中心市街地活性化 支援コンサルタント

 というような需要があるのかないのか、さらにはこういう看板を掲げる事業者がいるのかいないのか。
判然としませんが、取り組みの進捗状況を見れば、当事者の主観とは関係なく、その必要性は否定できないと思われます。

 さらに。
これも状況に照らして考えれば、必要な支援に当たるコンサルタント(名称はどうであれ)には、相当の具備しておくべき要件があります。名詞に「コンサルタント」と書いてあればOKというわけにはいきません。
ところが。
日ごろコンサルタントという人種との付き合いはほとんど乏しいというのが関係各方面の皆さん共通の条件ですから、適任者を確保しなければならないことは百も承知ながら、では、誰が・どのような要件を備えたものが適材なのか、という「選定基準」葉ありませんから、自分たちで作らなければならない。

 中心市街地活性化の取り組みにはコンサルタントの支援が必要であるが、選定するには、
1.自分たちで選定基準を作り
2.適任者を発見し、
3.条件を調整して契約する。
という作業を行わなければならない。
これはなかなか難しい作仕事だと思います。

 第一に、確保すべきコンサルタントとはどのような要件を備えたものであるべきか?

 一番手っ取り早いのは、「成功事例を指導した」という経歴の持ち主を引っ張ってくることでしょうが、ちょっと待った。
そもそも、成功事例とは何か?
何をもって成功とみなすのか? その事例においてどのような役割を果たしたことをもって「成功したコンサルタント」とみなすのか?
その成功と自分たちが取り組む中心市街地活性化の課題との関連性はどうか?
といった問題がたちまち起こります。

 さらにいえば、中心市街地活性化の成功事例というものがほとんど見当たらない、というのが掛け値なしの状況ですから、「成功事例」を持っているコンサルタントはほとんどないのではないか。
s曳航したといわれているのは、中心市街地における個別・特定の事業の推進であることが多い。特にその事業に取り組んだ結果として中心市街地の活性化が大きく進展したとか、進展に向けて展望が見えてきた、ということとは無関係に○○事業の成功を支援した、ということをもって成功したコンサルタントという評判が立ちます。

 これから記事しい条件の下で改めて活性化への道を歩まなければならない中心仕儀地が、こういう評判を根拠にコンサルタントを選定するわけには行きません。

 あらためて「コンサルタントを選ぶの法」が必要になるわけですが、では、ズバリ、どのような要件を備えたものを選定すべきか?

 というところで、飛行機の登場時間となりましたので、続きは後ほど。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ