FC2ブログ

これからの繁盛店づくりのための基礎体力
Date: 2009-04-27 (Mon)

 全国的に「プレミアム商品券」ばやりのようですが、旬が過ぎれば元の木阿弥、商店街の劣化スパイラルは間違いなく一段と厳しい局面に入っていくことになります。
 もちろん当サイトは、商品券とは無関係の繁盛店づくりをめざします。

 「百年に一度」という暴風雨のなかで繁盛再興をめざすわけですが、お店の現状に「+アルファ」を加えればそれでOK、繁盛が約束されるということはありません。

 いろいろと手を打たなければなりませんが、その前に確認しておきましょう。

 お店が繁盛するための基本的な条件とは何か?

 真っ先に必要なことは、それらの条件を創り出すために必要な「能力」を持っていること、あるいは装備することです。
繁盛店づくりを課題としている皆さんは、果たして必要な能力を持っているのでしょうか? 

 「百年に一度の大暴風雨」のまっただ中において、お店の業績・業容見てのとおり、という位置からスタートして繁盛を創り出していくために必要な能力とは一体どういう能力でしょうか?

 これまでの繁盛店づくり・商店街活性化の取り組みでは、
“活性化を実現するには当事者にはどんな能力が必要か?”
ということはまったくと言っていいほど問題にされませんでした。
あたかも商業者は必要な能力をちゃんと持っており、不足しているのは能力を発揮するための機会・条件である、活性化事業とは能力を発揮する機会・条件を創り出すことだと考えられていました。

 各種の活性化事業は能力を発揮するための条件づくりだったわけです。
では、それらの事業に取り組むなかで皆さんの能力はしっかり発揮されたでしょうか?
そもそも、発揮すべき「能力」はほんとうに装備されていたでしょうか?
 数十年にわたって取り組まれてきた活性化事業の結果を虚心にみっれば、こういう疑問を持たないわけにはいきません。

 そもそも商店街立地において、劣化スパイラルに陥っている個店に繁盛を蘇らせるためにはどのような能力が必要でしょうか?

 商店街を取り巻く状況を素直に観察すれば、こういう問題があることに気づかざるを得ざるのではないか?

 商品券という+アルファでなんとか出来る、というレベルでは無いわけで、もちろんこれは百貨店以下の小売業全般に言えることですが、「小売業という商売」の原点に立ち戻って考えることが必要になっています。

 ということで「必要な能力」の第一は、
自店~小売業を取り巻く現状を踏まえて、「繁盛実現に必要な能力」を理解すること
ではないでしょうか。

 続きは【繁盛店づくり】で考えます。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ