FC2ブログ

資本主義社会にとって経済学とは何か?

 とあらためて考えてみますと、これは当然「資本主義のアイデンティティ」すなわち、自己認識でなければならない。
資本主義とは何か? これが資本主義経済学が解明しなければならない課題ですが、残念なことに解明されておりません。

 というか、経済学業界の皆さんは、始祖アダムスミス以来問題設定を誤り、「暗中蒙断」をもっぱらにしている、というのが現下、惨憺たる世界経済の根本要因ですね。
自己認識を誤れば、自己実現の方向と方法も当然のことながら誤るわけでありまして、何ですか、経済学の目指すところは「格差社会」「世界の二極化」と言うことでよろしいんでしょうか?
 ケインズ大先生は、ぼけっとしていると経済学者の妄説を鵜呑みすることになるよと警告されましたが、妄説でない・資本主義の自己認識としての経済学なんか、端緒の端緒さえ切り開かれておりませんです。

 経済学者さんたちの守備範囲からは、新自由主義+セイフティネット以上の現状認識~処方は出てこないようですが、はたしてそんなことでいいのでしょうか?

 当サイトでも多用している「百年に一度の大暴風雨」たる不況について、「どう問題を立てるべきか?」というレベルの課題に取り組んでいる経済学者、アナリストはいないようですね。

 経済学は資本主義社会における経済の自己認識でなければならないとするならば、好むと好まざるとに関わらず、百年に一度の大暴風雨についても、その情況や直接の原因の解明に止まらず、あるいは「セイフティネット」といった新自由主義の容認を前提とするかのような彌縫策談義をもってこと足れりとするのではない、「資本主義社会の自己認識としての経済学」による解明へのチャレンジが必要になっているのではないか、と思われます。

 今や「原理論」こそが問われる情況にあるのだ、ということは中心市街地活性化の領域に限られることではありません。
資本主義社会が直面している問題情況の一環、現れとして中心市街地・都市経営の問題があり、一国~世界経済活性化という課題への対処が問われている、ということを理解しておくことが必要です。

 皆さん既にご承知のとおり、あれこれと処方をバーゲンする経済学者さんたちが中心市街地活性化について、有効な処方の方向と方法を提唱しているという事例は皆無。
経営学者も同様で、たまに目にする提言は人出を増やすとか、SCとの差別化を図れ、とかのレベル。

 百年に一度の大暴風雨は、既存の経済学・経営学を一挙に破産させました。まずこのことに気づかないといけません。
新しい方向と方法には新しい経済学が求められていますが、どっか、しこしこ頑張っている人がいるものでしょうか。

 いないとなれば、それこそ「理論無き・仮設無き迷走」がこれからもずうっと続くことになりますが・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ