FC2ブログ

小売業という都市機能の活性化

 中活法に示されている中心市街地活性化の目的は、
①中心市街地における都市機能の増進 および
②経済活力の向上 
ですね。

 中心市街地の「三要件」から中心市街地とは“都市の歴史的に形成されている市街地の「商業街区」”のことであることに疑義はありません。“商店街をはじめ小売商業機能が蓄積されており、かつ、それが「衰退傾向」にある街区”が中心市街地です。

 したがって、中活法にいう「都市機能の増進」とは、まずは「小売商業機能の増進」であり、特に、衰退傾向にある街区の商業機能を活性化することが「都市機能の増進」のメインの課題になります。(他に「メイン」となる都市機能はありませんからね)

 さらに、「経済活力の向上」について。
経済活力の向上を実現するには、中心市街地における経済活動を活性化しなければならない。当たり前ですね。
中心市街地における主要な経済活動の担い手といえば、小売商業機能であることに疑問の余地はありません。
中心市街地における経済活力の向上を実現するためには、小売商業の活性化に取り組まなければならない。

 こうして、中心市街地の活性化、
①都市機能の増進 と
②経済活力の向上 
を実現するには、街区に立地するメインの都市機能である「小売商業機能」の増進・活性化を実現することを通じて、「経済活力の向上」を達成しなければならない。
中心市街地活性化のメイン業務は、中心市街地の「小売商業機能の活性化」である、このことに疑問の余地はありません。

 以上について、スキームをきちんと読み解けば、疑問が生じる余地はありません。しかし、一部の基本計画では、小売商業機能とその他の都市機能、例えば居住機能や医療機能などとの立地上の軽重などを検討することなく、マンションを造ったり、病院を誘致することが商業の活性化と肩を並べる中心市街地活性化策だと勘違いしている人もあるようです。
マンションがドンドンたっても、病院が引っ越してきても、中心市街地の活性化は実現しません。それもそのはず、街区の都市機能の太宗を占めている商業機能の活性化については無為無策ですから。

 さらに言えば、国の『基本的な方針』で「周辺事業」と定義されている街区の美観整備やコミュニティ施設の整備といった事業の実施をもって活性化を達成しようという「中心市街地活性化」もなんの効果も得られないまま続けられてるわけで、何ですか、身の毛がよだつとはこう言うときに用いる言葉ですよね。

 ということで、今年はこれまでにもまして「至らぬ取組」を真っ向から批判したいと思います。
何ですか、「クオールエイドが頼みもしないのにうちの悪口を言っている」と言うぼやきも聞こえてきたりしますが、頼みもしないのに自分たちの取組の至らぬところを批判してもらえる、というのは願ったりかなったりと考えるべき、きちんとやろうとすれば経費が発生しますからね。

 中活法のスキームのイロハのイである、中心市街地活性化とは小売商業機能の活性化のことである、ということにあらためて注意を喚起すべく、だらだらと書いてみました。 

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ