“シャッターの原則”

①シャッターの外側の取り組みでシャッターの内側の問題を解決することは出来ない。

 商店街活性化の取り組みといえば、一にイベント、二に空店舗、三四が無くて五にハード事業と決まっています。
取り組みの目的は、いうまでもなく、商店街を“ショッピングの場”として蘇生することですが、ショッピングは個々の店舗のシャッターの内側で行われるのですから、活性化への取り組みが必要な商店街は、お客から「ショッピング行き先としてつまらない”と評価されているわけですね。
つまり、商店街に軒を連ねているおおくの店舗=売場が、「買い物行き先」と評価されておらず、結果、来街者・交通量が激減しているというのが活性化に取り組まなければならない商店街の実状だということです。

 ということは、従来的・伝統的商店街活性化の取り組み、集客イベントや空店舗対策、各種のハード事業などは“買い物行き先”としての最優先で実現しなければならない個々の店舗の売場=お客にとっての“買い物の場”をお客から見て“買い物行き先としてOK”というあり方に転換していく、という基本的な作業をサボった取り組みですから、なんの役にも立ちません。

 よく、やらないよりやった方がまし、商店街の結束を維持するためにも必要だ、といった弁解をしながらイベントを続けている話を聞きますが、なんのこっちゃ、①なぜやらないよりやったほうがましといえるのか、②そもそも商店街に結束などというものあるのか、ということでありまして、もし、そういう弁解があたっているとするなら、事業に取り組んでいる商店街、わずかでも事態は好転しているはずですが、そういう例は皆無です。

 今取り組むべきは、シャッターの内側を改革する・ショッピングの場としての売場を実現するという仕事でありまして、これをスポイルするような「事業」はすべて、商売繁盛・商店街活性化を阻害するものと考えなければならない。
これは誇張でも何でもありません。この時期、商店街にとって限られた時間・資源をどこに集中させなければならないか、自分のアタマでちょっと考えたらたちまち答えがでることではないでしょうか。おりしもプレミアム商品券の発行が終了、次は恒例の中元大売り出しですが、また今年もいつものとおり取り組みますか?ということですね。大売り出しに取り組めば、「ショッピングの場」がほんのちょっとでも改善されますか?

 商店街にお客が来ないのは、
①買って持ち帰り、生活で使う商品が提供されていない
②ショッピングの時間が楽しくない
ということです。言い換えれば個々の店舗のシャッターの内側・皆さんが提供している「売場」がお客から「買い物の場」になっていないということですから、この状態を改善しないと、いくらとおりに人を集めても売り上げにはつながりません。

 中には“日本一人集めが上手い”と自慢する商店街もあるようですが、どうしてそう言うことが自慢出来るのか不思議です。
商店街の自慢は、繁昌店がのみを連ねていること、これ以外の自慢は必ず先細りになりますからね。

 ということで、「シャッターの原則」と題して、しばらく考えてみましょう。 

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ