FC2ブログ

商店街活性化 省思考的取り組み

 省志向的取り組みとは次のようなアプローチのことです。

1.商店街が空洞化している
2.なんとかしなくてはならない
3.活性化施策に取り組む

 誰が見ても空洞化著しい商店街ですから、なんとかしなくてはならない、と思うのは当然ですが問題はその後の展開。
“なんとかしなくては”の次のステップが問題でありまして、“なんとかしなくては”から一目散に“よそでは何をしているか”“どこかに成功事例はないか”ということになり、さらに「成功事例」が「よそが取り組んでいること」になってしまう。

 かくして、「活性化の取り組み」の取り組みといえば、全国一律、“先行する他都市の取り組みへの無批判的追随”ということになってしまう。
この取り組みをずうっと遡ってみますと、商店街全盛時代に取り組まれた高度化事業等の成功にたどり着きます。
つまり、商店街活性化を目的に取り組まれている事業の殆どは、
①商店街全盛当時に取り組んで成果のあった施策に
②商店街空洞化時代に取り組んでいる
ということですね。
 いうまでもなく、
①繁盛している商店街がさらに繁盛を促進するために取り組む施策と
②空洞化している商店街が活性化を目指して取り組むべき施策
とは相当内容が異なります。
(繁盛していないお店が販促チラシを出しても効果が無い。)

 先行事例と目される商店街の取り組みは、殆どが“商店街全盛時代の「販売促進事業」”ですから、これに追随するということは、
①空洞化している商店街の活性化施策として
②商店街全盛時代の販促活動に取り組んでいる
ということになります。
 これではいくら取り組んでも成果が出ないのも当然です。

 どうしてこういうことがまかり通っているのか?
記事トップのアプローチを思い出してください。
 
1.商店街が空洞化している
2.なんとかしなくてはならない
3.活性化施策に取り組む
という流れに問題が潜んでいます。

1.商店街が空洞化している
2.なんとかしなくてはならない
となるのは当然ですが、3.について考えるに先だって、
①なんとかできるのか
②どうすればできるのか
という問題意識が起こらなければならない。
さらに、①、②について情報を集めると、活性化の難しさが理解され、
③そもそも商店街の活性化はホントに必要なのだろうか
という問題にも直面しなければならない。
もちろん、この必要性とは商店街に立地する中小小売商業者の振興ということだけではなく、都市経営上の課題、都市住民のための施策としての必要性が確認されなければならない。

さらに、“商店街を活性化したい”といったとたん、一番先に思い当たるのは「郊外型ショッピングセンター」の存在です。
(上述した商店街全盛時代の販促手法は、ショッピングセンター不在当時に取り組まれ、効果のあったもの、その後、ショッピングセンターが登場するにつれて効果が乏しくなったものばかりです。)
ショッピングセンター全盛といわれる(一部では既に凋落が始まっている)時代に、商店街を活性化したい、しなければならない、とするならばその施策は当然のことながら、
「ショッピングセンター全盛時代の商店街活性化」を目指すことになり、したがって問題は、
「ショッピングセンター全盛時代」において
問1 商店街はなぜ活性化しなければならないか
問2 商店街はどうすれば活性化できるのか
ということであり、活性化実現の方向と方法を考え、歩んでいくための施策群に取り組んでいかなければならない。
そうですよね。

ところが。

多くの商店街で取り組まれている活性化策とは、
1.商店街が空洞化している
2.なんとかしなくてはならない
3.活性化施策に取り組む
というように、途中の考察検討を省略して昔ながらの販売促進に飛びつく、というパターンに終始しています。
上手く行かなかったときは、あらためて「なぜ上手く行かないのか”反省することは全くなく、“他に成功事例はないか”と模倣追随する事例を欲しがるばかり。

 模倣される「先行事例」は、“昔ながら”のメニューばかり、その殆どは「店頭通行量が増えれば街は繁盛する」という大昔の経験則に沿ったもの、日本人の大半がもの不足状態にあり、買い物に行くといえば商店街より他に選択肢が無かった時代の話ですから、まったく現代には通用いたしません。
通行量が増えても歩いている人は「もの余り」状態の人ばかり、この人たちが「売れなくて困っている商店街」で「欲しいもの・買いたくなるもの」に出会える可能性は極めて低い。
ということで、せっかくのイベントに来るときもショッピングするつもりはまったくありません。買う気の無いお客に衝動入店・衝動購買を促すことが出来るのは、いつも繁盛しているお店にしかできないこと、結局、販売促進事業は人は集めても売り上げにはつながらず、街の空洞化はさらに進展するばかり、というのが省思考的取り組みが陥っているパターン、全国どこでも同じことが繰り返されています。

 これではダメだと思うなら、話は簡単、これまでの取り組みが「省思考」=“自分の頭で考えることを放棄した、しかも安易かつ前時代的な取り組み”であったことをしっかり確認して、「成功事例」などの冠に騙されず、“自分の頭でしっかり吟味する”=自力思考を元に、自分の頭を信頼して取り組みを考えていく以外に方法はないことに思いを至らせ、自力で考え・取り組んでいく焦点外活性化への道を構築していう以外にありません。

 今どき、“どこそこでは○○事業に取り組んだら成功したらしい、うちもやろう”などというのは、“あそこの失敗をうちでも繰り返そう”ということだったりしますからご用心。
特に、商業者は儲かってなんぼですから、常に“この事業に取り組めばお客が増え・売り上げが増えるだろうか”ということを熟慮しなければならない。
通行量が増えたり、一品が売れれば繁盛する、といった世迷い言に惑わされない、したたかな商人根性を発揮することが必要です。

 自力思考のスタートは、「それに取り組んだらホントに儲かるのか」ということでいいのではないでしょうか。
中には商店街活性化と個店の繁盛とは次元が違う、などという人がいますが、バカですね。商店街活性化とは街に立地する各個店の売り上げがアップすること、その他の定義は全部ウソですから。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ