“中心市街地は都市の顔”ならば

 中心市街地活性化はなぜ必要か?
それは中心市街地が都市の顔だから、と書いてある基本計画を見たことがあります。明記するか否かはともかく、中心市街地=自分たちの都市の顔である、とはよく聞かれる言葉です。

 これを敷衍すれば
中心市街地は・・・・・・都市の顔
中心市街地活性化は・・・都市活性化の顔
ということになるわけで、さらに
中心市街地活性化の出来映えは、都市の「活性化能力」のカガミ、と見なすことも出来そうです。

 さらに、中心市街地の現状を見れば、
①都市の中心市街地活性化に取り組む能力が分かり
②都市の都市経営能力のレベルが分かる
ということにもなります。
※中心市街地の現状から都市の経営能力を推察することが出来る※
ということです。

 覚悟はよろしいですか(笑

 百の説教何とやら、でありまして。
当市は○○をめざす、などと風呂敷を拡げても、中心市街地を一瞥すればその現実性やら、要求されている地方分権についてもその大方の行く末やらはおおむね推測することができるのでありまして、地方分権と唱えれば地核変動時代の都市経営が保証されるわけではない、ということですね。

 中には“中心市街地は全国の都市が取り組んで実現できないのだから、こんなことで判断するのはおかしいのでは”と感じる人もお出でかも知れませんが、イ~エ、そんなことはありません。
日本全国で取り組まれている中心市街地活性化がことごとく頓挫しつつあるのはそのとおりですが、それは何も“だから活性化なんか無理”ということを実証しているわけではありません。
事例が明らかにしているのは“これまでのような取り組みでは活性化は出来ない”ということであり、逆説的に考えれば“これまでとは違う取り組みをしないと活性化は出来ない”“これまでと違う取り組みをすれば活性化できるかも知れない”ということでありまして、そうしますと、“従来的な取り組みからは撤退する”というのが適切な選択だということになります。

 以上については、机の前に座って考えるだけですぐに分かることですから、直ちに従来的取り組みにストップを欠けるべき。
そうですよね?

 にもかかわらず、日本全国、至る所で失敗している事業メニューになんの疑問も感じないまま取り組んでいるわけですから、これはもう、ここに都市経営能力が遺憾なく映し出されている、と考えてよろしいのではないでしょうか?

 ということで、中心市街地の活性化に成功するものは、都市経営に成功する可能性が高く、中心市街地の劣化スパイラルに有効な手だてを講じきれない都市は、同じことを都市の非中心市街地でも繰り返す可能性が高い、ということになりますね。

 “中心市街地は都市の顔”ならば劣化した中心市街地は都市の劣化を象徴しています。
 空洞化する一方の中心市街地、“たかが中心市街地されど中心市街地”でありまして、“中心市街地を嗤うものはやがて中心市街地に泣く”のであります。

 ということですから、認定基本計画をお持ちの都市は、一日も早く従来的取り組みを全面ストップ、あらためて“これまでの全国水準とはまったく異なる活性化の方向と方法”を選択、推進しないと“来年の『定期報告』は書きようがありませんよ。 

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ