FC2ブログ

繁盛店づくり・百項目

 ずらずらと思いつくままに書き上げてみました
納得できない項目がありますか?

 先週、錦通り商店街で話題になりまして“ほとんど全部商人塾のテキストにある・一々もっともなことばかり、だれでも分かっていることだが、いざ取り組もうとするとどうアプローチしたら良いのか分からないでしょうね”ということでした。ご本人目下試行中です。

 当社が提案している活性化の方向と方法については、本を出したらどうか、とよく言われます。実際に計画したこともありますが出版社と内容について意見が合わず中止しました。takeo的には「読めば取り組める繁盛店づくり」という本をめざそうとしたのですが・・・。
今にして思うに繁盛店づくりは、知識があれば出来るというものではありませんから、繁盛店づくりの実践につながる「読めば実行できる本」というのは書けませんし、そんな本があればいいなと思っている人は、さっさと諦めた方がよろしいかも。

 ご存じ・ワインバーグさんはコンサルタントの仕事を、「人に影響を与えること(つまり、人は多かれ少なかれみんなコンサルタントである)」と定義し、人に影響を及ぼす方法として、
①広く浅くノウハウ提供・・・本を書く
②①から③への橋渡し・・・・講演会
③行動を変えさせる・・・・・マンツーマン
といっています。

 繁盛店づくりという課題への取り組みにおいて本から得られる知識が役に立つのは、
①取り組むべき問題がよく分かっている
②取り組み方も分かっている が、
③全体を見ると「欠けている部分」がある
④何が欠けているか分かっている
という場合ですね。

 繁盛店づくりで重要なことは、「カラダが動く」ということ。
カラダが動かないと、いくら知識を詰め込んだつもりでも店づくりの実務は動き出しません。商人塾でもたまに知識は増えたが店づくりは進まない、という人がいたりします。
店頭での“一歩の踏み出し”が死活的に大事でありまして、これは持っている知識の多寡や内容とは関係なく、文字通り、カラダが動くか動かないかです。
当社提供の商人塾のキモは“動くカラダづくり”だということはあまり知られていないかも。

 どうすれば「動くカラダ」になるか?
繁盛店づくり、商店街活性化成功のカギはここにある、ということ(知識)はだれでも納得されると思いますが、では動くようにするにはどうしたらよいか?
これは「知識」だけではどうにもならないことですね。

 百項目、ランダムに挙げていますが逐次整理して「体系」にしてみたいと思います。
ただし上述のとおり、いくら暗記してもそれだけでは役に立ちません。役立てるための基礎体力は商人塾で修得してください。

 当社の商人塾は、
①広く浅くノウハウ提供・・本を書く・・・ホームページ
②①から③への橋渡し・・・講演会・・・・講義
③行動を変えさせる・・・・マンツーマン・臨店指導
と「動くカラダづくりと動き方」をセットで修得出来る機会として提供しています。
「動くカラダづくりと動き方」は、どちらが欠けても目的を達成することはできません。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ