FC2ブログ

個店活性化の方向と方法

 中心市街地・商店街活性化の重要な一環として取り組まれる繁盛店づくりは、当然のことながら、“中小小売商業の競争力の根幹である業種揃え・店揃えの最適化(以下「テナントミックス」)”と密接に関連します。
それぞれの個店が好き勝手に繁盛店を目指しても、テナントミックスは実現できません。そうすると、「中小小売商業の競争力の根幹」を欠いたままで現下の競争環境・とりわけ「商業集積間競争」に直面しなければならない。隣接店舗の努力によって実現した来街客がうちのお客になってくれる、mなどということは望むべくもありません。
さらに、自己流の繁盛店づくりでは成功するもの・しないものといろいろでしょうから、結局のところ街ぐるみの活性化の実現は難しいことになります。

 中活法のスキームを真に受けて(笑、ホンキで商店街の活性化を目指すならば、そのメインの事業は「テナントミックスの最適化」となることは、『基本的な方針』に述べられているとおりです。集積としての活性化を目指す以上、集積間競争にうち勝っていくことが絶対条件であり、テナントミックスはそのための「競争力の根幹」です。

 問題は、個店の繁盛を「テナントミックスの最適化」の方向で構想し、実現する方法を工夫すること。「中心市街地立地の個店活性化の方向と方法」ですね。
居住人口を増やし、来街・通行量を増やせば「その結果として」通りに立地する個店は繁盛間違いなし、というような時代錯誤を唱える人はだんんだん少なくなっているようですが、個店の繁盛をどう実現していくか、ということについてはほとんど方針が出されておりません。(ただし、当社を除く)
方針どころか、中心市街地・商店街活性化にはそういう問題があるのだ、ということさえ理解されていない、というのが一般的な情況です。

 ご承知のとおり当社提供の商人塾は、中心市街地立地の商業者有志が取り組み、
①自店の繁盛を実現することで
②中心市街地・商店街の小売立地としての可能性を実証し
③追随者、新規参入者との協働でテナントミックスを追求し
④新しい商業集積の担い手を点から線、線から面へと拡大していくことによって、商業の活性化を実現していくという提案です。

 大事なことは、
①個店活性化の方向と方法 と
②商店街活性化の方向と方法 と
③中心市街地・全商業街区活性化の方向と方法
が首尾一貫している、ということです。

 商人塾的方向と方法で繁盛店づくりを追求すると、
①繁盛を実現出来る
②その方法は業種業態を問わず他に応用できる
③商店街のテナントミックス実現を導く
という効能効果を発揮します。
④タウンマネジメントの不可欠の道具である
というわけですね。

 商人塾に?と感じている人は、それはそれとして、商人塾に代わる、商人塾に勝るとも劣らぬ「個店~テナントミックス~中心市街地」活性化の取組を考え出さなければならない、商人塾を否定したとたん、みずからそれに代わる「個店~集積活性化の方向と方法」とりわけいますぐスタート可能で、たちまち成果が挙がる対案を他ならぬあなた自身が提案しなければならないわけですが、そのこと、もちろん分かっていますよね?

 まあ、そういうことも分からないまま“商人塾なンか大嫌い”“おれの目の黒いうちは絶対やらせない”などと妙に頑張る商工会議所の担当者さんがいらっしゃたりするそうで、なんともいやはやビックリです。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ