産みの苦しみ

 昨日の続きで商人塾について。
既報のとおり、今週後半から新規にスタートすることが一個所あります。その他、目下開催中の議会で予算審議中のところ、連合組織での取り組みが画策(笑 されているケース、単位組合での取り組みについて合意経営中のところなど。

 いずれも誰かが商店街・中心市街地活性化の実効的な方向と方法を求めて探索していて当サイトを発券したことが端緒で開催に向けて動き始めています。
誰かが、“これまでのような取り組みでは目標達成は難しい、方法を変えなければいけない”とぃう問題意識をもって探索可能な範囲を探索していたら、当サイトにたどり着き、内容を吟味した結果として試行を決意して一歩を踏みだしたということがない限り、商人塾の実践は始まりません。

 一歩を踏み出す、ということが決定的に重要でありまして、“商人塾しかない”と思っても実践への一歩が踏み出せないと、もちろん、二歩目、三歩目もありません。
そういうところも多いはずです。

 踏み出せないのは二つ理由がありまして。
その一、うちの連中にこんなことを提案しても無理
その二、話は分かるが自分の仕事が増えるのはヤダ
ということですね。それぞれもっともな理由です。

 従来的な「もっとも」に居座っている限り、商人塾とは無縁の商店街・中心市街地に終始することになります。
他に「もっとも」で、「うちの連中」に受け入れられやすく、しかも「自分の仕事」が増えない「活性化への道」が誰かから提案されない限り。

 という選択肢があり、商人塾に取り組むか、♪待ちぼうけに安住するのか、二者択一です。

 理論と実践を結びつけるのは、“新しい取り組みが必要だ”と状況を捉え、新しい理論を探索し、数多ある提案の中からベストを洗濯し、関係各方面に採用をアピールして実現する、というプロセスを担う人が不可欠です。いうまでもないことですが。
さらにいえば、この人を孤立させない・バックアップするグループもいないと、切っ先が届かなかったり、鈍ったりします。

 この間、関係各方面との合意形成も平行して実現していくことになりますが、組織団体とはいいながら畢竟、窓口~担当者の胸先三寸ということもありまして、上記その一、その二についで、“何をするかより、誰が言い出したかで話は決まる”というビヘイビアがあるところでは、「その三」にぶつかります。

 もちろんこういう障碍は、どこの商人塾でもスタート時点では存在するわけで、これを「行く手を阻む動かしがたい障碍」とみるか「実施するためには解決しなければならない課題」と見るかで、行動は根本的に異なり、道が拓けるか否かはここのところに掛かっています。
そもそも、これまでの取り組みはおかしい、方向と方法を変えてみよう、といった話がすんなり通るくらいなら、事業には取り組んでいるが空洞化は進むばかり、という状況に陥るはずが無かったわけで、「方向と方法」を転換するということは、難しいことです。

 「難しい」を“難しいからやめとく”のか、“じぶんの立場からやるべきだ、やりがいがある”と考えるかで、情況はまるで変わって見えます。「キャップライト(*)」が変わるからです。

 せっかく気に入ったキャップライトが手に入ったのに、装着せず(従来の性能の悪いライトをつけたまま)これまでどおりの情況に埋没するのか、ライトを活用するのか、選択と行動が迫られています。
(*) キャップライトについては【理論創発】で

 お奨めは、“出来れば取り組んでみたい”と個人的に思った段階で当社と連絡を取ること。
同じキャップライトで問題を照らすのでも、照射の位置や方角が異なる協働を実現すると、問題の見え方が変わり取り組み方も変わるはず、まずはなにはさておき、メールで「意思」のあることを知らせてください。

 「産みの苦しみ」は、何ごとであれ「方向と方法の転換」には付き物です。これを嫌がることは従来の「方向と方法」に安住したいということですが、安住できるかどうか、考えてみるまでもないわけで、「産みの苦しみ」にチャレンジするか、それとも「方向と方法」は分かっているにも関わらず、手を拱いたまま最期を待つ、という苦しみのなかで日々を送るのか。
 選択肢はこのように突きつけられておりますね。

コメントの投稿

非公開コメント

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ