FC2ブログ

「商店街を経営する」

 商人塾の講義の一こまです。

 「中心市街地=都心商業街区の活性化」とは、当該街区に位置する商業機能&その他の都市機能の増進及び経済活力の向上ですね。

 実現するためには、当該街区に立地する様々な機能・施設がそれぞれの取り組みで実現する「総合的かつ一体的推進の目標」を定めること。
各機能・施設・組織の取り組みは、「一体的推進の目標」を実現し、あるいはその実現に貢献する方向で計画されることが必要です。「総合的かつ一体的推進の目標」が的確に定められ、実現されてはじめて「魅力ある中心市街地」が現れてきます。

 なかでも戦略的な位置を占めるのが商店街の取り組みであることはいうまでもありません。
商店街は、広域のラグジュアリィニーズと中心市街地及びその周辺のコンビニエンスニーズに対応する「ラグジュアリィモール」へと転換することで活性化、すなわち「機能の増進と経済活力の向上」を実現するわけですが、そのためには従来的取り組みからの大転換が必要です。周辺事業=販促では転換は出来ません。

 この取り組みを当社は「点から線への拡大、線から面への展開」として提案していますが、実践には「行動」が必要です。
ビジョンを持ち、実現へのシナリオを描き、諸事業を立案し、計画を立てる。実施組織を構想し、所要の能力開発に取り組み、事項組織を構築する・・・。
すなわち、「商店街を経営する」という総合的な取り組みの構築が必要です。

 テキストを作りながらあらためて確認したのは、“中心市街地を活性化したかったら「商店街経営」は避けて通れない”ということ。
多くの都市では避けるどころかそういう課題が在ることさえ気づいていないことですが、残念ながら現段階では分かる人には分かるが分からない人にはたぶん話を聞いても分からない。

 本当は基本計画で一章を費やしてしかるべき戦略性を持った課題であり、これをはずして中心市街地=都心商業街区の活性化は語れない、というのがプロ的判断だと思うのですが、課題に言及している基本計画は、当社が知る限り皆無。

 中心市街地活性化の実現に「商店街経営」が不可欠だとすれば、―既定路線のままで行けば― 商業街区の活性化に成功する都市は
皆無、ということになりますが、如何でしょうか?

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ