ふとわき起こる二重の疑念W(笑

 Web上で確認可能な取り組みをみますと、旧スキーム発足以来、十年になんなんとする中心市街地活性化へのチャレンジですが、ここにきてあらためて考えさせられることがありまして。

①関係各方面の取り組みは、ホントにホンキで取り組まれているのだろうか?
ということであります。基本中の基本ですが。

 Web上で公開されている認定基本計画の年度総括をみますと、揃いも揃って“取り組みは順調であり”、基本計画の計画期間中に“目標は達成できる見込み”とされていますが、その根拠が ? です。
また、掲げられている数値目標が達成されたとしてもそれが果たして都市機能の増進及び経済活力の向上へと一直線に結びつくのかどうか・・・。

 各地から百貨店の相次ぐ退出が報じられ、セブンイレブンでは不振に起因する造反が起き、天敵・SCも業績低迷に陥っているとき、ひとり中心商店街だけが古色蒼然たる「通行量増加施策」やら「分譲マンション建設促進」、「アクセス条件の整備」などに取り組むことで、“順調に”活性化への道を歩きつづけられるはずがない、という「直感」は間違いでしょうか?

 この時期の中心市街地・商店街活性化は、よほど革新的な計画(すなわち、スキームが期待している「業種揃え・品揃えの最適化」の実現をめざずような)が立案、実施され、それが軌道に乗っていない限り、“順調に進展”するはずが無いのではありませんか?
報告はポジショントークではないだろうか? という疑念が頭をよぎるわけです。

 さらに、全国一律、揃いも揃ってポジショントーク的羅レベルで右へならえということは、これはひょっとしたら、そもそも「中心市街地活性化」実現の可能性などまったく信じていないというか、可能性の検討さえもしたことがない、ということではないか、ということでありまして基本計画の出来映え、中間総括の内容だいうことです。

 なぜこういうことがまかり通るのか。
二つ理由が考えられまして、一つは、取り組みを導く理論体系が装備されていないこと。つねづね申し上げているとおり、中活法のスキームで中心市街地・商業街区の活性化に取り組むには、革新的な商業理論を装備しておくことが大前提ですが、殆ど装備されておらず、さらにその必要性すら指摘されておりません。
指摘しているのは、孤軍奮闘、当サイトのみ。

 そもそも、「中活法のスキームで中心市街地は活性化できる」と納得しておられるのだろうか?
納得しておられるとすれば、その納得はどのような根拠に基づいているのだろうか?
ということです。
さらに、「中心市街地活性化への道」について納得できる一般論を踏まえた上で、
“自分が納得している「中心市街地活性化への道」をわがまちの情況に応用すれば、我が中心市街地は確かに活性化できる”という確信にたどり着いておられるだろうか?
ということもあります。

 また上述との関連で気になるのが人事制度の影響です。
どうせ二年ないし三年で異動するのだから、ということで問題意識が希薄になり、おざなりになるという可能性はないだろうか、ということですね。

 もちろん、当社がこれまで商人塾などを通じて協働してきた皆さんはいずれも問題意識先鋭、取り組み意欲旺盛な人が多かったのですが、それは「商人塾」という取り組みに着眼し、その実現にこぎ着けた、という時点で際だった存在なのではないか、と思われます。

 二、三年で異動していくというシステムでは、一年目は「勉強中」というか新しい職務に対する慣らし運転、二年目は既にベテランの域、現場のルーティーンワークは待ったなし、ということでは職務遂行に必要な基礎体力を構築する時間はきわめて乏しく、そうこうしているうちに次の異動が迫ってきます。

 一所懸命が必要な調査研究・実践に食指を動かす条件が整っておりませんですよね。
中心市街地が活性化できる可能性の検討などは、何でオレの仕事なわけ?

 ということで、関係各位方面は組織を挙げて“中心市街地は活性化しなければならない”とか“活性化できる”という確固たる認識は持ち合わせていない、それで特段おかしいとも思わない、という情況にあるのではないか?
という疑念がムクムクと頭をもたげてくるのであります。

  「二重の疑惑」、1.中心市街地活性化、実現可能性について確信はないのではないか? 2.在任期間中は従来の取り組みの延長でOKとされていルのではないか?、ということで、十年余にわたる全国的な取り組みの成果累々たる情況を見渡せば、このような疑惑が起こるのも一利あるのではないかと思いますが、如何でしょうか。

 出来るとか思ってないし。別に気にならないし。
ということでWebの中の言説には、たまたまキャリアの一時期に中心市街地活性化関連業務に携わっている、というポジショントーク、ポジションアクトだと思えば納得のいくことだらけです。

 他方、商店街の皆さんには、もちろん、配置移動はありません。立地移動も難しい。
好むと好まざるとに関わらず、現在の立地・業容を基本に商売を維持していく算段をしなければなりません。
この課題、十年以上前から不変ですが、ご承知のとおり、将来への希望などは爪の先ほどもありません。展望を切り開くためには、「繁盛への道」の理論武装と実践が必要ですが、そのことを自覚し、取り組んでいく契機は殆どありません。
本来ならもちろん基本計画の機能です。

 不況とか、大型店のせいとかいっているうちに今年も梅雨明け、為すところ無く半年が過ぎました。
自分の事業・財産を賭け、さらに人生そのものを掛けている商売、このままでよいはずはありませんが。

 中心市街地、万一、以上のような“二重の疑惑”的情況がありとするなら、これをどう打破していくのか。
あるいはこれに左右されず繁盛を実現していくにはどうすればよいのか。
といった問題もあるのかも知れません。

 ということで。
本日は異質の記事となりましたが、「二重の疑惑」については、冗談ではなくホンキで“ありうる話”だと思っています。
既にお気づきのとおり、これは一中心市街地活性化のみならず都市経営、今どきのはやりで言えば地方分権の正体にも関わること、徒やおろそかには出来ません。

 ということで、当記事を読んでいただいた皆さんはもちろん、あなたは、
1.中心市街地・商店街の活性化は実現可能であり、
2.当然、わが都市においても達成可能であり、その道筋は『基本計画』に示されている。
と確信していらっしゃいますか?

続きは【都市経営】で。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ