FC2ブログ

買い物行き先としての魅力

 商店街活性化関連で消費者・住民にアンケート調査を実施すると問題点として必ず上位に挙がるのが「買い物行き先としての魅力に乏しい」ということです。
もちろん、昨日今日始まったことではなく、アンケート調査がスタートして以来、一貫して指摘されています。

 問題は、この指摘に対して効果的な対策が講じられて来なかったこと。アンケート調査が始まって以来、今現在に至るまでほとんどまったく効果的な対策が講じられておりません。
時に「魅力ある商店街づくり」などのキャッチフレーズが掲げられますが、取り組まれる事業といえば景観整備やイベントの類ばかり、そうそう、一店逸品もありますね。
魅力ある商店街づくりに取り組んだという話はいくらでもありますが、成功した・商店街に魅力が出て買い物客が増えた、という話はほとんどありません。

 買い物行き先としての魅力といえば、第一にショッピングの魅力であり、ショッピングも魅力といえば、買い物・下見・冷やかしの魅力であり、ショッピング対象となりうる「品揃え・提供方法・提供環境」が整っていること。
とりわけ、「品揃え」についてはショッピングの目的は「気に入った商品を買って帰ること」ですから、他のことで大体することはできません。

 商店街の活性化は、商業の高度化によって実現する、高度化とは業種揃え・店揃えの最適化である、というのは中活法の基本ですが、言うまでもなく、業種揃え・店揃えとは「欠業種を誘致して空店舗を埋める」といったレベルのことではない、商店街全体としての「品揃え」を最適化する、ということを意味します。
(このことが理解できない人、理解してもその推進の先頭に立つスキルを持っていない人は、タウンマネージャー、アドバイザー、その他名称は何であれ、商店街活性化の指導者としての適性が不足しています。)

 商店街の魅力とは買い物行き先としての魅力であり、特に現下の情勢は、店あまり・もの余りに加えて、消費不況が蔓延していく傾向が歴然であり、このような情況において「買い物行き先としての魅力」を構築していかなければならない、街ぐるみの「品揃えの最適化」を実現していく、というのが中心市街地・商店街活性化の目標です。いつも申しあげているとおりですが、なかなか基本計画に反映されません。

 いつの世においても“ものが売れなければ商店街ではない”のでありまして、ものが売れる、繁盛する店が軒を連ねるには、
①売れるものを揃える
②買いやすい方法で提供する
③買い物が楽しい環境をしつらえる
という「三点セット」の最適化はエンドレスの課題です。

 アーケードの着脱、空地空店舗の活用も結構ですが、基本となる業種揃え・店揃えの最適化という課題をメインにしていない取組は、必ず失敗への道に至ること、間違いありません。
モロモロの「周辺事業」は、「街ぐるみでの品揃えの最適化」というメイン事業の進展が見込まれてはじめて補完的な効果を発揮するもの、メイン事業の代替は出来ません。

 新年度は「魅力ある個店づくり」という方向で施策が講じられるようですが、「品揃えの魅力」を目指さない取組は、タイトルがどう変わっても効果を上げることが出来ません。
これまでのところ、課題に対応している取り組みといえば当社流「商人塾」だけだと思います。
納得したら一日も早く着手することが「中心市街地活性化への道」です。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ