FC2ブログ

商店街活性化 取り組みの立て直し

中心市街地・商店街に立地する中小小売店は、その多くが業績不振に陥っており、その体力は衰退の一途を辿っています。表面上はしっかりしているように見えても、その内実は長年の蓄積を使い果たし、絶体絶命の境地へと追いつめられていくことになります。
ご承知のとおり、個店の景況に関する情報はまったく流通しません。商店街組織なども「運命共同体」とは名ばかり、実状は“個店のことは個店のこと”ですから、会議などでも「通行量」の話は出ても「売り上げ」の話は一切なし。ご法度です。
あれほど「詰め込み」が好きな人たちのお店がスカスカになっています。
仕入れに支障を来すに至っているわけです。
なんとか売り上げを作りたいが、どういう手を打てばよいのか分かりません。

 抜本的な対策に早急に取り組まなければ、これから空洞化が一挙に拡大します。

 他方、“個店のことは個店のこと”という暗黙のお約束のもとに取り組まれている商店街活性化の取り組みは、せっぱ詰まっている個店の事情はそっちのけで相も変わらず「通行量増大」追求一本やり。取り組みの根拠は、“人出が増えればまちは繁盛する”ということでしょうが、この間、同種の試みは全国全都市で取り組まれ、ことごとく繁盛には結びついていないことは周知のところ、にもかかわらず、「見ざる・言わざる・聞かざる」を決め込み、ひたすら「人出増大」を図るというのは、もはや「事業」の域を超えています。

 万に一つ、「人出増大」に成功することがあったとしても、「売場消滅」がさらに加速すれば、「空騒ぎ」に終わることは目に見えています。
「人出増大」を追求する人たちは、人出が増えるまでの間、何としても既存個店群に営業を続けてもらわなければならないわけですが、上記のとおり、いっぱいいっぱいになっているところが多く、とてもいつになるか見当も付かない「人出増大」の成就を待っていることはできません。
さあ、どうする?

 ということで、これまで“商店街活性化は「人出増大」から”、とわき目もふらずに没頭してきた皆さんも、「既存個店の営業継続」という問題を直視せざるを得なくなっている思いますが、如何でしょうか。
もちろん、実際に追求している人たちは当ブログなどには金輪際来ることはないと思いますので、これは同憂の有志各位への問いかけです。

 ということで、われわれにとって、従来的な活性化の取り組みから脱却して、「活性化への道」へと軌道を転轍することは、焦眉の課題であることはいうまでもありません。
 
 その取り組みは、いつも申しあげているとおり、
①当該街区の商業立地としての可能性を実証する
②既存および新規に誘致する商業者をもって新しい・都心適応型の商業集積を構築する
という段取りで進めていくことが必要ですが、このとき、問題になるのが①を実証する“既存個店の活性化=繁盛実現”です。
当該街区が商業立地として適切であることが実証されない限り、新たな出店者を募ることは困難です。

 ということで。
商店街既存個店を活性化する、繁盛を再構築するという取り組みは、
①地域中小商業の活性化
②中心市街地・商店街の活性化
という平行する二つの課題への取り組みとして「待ったなし」で取り組まなければならないわけですね。

 冒頭に述べたように、立地する各個店の業績は“もはやこれまで”の一歩手前というところまで追いつめられており、早急に業績を浮上させないと「商店街」が消滅します。
①個店の繁盛再生と②商店街の活性化の関係については、従来、②が達成されればその結果として ①が実現する、というように理解する人が多かったのですが、もはやこの手順は使い物になりません。出来るかどうかも分からない「商店街活性化=通行量増大」にエネルギーを費消している間に、文字通り、取り返しのつかないところまで情況は落ち込んでいきます。

 今すぐ、売り上げアップ・粗利アップが必要な個店が劣化スパイラルから脱却、反転、浮上スパイラルへのワープを実現することが、「商店街活性化」にとって最大の課題となっています。
もちろん、上向スパイラルへの転向を果たすには条件があります。


  このような問題情況にもかかわらず。

  この問題の所在を指摘し、取り組みの方向と方法を提案しているのは、当社が把握している限り、当社以外にはただの一つの組織/団体/個人もありません。
恐ろしいことでありまして、最優先で取り組まなければならない課題に対して、取り組みを組織することはおろか、その必要性の認識さえ普及していない、というのが「商店街活性化業界」の現状です。
当事者であり、日々の事業活動の中で業績好転の必要性を痛感しているはずの商業者でさえ、“個店の業績のことは個店の問題”として、もっぱら「通行量増大策」に終始しているものも少なくありません。上述のとおり、たとえ、通行量の増大に成功したとしても、それが即各個店の繁盛を保証するものではないということは、先行事例が示しているところであり、ショッピング機能としての商店街の活性化は、直接、ショッピングの場である個店のシャッターの内側の改革に取り組まない限り、実現することは出来ません。

 情況を十分把握しておられる・当ブログ読者である・活性化関係者の皆さんが取り組むべき課題は、従来の「通行量増加策」「立地条件改善策」等々から脱却して、既存個店の活性化を柱とする新しい活性化への道を切り開いていくこと、既存個店の上向スパイラルへの転向の取り組みを中心課題とする新たな「活性化への道」を切り開いていくことです。
路線の見直しについては、都市によってこれまで様々の経緯があり、スムースに行くとは限らないかも知れませんが、やり遂げなければ活性化を実現することは不可能であることを踏まえれば、“脳味噌に汗をかきつつ”取り組む以外にありません。

 ますは、既存事業の進捗状況に関わらず下向スパイラルに陥っている各個店の「緊急避難」的、即効的な業績アップが必要です。(これを否定できる人はいないはず)
さらに言えば、成功する緊急避難は、一時的な緊急避難ではなく、そのまま「繁盛店への道」に連なっていることが必要です。

  この時期において「売り上げアップ」を成功させるには、現下の厳しい諸条件が「プラス」となる方向で「繁盛店づくり」に取り組むことが必要であり、成功させるには、取り組みの適切な方法を修得し、実践することが不可欠ですからね。

 その第一歩は、商店街及びそこに立地する個店を取り巻く環境の現実をよく理解し、その変化を活用する方向をつかみ、自分たちの力量に応じた自助努力の積み重ねで繁盛を実現していく、という方法があることをしっかり確認することです。

 まずは、勉強会の開催がスタートです。

○講習会メニュー

御地の事情に即したタイトルをどうぞ。なお如何ようにもカスタマイズ可能です。

 ご承知の方も多いと思いますが、各地の商人塾の取り組み、そのほとんどが単発の勉強会からスタートしています。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ