FC2ブログ

飯塚井筒屋  8月末閉店へ 

西日本新聞 7月7日朝刊

引用スタート********************
飯塚井筒屋閉店へ 8月末 グループ内で雇用継続

井筒屋(北九州市)は6日、全額出資子会社の百貨店、飯塚井筒屋(福岡県飯塚市)を8月末に閉店すると発表した。郊外型大型店などに押されて売上高の落ち込みが続き、回復の見通しが立たないため。パートを含む従業員57人はグループ内で雇用を継続する。

 飯塚井筒屋は1949年に開店した、筑豊地区唯一の百貨店。4階建てで、売り場面積は延べ約3900平方メートル。土地は賃借し、建物は自社で所有している。

 2009年2月期の売上高は、ピーク時(83年2月期の37億円)の半分以下の16億1300万円、営業損益は1200万円の赤字で、10年ぶりの赤字だった。北九州市内で会見した井筒屋の中村真人社長は「営業段階で黒字なら現金資金が回る。今後赤字幅が拡大すると見込まれ、早めに決断した。お客様には申し訳ない」と述べた。

 井筒屋は、筑豊地区の福岡県直方市と田川市に本店直轄のサテライトショップを展開している。飯塚井筒屋の跡地利用について、中村社長は「テナントを入れるのか、(サテライトショップなど)井筒屋グループが再び入るか、地域とともに検討したい」としている。

 閉店セールは今月17日から始める。
エンド*************************************

 当サイトで繰り返し警告しているところですが、百貨店業界の現状は、端的に言って“業容と消費購買ニーズとの間に修復しがたいギャップが発生しているがその解消について業界全体としてまったく打つ手を思いついていない”わけです。
 出てくる「対応策」といえば、合併&不採算店の退出だけ。業界挙げて右へならえ状態ですね。

 百貨店はなぜ売れないか?
分かり切ったことでありまして、百貨店愛顧客から見てワクワクドキドキするショッピングの場が提供されていない、売れない理由はこのことに限るのでありまして、“不況だから売れない”などとうそぶいている人は、“不況よ不況よ飛んで行け~”、神様に願掛けするか、おまじないか、他に打つ手がありませんから、“経費節減”一辺倒。
古来、経費を節減して売り上げが上がったという話はありません。

 百貨店はなぜ売れないのか、知りたい人は最寄りの百貨店を除いてみてください。“この三点セットじゃ無理もない”ことが一目で分かります。恐るべき、百貨店の業容劣化。

 立ち直る道は、唯一、「繁盛店への道」「業容転換」へのチャレンジです。計画を立てず、お金を掛けず、売り上げを落とさず、出来ることから少しずつ、取り組んで売り上げをアップしていく、てっとり早く、かつ、小売業の基本に忠実な方法がありますが。

 飯塚市の中心商店街は大変です!
井筒屋が立地していた本町商店街は、近年では珍しく、充実感のある商店街でしたが、かげりが見え始めていたのも事実、閉店を機に一挙に劣化スパイラルに陥っていくことが懸念されます。
これまで井筒屋と他都市では例を見ない見事な協働関係を作っていましたが、残念ながら、後わずかの日にちです。

 あらためて「活性化への道」を模索しなければなりませんが、これまで取り組んできた事業といえば、販促イベント中心、一点逸品などの取り組みが知られています。
これからは、ポスト井筒屋、商店街独自の努力で郊外のイオンの圧力をしのいでいかなければなりません。
同じような局面を迎えているところ、けして他人事ではないこれから直面するところ、いずれも「方針」が無いはずですが、どうするつもりですか?


☆新企画予告
 当社リサーチャーによる百貨店、商店街、ショッピングセンターなど商業集積を批評するコーナーをスタートします。
【商業集積寸評】
の後継企画です。

第一弾は福岡天神、「三社巡り」の予定、takeoとはひと味もふた味も違う新鮮かつシビアな批評になるはず、ご期待ください。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ