ていない。
そのためにイベント目的の来街者を店内に誘引できず、ショッピングを楽しんでもらえない。
結果的に個店―商店街のお客とイズテ手いちゃkすせることができない、というわけです。

この状況から脱却するたmねいは、イベント来街者がショッピングを楽しめる条件を整え提供すること、それ以外に方法は有りません。つまり、各個店の売り場をショッピングを楽しめる売り場に転換することです。
これまで商店街では街に集客するのは組合の仕事、集まった人お客にするんは個店の仕事、といわれて来まして。」
しかし、この「分業」は実現していません。
個店はイベント来街者を自店のお客に転化する技術、売場を作る技術を持っていないのです。
(まずこのことを認めなければならない)

従って、本当に商店街を活性化したければ、来街者をショッピング客として定着させる売り場づくりに取り組まなければならない。
これを個店の仕事、というのはとんでもないことです。
全国の商店街がイベント来街者を個店―商店街のショッピング客に転化できず、活性化を実現出来ずにいるときに、あなたの商店街の個店だけがそれができる、というわけが無い。実際、これまでできていないのですから。

そこで当社の^売れる売り場づくり」の出番です。
商店がから有志を募って「売れる売り場づくり」に取組、成功して商店街全体に取り組みを拡げていく、毎度お馴染みの「キラリ輝く繁盛店づくり」ですね。
この事業に取り組むことで、全国の商店街共通の念願である「個店の繁盛と商店街に賑わいの一体的推進」が実現します。

ご承知のとおり、来たる5月25日、始めての試みとして武雄市において「売れる売り場の作り方」のセミナーを開催します。
「個店の繁盛と商店街の賑わいの一体的実現」を目指す取組としての売れる売り場づくり、国内に同じような趣旨のセミナーはありません。この機会に是非受講して御地商店街の真の意味での活性化の実現hの江第一歩とされることをお奨めします。

 繁盛する個店づくりと商店街の賑わい創出、一体的に推進する原動力は「売れる売り場づくり」です。

売れる売り場が街を変える

集客イベントに街を変える力はありません。


売りたい工夫が売れない原因に

□多くのお店で「売りたい工夫」の積み重ねが「売れない売場」を作っています。

  客数、店前通行量が減ると、なるべくお店が目立つ工夫をして人目を惹きたい、そして御客として入店してもらいたい、と考えるのが人情です。

 いろいろ工夫します。
ノボリを立てる、ポスター、チラシを貼る。A看板を立てる・二つ、三つ。実際に取り組んでいる人はよくおわりのように、効果はありません。
すると「まだ足りないか」と追加することになる。
「加上」ですね。
するとお店はどうなりますか?

ノボリ、ポスター、看板、のれん、花壇、植栽等々、人目を引きたい、アピールしたいという工夫で、店・売り場はほとんど見えなくなります。
見えない売場にお客が入って来るでしょうか?

 さらに、「客足を止めて店内に誘導する」と称して店頭に低額品を満載したワゴンを二台三台並べる。これで完璧(^_^)
しかし、お客は入ってきません。

 こういう工夫を積み重ねた結果、本来のお店・売り場の業容は通りからは全く見えなくなってしまいます。
こういう姿になっているお店は商店街にありふれています。あなたのお店はどうでしょうか?

□「入店訴求」の工夫がお客の入店を拒んでいる

 自分が一見客としてはいるときのことを考えて見ましょう。
入店に先立って、外から見えるお店の全体像、特に売り場の様子をチェックして、そこで過ごす時間がどういう時間なのか、想像して見ると思います。単に気に入る商品があるかどうかだけではありません。大事なのは、ショッピングが楽しめるかどうか。
 
 ところがお店の全面が「入店訴求」で埋め尽くされていると、肝心の売り場のチェックが出来ません。売り場でどういう時間をアス後競るのか、創造出来ない、売り場の様子が分からないお店に一見で入っていくのは勇気を要することです。
対てにの人は入ってみたいとは思わないはずです。
イベントで店前を大勢のお客差行き来しても入店してこないのは、売り場qの様子が外に伝えられていないから、伝わらないのは「入店訴求」の仕掛けが邪魔をしていることが多いのです。

 こういう間違った工夫をしているのは、年配の店主さんに限ったことではありません。老若男女関係なし、です。
ちなみに、若手に店を譲れ、とはよく聞かれることですが、譲れば良くなる理由があるんですか? 
年齢とか関係なし、勉強してなければ一緒ですよ(^_^)

□「見える化」の取組

 入店客が欲しければ、
ノボリ撤去
ポスター撤去
置き看板撤去
花壇植栽撤去
店頭ワゴン撤去
撤去、撤去、撤去・・・。
今日現在も自分のこれまでの常識と闘いつつ、撤去に励んでいる老若男女の個店経営オーナーさんがいますよ(^_^)

 撤去すると、道路から売り場が「丸見え」になります。売り場の出来映えは如何でしょうか?
一見のお客さんが入って見たい、商品を見てみたい、ショッピングを楽しみたい、と感じる売り場が作られているでしょうか?

 見たいと思う売り場で無ければお客は入ってきません。
それは人目を引く工夫をしているみでは無く、売り場がよく見え、そこで過ごす時間の「質」が想像出来る売り場、です。

 そんなことに取り組んでも通行量が少ないから効果が無い、という人もいます。
ところが、非値通りが少ないようでもちゃんと見る人は見ているのがお店です。
かなタス新しい人が「一度見せても対タイと思っていました」といいながら入って来ます(^_^)
それより何より。

 いつも来てもらっているお得意さんの売り場に対する印象が変わります。
そうするとどうなるでしょうか?
売り場の回遊がこれまで以上に起こります。いつもより念入りに、売り場をチェックします。そうすると「衝動買い」が起こる可能性が高まります。お得意さんの売り場に対する評価が高まり、来店頻度が向上します。
お店の見る化に取り組むと、新規のお客さんが増えなくても売り上げが増えるのです。しかもお得意さんに喜んでもらえる。
満足したお客さんはあなたにとって何よりも強力な味方、口コミという武器を駆使してお客を連れてきてくれます。

遅く遺産が自慢せずにはおれない売場を作りましょう。
それが今すぐ出来る、そしてもっとも確実な商売繁盛への道です。





売り場を軽視する小売業

 商店街立地の地場小売店の大きな欠陥は、「売れる売り場づくり」を軽視していること。
いろいろと工夫はされていますが、その「基準」が無いために、工夫が思いつきの域を出ていない。その上、工夫は『仮説』ですから、一定期間実施してみたらその結果を測って続けるか、改善するか、止めて他の方法を考えるか、検討しなければならない。
こういう作業に行われない。

 売り場づくりの基準は、お客のショッピングがストレス無くスムースに行われること。『快適』と言うことですね。
さらに専門店の場合は、ショッピングが楽しい、売り場で過ごす時間が楽しい、ということが大きな要素として加わります。
「堪能」ですね。

 売り場はお客がショッピングを堪能する空間として適切にしつらえてあるか?
これが『売れる売り場』を作り、維持し、改善していく基準です。
その第一着手の視点が『見える化』

見える化三段活用:見せる・見える・見分けられる

1.見せる:店前(通行者)に対して売場をアピールすること。
2.見える:興味を持った歩行者が接近してくると売り場の雰囲気、そこで過ごす時間がイメージ出来ること。
3.見分けられる:売り場で気に入ったAアイテムをスムースに手にすることが出来ること。

 見える化は「売れる売り場づくり」の基本中の基本です。
1.『見せる』ができていない売り場にお客(店前歩行者)はなかなか気づきません。気づいたとしても興味を持ってもらえない。
2.『見える』お店のアピールに気づいたお客(店前歩行者)が店内の様子を観察する。この時何がどう見えるか?
  ここの『見え方』で、売場で「過ごす時間」をイメージする。品ぞろえ・接客・環境を総合的にひゅおうかして入店を決定する。
3.『見分けられる』 売り場に入るとレイアウト、陳列が行き届いており、スムースに目当ての品種売り場に到着、アイテムを選ぶことが出来る。

 「AIDCA」に通じますね。

 見える化が出来ていないと、品ぞろえ・接客に負担を掛けることになります。
余計な品ぞろえが必要になり、在庫の回転度が低下し、経費が掛かる。
不要な接客が必要になり、お客、接客者双方に負担が生じる。

 その結果、お客の『堪能』度合いが低くなる、スムースにクロージングできれば『もっと楽しみたい』気持ちが起こり、『グレイジング』がおこなわれる。「店内回遊」ですね。気持ち的に衝動買いにつながります。

 売り場の「見える化」を軽視すると、本来は「見える化」で提供すべきことに「接客」で対応することになるとその分、接客に負担が掛かる。
接客はお客とスタッフの相互作用ですから、双方に負担が掛かっている。お客にしてみれば「接客で無い接客」は受けたく無いですからね。ぎくしゃくした雰囲気が漂ったりすると 「また来たい」 という気持になれません。

 売れる売り場づくりの基本は「お客に見える売り場づくり」から。
売り場づくりの不備を接客、スタッフの力でカバーすることは難しい。

 25日のセミナーでは『見える化』の進め方を中心に、お金を掛けずに『売れる売り場づくり』を進める『見方・考え方』を実証事例の動画、写真を例示しながら提案します。
「売れる売り場づくり」の必要に思い当たった人は、
月25日のセミナー『売れる売り場の作り方』
が絶好の機会です。

あと関東な地方の人は、6月1日の町田市のセミナー分。こちらは町田市民優先でしょうから参加出来るかどうか主催者に直接問い合わせてください。

「公開セミナー」開催のお知らせ

☆セミナー予告:
テーマ:『売れる売り場の作り方』 ―売り場を変えると街が変わる!―
講 師:武雄信夫(当社代表)
日 時:5月25日(木)19:00~22:00
場 所:武雄市文化会館大集会室(A)
参加料:1,000円(ただし資料代)

当社の『キラリ輝く繁盛店づくり』の理論と実践は、有志商店街・都市との協働のたまものですが、佐賀県内各市の皆さんとの協働の成果が大きな部分を占めています。なかでも大きいのは地元武雄市中心商店街の皆さんとの協働。
商店街との協働無くして我々の理論と実践は構築することは出来ませんでした。

近年は、遠距離、泊まりがけの仕事が多くなっていたのですが、このところ佐賀県内の商店街活性化b事情は様変わり、手厚かったプロパーの支援制度もすっかり縮減されているようです。
ここは『基盤整備』の出番ではないかと一念発起、「売れる売り場づくり」の推進を試みることにしました。
まず隗より始めよ。県内有志との協働による運動として展開していくことをめざします。

手始めとして上記のとおり、公開セミナーを開催します。
お誘い合わせの上ご参加下さい。
商店街単位で参加されると、『商店街活性化の基盤整備』を始め、今後の商店街活動の参考となる豊富な情報を共有することが出来ます。


誰が基盤整備事業を仕掛けるのか?

 これは様々です。
様々ですが、スタート時点で整理整頓しておかなければいけないことがあります。

 商店街活性化の取組の全体像にきちんと組み込むことです。
もし、全体像が作れ荒れていなかったら、基盤整備事業の取組を通じて全体像を作ること。
これは極めて重要な課題です。
そのための手順を説明します。

1.発意
  あなたが誰であれ商店街―中心市街地活性化の推進に、基盤整備が必須だと了解し、取組をスタートスルニは、まず、取組の全体像を理解することが必要です。
全体像抜きの取り組みは、簡単な問題で矮小化sれてしまう可能性があります。
商店街活性化の全過程を通じて繁盛店・売れる売り場を増やし、維持していくことは常に取組の中心に位置づけられます。
他の事業tの連携も重要です。
成果を挙げるには活性化の全体像を理解し、そのなかでの「当事業の位置、時点における課題」などを理解していることが重要です。

(続く)

基盤整備の行く手

 基盤整備事業、「売れる売り場づくり」はもちろん、売れる売場を作ることが最終目的では無く、繁盛する個店を実現しながら同時に商店街の商業集積としての再構築をめざしします。
ここが個店の経営改善とは違うところですね。

業種業態を問わず、商店街立地の売り場を「売れる売り場」に転換する、それが同時に商業集積としての再構築をj実現して行くという「虫のいい」プロジェクトです。
しかし、実はこういう取組で無いと「売れる売り場」も「商業集積としての再構築」も実現出来ません。
それが商業集積間競争時代の売れる売り場づくり、商業集積としての再構築が真座さなければならない方向と方法なのです。

(続く)

商店街活性化 基盤整備事業

 長年、袋小路に入っている感のある商店街活性化について、抜本的な転換を提案します。
名づけて[商店街活性化基盤整備プロジェクト]。

基盤整備とは:

 一般に基盤整備と言えば土木建築方面の取組ですが、商店街・中心市街地活性化の場合、土木・建築方面の取組以前にもっと基本的なな課題があります。ハード面の整備よりももっと基礎的な条件整備。基本中の基本がきちんと整備されていることが土木建築的段階的基盤整備が本物の基盤整備となるかどうかを左右する、という正真正銘的基盤整備です。

 つまり、基盤整備を始め、ソフト&ハード両面、多種多様に取り組まれる活性化を目的とする事業群が所期の効果・貢献を果たすための条件をあらかじめ整えておくこと。
もし、活性化事業の効能効果を発揮させる条件が整備されていなければすべての活性化事業が徒労に終わります。ですよね?

 基盤整備事業以降の活性化事業を効果あらしめる条件とは何か?

【それは「売れる売り場」が軒を連ねていること】です。
景観整備、イベント、非物販の集客施設の整備等々、来街者を増やす事業の効果が発揮するには、事業に先立って【売れる売り場】が揃っていることが前提になります。

 ところが、実際の活性化の取組はここの論理が完全に倒錯していて、「売れていない売り場で商品を売る条件」として活性化事業が位置づけられ、取り組まれている。端的に言えば、売れない売り場は店前通行量を増やせば売れるようになる、という仮説に基づいて事業が企画され取り組まれているわけです。

 景観を整備する、コミュティ施設を整備する、空店舗出店補助etc,. すべての事業が「通行量が増えれば売り場は売れる」と言う前提で取り組まれています。
実際はそうはいかない、と言うことが全国各地の種横転街における実践でずうっと実証されていますが、なかなか取組を転換することが出来ない。
店前通行量の増加で効果が出ないなら、直接入店者を確保しよう、と始まった「商店街活性化・三種の神器」はさらに劇的で、店頭・店内にイベント客を誘引しても、売上げ―顧客増加を実現出来ません。

 その原因はたった一つ、基盤である「売れる売り場づくり」が作られていないから。
たぶん、皆商店街の皆さんは、自分の売り場が「売れない売り場」になっていることに気づいていません。

  そう言えば以前、まちぜみに取り組んでいたお店で、ゼミの参加者は来るんだけど売上げにはつながらない、とぼやいていたおかみさんが「見える化」に取り組んだら、ゼミ参加者が買ってくれるようになった、と喜んでい報告してくれたことがあります。
いまではまちぜみのモデル店だそうで、「まちゼミの前に基盤整備ですよ」とちゃんと伝えるよ~に(^_^)

 さて、現在の活性化事業の継続を主張できるのは、とりあえず、取り組んでいる事業が自分の店にとってプラスになっている人ですね。
プラスとは:
①イベント毎に新規の来店客があり
②その後数日間続く
③その中から結構な割合で得意客が増える
ということがイベントのたびに起きている人です。店づくり、売れる売り場づくりがちゃんと出来ているからですね。
繁盛店にとってはイベント様々です。

  多くのお店で①~③が起きていれば活性化事業は大成功ですがそうはいかない。
商店街のイベント当日は、ショッピング目的のお客は激減する、というのが多くの商店街に共通する傾向ですね。

 多くのお店は、イベント当日は新規来店客どころかお得意さんの来店さえ諦めています。
これでは活性化事業の効果はゼロ同然、何回繰り返しても同じ結果が繰り返されるだけ。

 と言うことで、活性化への近道は「商店街活性化基盤整備事業」に取り組むこと。
他に方法は無いと思うのですが、取り組めない事情があったりして。

その1.一国一城の主が死守する売り場に踏み込む腕と度胸がありますか?
その2.踏み込むに当たって装備する「売り場づくり」の効果効能如何

 考えると誰でも二の足を踏むのが当然でしょう。
シャッターの内側に問題があると分かっていても着手出来なかった二大理由です。

 我々はなぜ提案出来るのでしょうか?
我々が提案する「商店街活性化基盤整備事業」は、皆さんご存じの「売れる売り場づくり―キラリ輝く繁盛店づくり」です。
われわれは二大難問をどうクリアしているのか?
実は[その一]は大した問題ではありません。
一国一城的プライドも売上不振には勝てません。というか、個店経営のプライドの源泉は売り場、売上げ、お客の支持ですから今やqもン大はプライドをどう取り戻すか、ということです。
我々が提唱する[お金を掛けずにここまで出来る! キラリ輝く繁盛店づくり]のように繁盛出来る、と納得出来れば動きます。

 問題は[その二]にあります。
この厳しい時代、モールを始め郊外型商業全盛という時代に、商店街立地で・業種業態不問・お金を掛けず・商品構成を変えずに「売れる売り場」に変身させることが出来る、だれでもその気になりさえすれば売れる売場を作ることが出来る、というのが[その二]への答えです。
そして、今現在この答えとして唯一提供されているのが我々の[キラリ輝く繁盛店づくり]です。

 商店街活性化事業は「売れる売り場」の存在を前提に組み立てられているが、売り場の現状は果たして如何。
活性化の基盤となる「売れる売り場」の再構築=商店街再生基盤整備事業への着手を急ごう。

 
取り組めない事情というのは積年の不毛な取組に起因することが多かったりしますが、それはともかく。取り組めない事情を内側に抱えていたのではできる事業もできなくなります。
出来ない事情をどう解消するのか、腕の見せ所、知恵の出しどころ(^_^)
と言うことで、商店街活性化は、今すぐなんの準備もせずに着手出来る「基盤整備事業」への取組がスタートしないことにはシナリオが書けない。話はそれからだ、と言うことですね。

 各種活性化事業を成功させるには、基盤となる「売れる売り場」が整備されていることが根本条件。実際の商店街に「売れる売り場」は揃っているか? 活性化事業の効果が発現しないのは、基盤である「売れる売り場」が少ないことが最大の要因、「売れる売り場」を増やすことが活性化への最優先で取り組むべき課題です。

商店街活性化事業が成果を挙げられないのは、
1.もはや商店街という存在を活性出来る条件が無い のかあるいは、
2.取組が根本的に間違っていたから
のどちらか。
どっちがどっちか決着させて次の行動に移るべき。

 答えは簡単。
繁昌している商店街もあるわけですから、1ということはあり得ません。
答えは2です。

問:活性化に取り組んでいる商店街が活性化出来ないのはなぜか?
答:取組が根本的に間違っているから。


  “手直しすればいい”とか “何かを付け加えたらといい”というレベルでは無くて、従来の取組は根本的に間違っていた、と確認しなければならない。 根本的な間違いとは?

  これまでの活性化事業は
「個店のシャッターの内側には問題は無い。問題は来街者・通行量が少ないこと」
という前提に基づいて組み立てられているが、この前提は間違っているということ。です
間違った前提で取り組む事業で活性化出来るわけが無い。

 現在取り組まれている活性化事業が前提にしている条件は適切なのか? それとも間違っているのか?
どう考えるかで商店街の命運が定まる時期を迎えていると言って過言ではありません。

ということで、あなたは:
間違っていない派? それとも
間違っている派?
どちらでしょう(^_^)

事態がここまで深刻化すれば、取り組み方が間違っていると見る以外に無いだろう、と考えるあなたには起死回生の方法が(^_^)

 通行量が増えることで売上アップが期待出来るのは、自動販売機とコンビニエンストア。
品ぞろえが売れてなんぼの商売人が通行量などあてにするわけが無(い^_^)

  とは言うものの、通行量増加という活性化事業の柱のひとつが「商店街実態調査」ことアンケート調査によって示されたた商店街の問題意識「通行量が減少していること」を反映していることは言うまでもない。藻谷謬論もしかり。
空洞化に陥っている商店主さんたちの問題意識が活性化策を決めているの図。

 我々が見るところ、商店街活性化の取組、本物かどうかを見分けるには、基盤整備=売れる売り場づくりに取り組んでいるかどうかを見る。これは厳然たるDemarcation。
執行部を担う巡り合わせとなっている理事長さんは、既定路線を継続するのか、基盤整備に移行するのか、これまでにない決断を迫られていると思いますが、責任者としての心境としてはどうでしょうか。

 いったん、移行を決断すると若干の整理整頓は必要かも知れませんが、移行してしまえば明るい日々が訪れるかも。もちろん、自店売場の業績も今以上に伸長すること間違い無し。分かってて行動しないのは罪ですよ(^_^)
(続く。

商店街活性化、職業的指導者の不在

 商店街活性化の取り組みには、商商業理論(一般論)、POP理論、商業集積論などを装備していることが必須ですが、既製品は提供されておらず、また、商店街単位で独自に構築することは不可能です。餅は餅屋、学識経験者さんの出番ですが、商店街活性化を導ける内容を持った理論は提供されていません。
 一方、実践面を見ても商店街活性化のキモである「売れる売り場づくり」を指導出来る専門家はほとんどいません。
(「業種別繁盛店の作り方」は出来る人がいると思いますが)

 理論無し・専門的リーダー不在の取組、これが現在の商店街活性化の取組の環境ですね。
ちなみにここで言うリーダーとは商店街組織のリーダーのことではありません。
商店街活性化の一部始終を理論と実践両面にわたって、指導・支援する専門職としてのリーダー、必要により商店街組織を指導支援する職業的リーダーです。
この職業的リーダーがいない、と言うのが後で見るSMなどチェーン小売業と商店街との大きな違いの一つです。

 商店街活性化が取り組まれているのは、商店街が成功したことのない「集積間競争」のまっただなか、モールを始め多種多様な商業施設・集積を向こうに回して商業集積としての歩JIを再確保しようと言うのですから、理論も指導者も必要ですよね。
これが両方とも不在、と言うのが商店街家政科の現状でアスね。

 これでは商店街が活性化出来ないのは無理も無い。繰り返しますが、ここで言うリーダーとは商店街のリーダーさんとは違いますよ。
商店街活性化の指導支援を背紋とする職業的指導家です。

 話は変わりまして。
 スーパーマーケット(SM)が米国から上陸、瞬く間に全国に波及した背後には、日本リテイリングセンターをはじめ指導にあたる専門機関があり、相互にしのぎを削りながら、商店街から「脱藩」した青年商業者を指導育成しました。疾風怒濤時代。

 ご承知のように米国という先進事例があり、それを論理化して、理論―実践技術両面にわたって、新入社員から経営トップまで体系的・実践的に指導する専門家機関があったわけです。
その指導支援のもとで、SMが全国に波及し、その中からGMSが生まれSCが登場する、という発展があったのですが、理論と技術両面にわたる指導支援無くしてこの発展は考えれません。

 一方、商店街の方はどうでしょうか?
上記のSMーGMS-SCの全国全都市侵襲に対して地場商業者の事業機会を確保維持するための取組の特徴は、理論も指導者も無かった、と言うことです。

 国は、『大店法』を制定、調整4項目によって地場商業者の事業機会を確保する機会を設定しましたが、上述のとおり、理論と指導者を欠いた取組でしたからほとんど成果を挙げることが出来ませんでした。
 後年、学識経験者さん達が「大店法による対応には限界があった」と言うのは笑止千万、この人達(その先代筋)が対応するための論理と技術を提供出来ず、商調協の要職を務めながら指導らしい指導は出来なかった、と言うことです。

 以来今日まで、商店街活性化を導く理論は無く、指導者は不在という状況が続いています。
理論と指導者無しで商店がが活性化できる、そんな状況では無いことは皆さん、十分分かっていますよね。
 ちなみに、SM~GMS~SCという新業態の発展を理論-実践的に指導した中心人物は日本リテイリングセンターの渥美俊一。徹底して米国SMの理論と実践を指導しました。

 同じ時期商店街は何をしていたか?
我々も理論と技術が必要だ、という声はほとんど挙がりませんでした。
高度化事業も個店経営の経営革新無しでは所期の効果が得られないスキームでしたが、その部分は作文で済ます、と言うのが常套だったような。
 向こうは勉強と技術修得に必死、こちらは慣れ親しんでいる商店街間競争の武器・集客イベントくらいしか取り組めない、という状況がずうっと続いて今日に至っている、と言うことは、時々確認された方がよろしいかと。

 と言うことで。
無い無い尽くしの商店街活性化ですが、理論と指導者の不在はなかでも飛び抜けてとんでもないことですね。
商店街活性化、本気で取り組むなら職業的指導者を確保しなければならない、とご理解いただいたでしょうか?
善は急げ、確保すると当たらし展望が見えますよ。
おっと、商店街活性化の「職業指導家」でないとダメですからね。」

ブログの位置づけ

㈲クオールエイドのホームページのトップという位置付にいたします。
ここをブックマークして頂くと、ほぼ毎日アップする記事とそれに関連するホームページ本体記事へのアクセウガ可能になり、より全体的な情報の獲得が可能になります。

常連さんの中にはブログ~ホームページから適宜情報を収集して自分たちの勉強会の資料を作成されている例もあります。

各種SNS~ホームページにまたがる情報提供の【核】に位置づけるのが当ブログです。

引き続きおつきあいのほどお願いいたします。

商店街活性化はなぜ必要か?

 税金を投入し、行政を始め外部の人材多数を参画させてまで、なぜ商店街を活性化しなければならないのか?
(※2012年5月の記事再掲)

 コミュニティ機能だから維持しなければならない、という最新版を始め、様々な視点からその必要性が唱えられていますが、今現在、当記事を読んでいらっしゃるあなたは、商店街活性化はなぜ必要か? 胸を張ってその必要性をきちんと説明できますか?
 その説明は、説明を受けた相手から“なるほど、そういうことなら商店街は是非活性化しなければならない”と心の底から確信してもらえる内容、競合する郊外型集積の関係者でも“それも一理あるな”と認めざるを得ない、そういうレベルで「商店街活性化の必要性」を構築することが必要です。

 言うまでもなく、「必要」かなければ、いくら取り組んでも「活性化の実現」という成果に結びつけることは出来ません。
 商店街はなぜ活性化しなければならないか?
今どき発せられるこの質問の意味するところは、“商店街を活性化するために何故税金を使うのか?”ということですからね。

 小売商業の機能=消費財を品ぞろえして消費者に提供する,ということなら商店街立地以外の商業者でも、(商店街以上に)上手にやっています。
市民の中には、“商店街が無くてもショッピング行き先には困らない”、という人も大勢います。

 税金を投入し、行政を始め、外部の人材多数を参画させてまで、なぜ商店街を活性化しなければならないのか?
 
 この問いに答えるには「商店街活性化の方法と方向」を正しく理解しておくことが必要です。方法と方向が理解されていないと、いくら税金を投入しても「リターン」が発生せず、リターンが発生しないと商店街か活性化した、とは言えません。
「リターン」とは何か?

第一に、地域住民が稼いだお金が域内を回流すること
第二に、商店街に新しい投資機会=信用創造が実現すること

 この二つが実現することで、小売商業が「地場産業」として地域の活性化を牽引する役割を担うことが出来ます。

 ご承知のとおり、『中心市街地活性化法』では、中心市街地活性化を定義して、
①(中心市街地所在の)都市機能の増進 及び
②経済活力の向上
としています。覚えていますか、皆さん(w

 全国都市の中心市街地にあまねく立地している「都市機能」は商店街、商店街=中小小売業の集積は、「経済機能」であることは言うまでもありません。『中心市街地活性化法』が期待する中心市街知の活性化においては“経済機能としての商店街”の活性化が極めて重要な位置を占めています。

 さて、言うまでもなく、都市の縁辺地域にはいわゆるショッピングモールをはじめ「郊外型商業」が蟠踞しています。商店街の空洞化にこれらの郊外型商業の進出が大きく影響していることはいうまでもないことです。
“ショッピングセンターがあれば商店街は必要ない”という人もいますし、中心市街地に住んでいる人達もたいていは郊外へショッピングに行っています。

 郊外型商業(チェーン小売業)は何を目的に進出しているのでしょうか?
広域の住民の生活に【消費財】を提供することで、【売上】を作り、【利益】を得ることですね。
問題は、この売上(そのもとになっているのは地域住民の所得(給与や所得)の行き先です。
チェーン小売業の売上は即日本部に回収されます。
本部から環流されるのは、店舗の経費だけ、利益部分は本部に収納されてしまい、二度と地域に戻されることはありません。
これがずうっと続くわけですね。
地元企業がいくら稼いでもそれが消費段階でチェーン店に向かうとあっという間に地域から消滅します。

一方、商店街立地の地場小売業の場合はどうでしょうか。

地場小売業、聞き慣れない言葉ですね。

takeoが最近思いついた言葉ですが、商店街・中心市街地活性化、さらには国産消費財流通全全般の活性化そしてもちろんわが国経済の将来を左右することになるであろう言葉です。

 地場企業=当該地域の企業者が起こし、当該地域を対象に営業する企業のこと。
地域住民による地域のために地域の資源を活用して営まれる営利事業です。
地域の経営資源を活用して営む企業ですから、その経営活動は域外から移入せざるを得ないものを除いて域内で調達します。人・もの・金。

 地域住民が経営する地域住民を対象にした事業はすべて地場企業です。
建築関係、個人向けサービス関係、住宅向けサービス業等など、枚挙にいとまがありません。もちろん、我が商店街に立地する地場中小小売商業もその仲間です。
これらの企業に共通しているのは、そこを通過するお金がすべて地元から入り、そして域外からの調達などを除く経営費用もすべて地元に出ていく、ということです。

 創業資金・運転資金を地元金融機関から調達し、地元顧客を対象に売り上げを簡単にいえば、「粗利=付加価値」のほとんどすべてが地元に回っていく、というのが地場企業の、したがって地場中小小売業の経営活動の貨幣面の働きです。
地場でない、例えば郊外のショッピングセンターなどとの違いは明らかですね。
ショッピングセンターは、消費財の販売を通じて地元のお金を集金して本部に持っていく、という活動のために出店しています。
好むと好まざるとに関わらず、SCでの買い物に使われた地元のお金はその日のうちに本部に回収されるのです。
地元の「粗利」は本部の粗利、その使い道は本部が決定し、当該企業の優先順位にしたがって使われていきます。

 地元の中小小売業が一念発起、繁盛店への転換を決意し、見事「繁盛への道」を築いたとします。
お客がお店を信頼してくれたわけですね。
お店のお客に対する信頼は、お店の信用となり、経営の拡充に必要な資金調達が可能になります。ここがポイントです。

 経営活動によって作られた信用に対して地元金融機関が貸し出しを行います。
ここでいままで地元で使われたことのないお金が地元に生じます。このお金は商店から地元の建築業その他へ回っていきます。
地元の小売店が再投資をすることは、これまで地元に無かったお金が地元を回流する、その分だけ地元で流通するお金が増えることを意味します。

 ショッピングセンターの売り上げは、いくら売れてもこのような働きには関係ありません。ひたすら地元のお金を本部に持って行くばかりです。
地元資本の小売店が頑張ると地元を回るお金が増える、これは地域にとって経済がその分だけ成長する可能性が生まれること、すなわち、活性化することそのものです。

 まず、このことをしっかり理解しておきましょう。
ショッピングセンターで使われた一万円と商店街で使われる一万円、地域経済全体に及ぼす影響は全く違います。
ショッピングセンターで使われたお金はその分だけ地元から使えるお金が減ることを意味します。
商店街で使われるお金は「粗利」に相当する分は地元で回流します。
まず、
この違いをしっかり理解しておきましょう。

 こういう状況において考える“商店街活性化は何故必要か?”という問題、困っている商業者を助けるため、とか、せっかくの街への投資を無駄にしないため、とか、「中心」がないと街らしくない,コミュニティの担い手だから、などなど、経済や特に消費購買行動とはあまり関係のないことを並べても“なぜ必要か?”という問いの答えにはなりません。

 前にも書いたように、商店街は「中心市街地に立地する経済機能」ですから、その必要性は「経済的必要性」を中心に考えなければならない。

 いいんですよ、“物売りだけが商店街ではない”という主張があっても。
でもそこが商店街である以上、「物売り」機能は基本中の基本ですからね。“物売りだけが商店街ではない”と言いたかったら、ちゃんとものが売れるようになってからにしていただきたい。

 思わず脱線してしまいましたが。
この時期、本気で“商店街を活性化したい”と思うなら、まず“都市の経済機能としての小売業”の現状を観察し、そこに解決すべき問題を発見すること。
当該都市における栗商業の配置状況に“問題”を発見しなければならない。その現状に「問題」が見つからないとすれば、残念ながら、商店街活性化は不可能です。諦めなければならない。なぜそう言えるか?

 都市の小売業の配置に問題がない(商業機能は十分間になっている)とすれば、商店街を活性化する必要はありません。もちろん、そこに立地するここの商業者・組織にとっては大きな問題ですが、都市や市民にとっては“何が何でも”活性化しなければならない理由はありません。

 っしかし、もし“都市の小売業のあり方”に「問題」が見つかれば、その問題を解決する手段・機能として商店街を活用出来るのではないか? もちろんそのためには商店街が現状ままではだめ、機能を改革しなければならない、つまり、活性化しなければならない。
問題が見つかり、その解決策として「商店街活性化」を位置づけることが出来てはじめて、“商店街活性化は必要だ”という客観的な根拠が主張できます。

 “商店街が活性化しないと、何が・何故、いけないのか?”
特に「住民の福祉の向上」「地域経済の改善発達」などを目的に掲げている団体・組織に所属し、「商店街活性化」を担当している人は一度はしっかり考え、必要性及び実現の方法と方向について、ぶれることのない確信を持っていただきたいと思います。

 これは中心市街地・商店街活性化に限ったことではなく、都市の活性化、地域の活性化という上位課題についても同じことが言えるのでありまして、もちろん、その「必要性&可能性」についても共有することが必要です。

 先日、茅野市で開催された個店経営研修事業の成果報告会に臨席された柳平市長さんは“事業の成果を市の産業振興ビジョンに反映させる”とおっしゃいました。
 今求められているのは“地域経済の活性化を牽引する商店街活性化”であり、必要とされているのは“地域経済活性化の担い手としての商店街の再構築”です。

 皆さんが取り組んでおられる「商店街活性化事業」は果たしてこのような方向を目指しているでしょうか?
3年後、5年後、御地の商店街はどうなっているでしょうか?

 「物売り(お客から見ればショッピング)機能」が再構築され、その結果、“ショッピングを堪能する”人たちで街が賑わう、というあるべき方向への歩みが始まっているでしょうか?

 経済機能としての商店街は何故活性化しなければならないか?
 どうしたら都市機能としての再構築が可能か?

 いくら商店街の現状を見ても答えは出てきません。

続きは:掲示板【都市経営】で。
有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ