FC2ブログ

商店街組織の再起動

 商店街組織を活性化するためには、「自助努力の組織化」に向けた取り組みが必要です。

 このほど、とある都市の中心市街地に立地する商店街のリーダーさんから、マンネリ化している活動を立て直す取り組みをスタートする企てについて情報が寄せられました。
中心市街地活性化法の制定以来、いったい誰が商店街活性化の主役なのか、はっきりしなくなりました。
以前は、商店街単組~連合組織の取り組みに対して商工会議所、中央会などがしかるべく支援をしていく、というパターンが多かったのですが、「法」制定以来、TMOやまちづくり会社、中心市街地活性化協議会などの組織が次から次へと立ち上げられ、かつ、それぞれの役割もけしてめいかくになっていないために、相互に譲り合い、あるいは手抜きした結果、それらしい組織は増えたものの、肝心の商店街活性化の取り組みの方は、むしろ退化しているのではないか?
 他方では、多岐に渡る活性化事業の取り組みにも関わらず、街の空洞化は着実?に進展しており、もはや商店街活性化を推進する事業主体さえはっきりしなくなっています。
商店街、TMO、商工会議所等々それぞれ持っている事業メニューを集めて、所期の目的である商店街活性化=ショッピングの場としての再構築に向けて、一体的・総合的に取り組んでいくという体制を作っているところは少ないのではないか。

 紹介された取り組みの企画は、中心市街地活性化を実現していく取り組みの第一歩として、既存の各組織の存在は尊重しつつ、とりあえず、それらとは一線を画して商店街単組の連携の再構築をめざすものだそうです。
連携の目的は、自店の命運を賭けて繁盛の維持・再建に取り組んでいる有志のネットワークを作り、取り組みのノウハウ交換や共同事業の展開をめざすというもの。

 商店街有志の中から生まれた機運ということで、大いに期待されます。
まずは各商店街の代表による協議からスタートすることになるそうですが、大事なことは「理論の共有」と「成功事例の実現」です。
中心市街地全体から有志を募り、「繁盛店づくり・成功事例作り」に取り組むことが、長い目で見た成功への道だと思います。

 クオールエイド流「商人塾」へのチャレンジが決定すると、一挙に展望が開けてくると思います。
新しいチャレンジ、6月早々にスタートするとのことですから、注目したいと思います。
なお、当社にできることあればお手伝いOKですから、お気軽にどうぞ。

 と言うことで、このチャレンジについては引き続きフォローして行きます。
なお、皆さんのまちで新しい取り組みなど、企画がありましたら【商店街起死回生】コーナーでお知らせいただくと嬉しい限りです。

※※お知らせ
 今週中に高松市中心市街地を視察します。丸亀商店街をはじめ中心市街地の状況および郊外のゆめタウンなどを見てくる予定です。
結果はサイトで報告します。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ