FC2ブログ

中心市街地活性化 実効ある取り組みのために

 商店街活性化、点から線、線から面への展開

 中心市街地所在の商店街等商業集積の活性化についての中活法の問題意識は、
①従来の取り組みは、点や線の取り組みに終始していた(面的な取り組みが不足)
②もっぱら、市街地の整備改善や補完施設の整備など「周辺事業」に集中し、業種揃え・店揃えの最適化という「中核事業」がおろそかになっていた。
ということです。(『中心市街地の活性化を図るための基本的な方針』参照)

 したがって、商店街活性化の取り組みの基本は、
①中心市街地(商業集積街区)全体について
②中小小売商業の競争力の根幹である業種揃え・品揃えの最適化を
③既存店舗群の業容転換及び空地空店舗を利用した新規出店によって実現する
ということになります。
既存個店群及び空地空店舗の活用によって業種揃え・店揃えの最適化を実現すること、すなわち「テナントミックスの最適化」こそが「中心市街地の商業集積群の面としての活性化」の中心的課題です。
もちろん、テナントミックスを問題にする以上、中心市街地の商業集積群が実現を目指す「集積として分担する小売商業機能」の定義は明確に定めておくことが必要です。
とりわけ、郊外型商業、特に広域型ショッピングセンターとの機能分担については、理論的にきっちり抑えておくことが不可欠です。
これは、中活法のスキームを利用する上でもっとも基本的なことですから、自分でしっかり確認していただきたい。
何しろ、この基本方針を明記している中心市街地活性化基本計画は皆無ですからね。


 さて、取り組みは二つに区分されます。
面としての商業集積のコンセプトを分担する方向での
①既存個店群の業容転換
②空地空店舗への所要テナントの配置
です。

 まず、問題となるのは既存個店群の業容転換です。これは、
①コンセプトを分担する業容を計画し
②各個店の自助努力・繁盛再生策として取り組む
という方法が考えられます。

重要なことは、以上の「活性化への道」は仮説であり、まだ成功事例がないと言うこと。
推進は仮説~試行、漸進的な取り組みになりますから、全体的な転換を一挙的に計画・実施するということにはなりません。
また、仮説の妥当性の実証という課題もあり、既存個店個々の実状にも配慮した取り組みでなければならない。

 当社が提唱する「活性化への道」は、
①中活法のスキームを全面的に採用する
②中心市街地に再構築を目指す商業機能を「ラグジュアリィモール」と定める
③既存個店群の自助努力をその方向で組織化する
④空地空店舗へのテナント配置を推進する
ことで実現します。

 最初の取り組みは、「活性化への道」の現実性、優位性を実証することですが、これを既存個店有志の自助努力の組織的な推進で実現します。
すなわち、
①存続を図るために繁盛を再構築しなければならない個店群から有志を募り、
②組織的に「業容転換」に取り組む
ことを通じて「活性化への道」を実証し、推進しようとするものです。
既存個店の中から、「活性化への道」を実践するものが現れ(点の取り組み)、これに追随する動きを組織し(線への拡大)、最終的に中心市街地全体をあるべき商業集積へと転換させる(面への展開)取り組みです。

 先にも述べたように、「活性化への道」は『中活法』のスキームを全面的に採用しており、中活法に計画されている支援措置・制度は、この「道」を歩むための方法であるといって過言ではありません。
ということは、逆に言いますと、「活性化への道」的なシナリオを持った取り組みでないと、中活法を活用した中心市街地活性化は実現が困難かも知れません。

 そういう目でチェックしますと、既存各都市の基本計画は活性化を実現していく取り組みの点から線、線から面への展開というシナリオを持っていないことに否応なくぶつかります。
新計画の決定~着手から早くも二年を経過するわけですが、活性化の可能性にまったく接近出来ないところが多いというのが実態ではないでしょうか。
計画が停滞している都市、事業の推進が所期の成果を得ていない都市は、一日も早く取り組みを見直し、再構築しなければならない。まずは、関係各方面の「中心市街地活性化」という問題及び解決の方向と方法について共有する機会を設けることから「仕切直し」が必要です。

 当社が提供している勉強会は、またとない機会だと思います。
  『合意形成の最短距離・中心市街地活性化実現の方向と方法』  
当年度中に取り組み、新年度早々から新しい「活性化への道」を構築していくスタートを切る、という段取りがお奨めです。
ご承知のとおり、取り組みの再構築が可能な時間は限られています。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ