FC2ブログ

「TMO体制」再考

【都市経営】コーナーで『青森市中心市街地活性化基本計画』の勉強をしてきましたが、ようやく終盤を迎えています。(参照

これから最終章「組織体制」の検討に入りますが、これまでの検討でつくづく感じることは、「商業の活性化」の対象であると同時に主役である既存商店街組織・個店の姿が見えない、ということです。
もちろん、これは当計画に限ったことではなく、これまで作られた多くの計画に共通するところですが、これは改正後の取り組みにおいても肝心の「推進体制」については旧スキームと同じ轍を踏もうとしていることを意味しています。

都市機能の施設や居住の促進はともかく、こと商業の活性化に関する限り、「居住人口」や「通行量の増大」を実現したからといってそれが即・「商業の活性化」を実現出来ることはありません。
商業はみずからのありかたを改革することで「買い物目的の来街」を実現しなければ、「買い物の場」としての再構築は出来ず、従って、中心市街地活性化の目的である「経済活力の向上」も達成されません。
なぜそういえるのか?
当サイトはこれまでにきちんと論証しています。

中心市街地所在の商店街・個店を「買い物の場」として再構築する仕事は、個店、商店街の仕事、われわれは人口・人出を増やすことが仕事だ、という役割分担はあり得ない。
郊外型商業集積全盛という現時点で、商店街・個店は、「買い物行き先として再生する方向と方法」を掴んでいません。
もちろん、例外的な人はいます。

たとえば、当サイトの常連の商業者なら繁昌実現の方向と方法を理解し・実践し、成果を挙げることが出来ます。
しかし、それを商店街全体の取り組みの方向として提示し、合意を形成し、少なくとも数年間に渡って継続して取り組みを続けていく、というのは多くの場合、手に余る仕事であり、特に中心市街地全体の商店街・商業者が同じ方向と方法を採用して「買い物の場」としての再構築に取り組む、という体制を彼らがみずからの力だけで作り上げていくことはほとんど不可能です。

あらためて「TMO体制」の再編・構築が緊急の課題となっています。
TMOを司令塔・推進エンジンに、中心市街地所在の商業集積を「ショッピングコンプレックス」として構造的にとらえ、各集積の役割分担をあきらかにしつつ、漸進的に新しい「買い物の場」としてのありかたを実現していく・・・。

この仕事こそが「中心市街地活化基本計画」の中心課題であるということを、疑問の余地無く確認しなければならない。
これが実現しなければ、中心市街地にマンションがふえ・そこここの通行量が増えたからといって、商店街が買い物の場として再評価されることにはつながりません。
商店街がみずからの努力で「ショッピング行き先」としての条件を再構築しない限り、新住民はこれまでどおり郊外にショッピングに出かけることになる。分かり切ったことです。

ご承知のとおり当社は、中心市街地において商業活性化を推進する体制を「TMO体制」と名付けています。
行政・会議所・TMO・商店街組織がそれぞれ役割を文足しつつ、中心市街地所在の商業機能を一個のビジョンに基づいて「ショッピングコンプレックス」として再構築することが唯一の「商業の活性化」実現の方向であり、もちろん、活性化協議会でこの取り組みの推進を牽引することは絶対に出来ません。

本気で中心市街地活性化に取り組むというなら、何が何でも商業の活性化を実現しなければならない。
その試金石は『基本計画』に「組織体制」の一項が設けられ、「TMO体制の構築」がそのメインのテーマとして掲げられていること。
この必要性を無視した『基本計画』では「商業の活性化」の道を切り開くことは出来ません。

これから『基本計画』の作成に着手するところは、活性化協議会の立ち上げに先だって、行政・会議所・TMO・(出来れば商店街組織)の実務担当者による「TMO体制」推進チームを立ち上げなければならない。

このチームが「中心市街地活性化への道」について、しっかりしたシナリオを共有することが第一段階です。
当社は、チーム結成、スタート時点の取り組みを「合宿」という形で支援しています。
まずは、実務者レベルで意志の統一を実現することが大切です。
参照

次の段階は活性化協議会のメンバー組織の関係者を対象に同じ内容で研修を実施して、「共通の土俵」を作ること。
基本計画の作成に着手するのはその後です。

当社のお奨めは以上ですが、皆さんのまちではどのような段取りで進めようとしていますか?
「法」の枠組みは最小限ですからね。実効ある取り組みを目指す体制を作りたかったら、「活性化協議会」だけでは決定的に足りません。

ということが理解できなようでは、これまでの取り組みからいったい何を学んだのか? ということが問われることになるわけですが、さて、皆さんの都市の取り組みはどうシナリオが描かれているでしょうか?

青森市の基本計画の検討、これから「推進体制」に入ります。よろしくおつきあいください。

※今日、書店で雑誌『商業界』6月号を見ましたら、青森・富山両市の『基本計画』が批評されていました。
担当はに当サイトで検討した特集記事「中活法とパパママストア」を執筆された人たちのようです。
中身は読んでおりませんが、興味のある人は当社の批評と比較してみられたら得ることが多いと思います。

※このブログは、㈲クオールエイドのサイト『中心市街地活性化への道』トップの【デイリィフラッシュ】欄の記事を2,3日遅れで配信しています。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ