FC2ブログ

百貨店退出時代の中心市街地活性化

 空洞化の進展がとまらない中心市街地、それを象徴するのが百貨店の退出です。

 伝統的に広域商圏を持っていた都市の中心市街地から百貨店がどんどん退出しています。ご承知のとおり。
これに対応する中心市街地・都市側の動きといえばリニューアルこと内外装改装への支援でしょうか。商店街では“撤退しないで”と署名運動が行われたりします。
おかしいですよね。
百貨店が退出するということは、都市が取り組んできた「中心市街地活性化基本計画」が破綻した、ということを意味します。そうですよね?
中心市街地が活性化の方向へ向いていれば撤退することはありません。
撤退したからといって他にいい立地がある話ではありませんし。
それが撤退するということは、これ以上辛抱を続けても事態は好転しない、と最終判断をしたといおうことであり、言ってみれば当該中心市街地は当該百貨店から商業立地としての将来について「最終判断」と突きつけられた、というjことになります。
どう対応すべきか?

 中には「百貨店が活性化に取り組むといっている」ことを頼りに基本計画を作っている都市もありそうですが、あらためて「見直し」が必要です。

 郊外型商業が全盛を謳歌する時代に、どんどん空洞化していく中心市街地を商業立地として再生させようというチャレンジですから、“中心市街地の商業集積群をめぐる環境与件”などは掌を指す如く理解しておかなければならない。
今どきの百貨店が陥っている問題情況についてももちろんです。

 「百貨店活性化への道」を百貨店に提案できないようでは、中心市街地の活性化は夢のまた夢に終わります。
百貨店は立ちゆかなくなったが、商店街だけは通行量増大に取り組めばなんとかなる?
イベント、エコ、コミュニティなど、商売以外の事業に取り組めばその成果が商売に反映して繁盛できる?

 無理難題というものです。

 通行量原理主義で商店街が活性化できると信じている人は、全国ほとんどの都市から百貨店が退出している、残っているものも何の展望も持ち合わせていない、という現実をどう判断しているのか?
是非、聞いてみたいもですが、何も考えていないことは分かり切っています。もはや活性化への取り組みは、惰性以外の何ものでもない、と断定しなければならない。

 中心市街地活性化、状況にも関わらず・あるいは状況だからこそ活性化できる、と信じて取り組んでいる人は、その信念がおっかどうかすぐ分かる方法がありますので、試してみましょう。

 御地の『中心市街地活性化計画』に提示されている「活性化への道」、もし百貨店が採用したとしたら。
その百貨店は商売繁盛、退出しなくて済みますか?

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ