活性化の合い言葉は「自助努力の組織化」

 “繁盛する個店”は、商店街活性化のスタートであり、ゴールであるというのはご承知のとおり、当サイトが提唱する「商店街活性化への道」のメインテーマです。

活性化への道
①商店街の有志が「自店の繁昌再興」を目指して立ち上がる
②繁盛を実現するとともに“やれば出来る”ことを実証する
③後続グループにようる「繁盛店づくり」の実践を組織する
④空地空店舗を利用したテナントミックスの推進
⑤空地空店舗を利用した非物販・都市機能の充実
というように進んでいきます。
“適時適切な販促活動の展開”も必要ですが、間違っても①、②が先行することをお忘れなく。

 “活性化への道”について、部外から異論が起こることはあり得ませんが、どういうわけか(笑、内部から異論が起きるのが業界の業界らしいところ、“これまでの取り組みを否定することになる”などという屁理屈を立てて陰に陽に妨害する関係者がいたりします。
これまでの取り組みってほとんど展望を出せていない取り組でしょ、自から否定、新しい道を探求しないでどうしますか。


 「買い物の場」である個店を繁盛させる=繁盛店づくりという、商店街活性化を目指すと言ったとたん、真っ先に着手すべき課題への取り組みがなぜ出来ないのか?
このことを直視し、適切な方策を講じない限り、商店街の活性化はゼッタイに実現できません。
商店街の存在意義は「買い物行き先」としてみんなに使ってもらうこと、ですからね。

 商店街・中心市街地活性化はなぜ実現できないか?
いろいろ原因が探索されているようですが、見当違いも少なくありません。

その一
 これまでの取り組みは商業活性化に偏していた。

 だから商店街は活性化できなかった、ということのようですが何をおっしゃる、これまで「商業活性化」の実現につながる施策をいつどんな風に展開してきたというのか?

 確かに“街に人を集める”とか、“景観を整備する”といった事業も広義では活性化事業に間違いありませんが、そういう事業の成果が得られるのは「買い物行き先」・「物販機能」として具備すべき条件がきちんと整っていた上での話、買いたくなる商品が売られていない・買いたい気分になれない店と空店舗が軒を連ねる商店街で集客や景観整備に力を注ぐのは一体何のつもり、ということですね。

 商業者の場合は因果応報、間違った努力に終始すればその報いは業績不振という形で帰ってきますから、最悪、廃業のやむなきに至ります。商店街から退出すればこれにて一件落着です。
落着しないのは、商店街~関係各方面~都市のほうでありまして、空店舗が増えればその分確実に劣化スパイラルは進展し、他店への悪影響、集積全体の魅力低減は止まることがありません。

 ということで、商店街からの撤退が増えることは何としても阻止しなければならない。「個店の繁盛再生」については、喫緊の課題として“総力を挙げて”取り組まなければならない、ということがこの期に及んでも未だ分からないか(笑

 その二 個店への支援は出来ない。

 あのですね、個店に対するてこ入れはですね、“当該個店のため”だけではありませんよ。
この機会に是非‘個店への支援は商店街全体を商業集積として維持・発展させるため’だということをしっかり理解してください。

 前述のとおり、適切な自助努力に取り組まない個店は、条件の整ったところから順次商店街から退出していきます。
退出が続いて困るのは誰か?
残っている個店、商店街、関係各方面、都市そのものですね。
退出してしまったには商店街の将来などなんの関係も無くなりますので。

 空店舗が増えて困るのは、商売を続けたいお店、活性化したい組合・行政・商工団体・・・・。

 ということで、“なぜ個店の商売を支援しなければならないか”という皆さんの疑問に解答してみました。

 個店への支援は、商店街活性化にホンキで取り組むならゼッタイに避けて通れない課題である、ということですね。

 商店街活性化への道は、上記①~⑤のように示されますが、これはもちろん従来的取り組みとはまったく趣を異にしていますから、中には抵抗する人もあるわけですが、いずれにせよ、「方向転換」は必至です。
「繁盛店づくり」については、たとえ個々の店主が「その気」が無くても、脅してもすかしても、取り組んでもらわなければならない。
“話は分かるが、うちの商店街には通用しない”といったとたん、「商店街活性化」はオジャンになります。

“商業はまちの花”花を咲かせるには根や茎にあたる“住む人・来る人”を増やさなければならない・・・。
バカですね。
郊外のショッピングセンターを思い出してごらん。
売り上げが落ちたからと言って、何でもいいから「住む人・来る人(買いもの客ではない)を増やせ」などという取り組みをしているところは日本全国、ただの一個所もありませんよ。

 指摘されると“SCは造花、ホンモノではない”などと言いますが、造花だろうが生花だろうが、「買い物行き先」として役に立てばいいのであって、ちゃんと機能を備えているか否かということが集積としての成否の分かれ目です。

 業界では「イベントに成功した」とか、「○○施設を作った」とか、「マンションを建てて完売した」といった事例が 
①中心市街地=商業街区の ②活性化=都市機能の増進と経済活力の向上に ③成功した

事例であるかのようにもてはやされ、事業の推進者が「活性化の達人」視されたりしておりますが、とんでもないことです。そういう事例の正体を確かめるには、現地を見に行くのが一番、「成功」の結果、街に軒を連ねる個店は繁盛しているのかいないのか。百聞は一見に如かず、全国に事例はたくさんあるはずですから自分の目で「成功事例」の実態を核にすることは不可欠です。

 もちろん、通りに面する個店群を一瞥、その景況を判断できないようでは業界で一所懸命頑張っているとは言えません。行政・商工団体・TMO・商業者・・・、あなたのポジションがどこであろうとも。 

 商店街・中心市街地活性化のキモは、既存個店群の自助努力をどう方向付けるか、どう組織するか、ということでありまして、この一点をはずした取り組みはけして目的を達成出来ません。
耳にたこ的リフレインですが。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ