FC2ブログ

テナントミックスという課題

 中心市街地・商店街活性化の計画や言説には「テナントミックス」という言葉がしょっちゅう出てきますが、何を意味する言葉なのか、ちゃんと定義して使っているのは、takeoが知る限り、当サイトだけです。

 一般にテナントミックスという言葉は、
①きちんと定義されており、しかも
②その定義は関係者すべてに共有されている
ということが実現しているかのような使われ方をしています。
が、しかし、共有どころかこの言葉を使っている人たちさえ、テナントミックスという言葉の意味を理解していない、というのが実状ではないでしょうか。
 それともあなたはテナントミックスについて云々する人(専門家、非専門家を問わず)が、この言葉を使って話を進めていくにあたって言葉の定義を説明したのを聞いたことがありますか?

 商店街活性化に関係している人たちには共通する欠陥がありまして、それは自分がしゃべっている専門用語を定義しない、ということです。まか不思議。
テナントミックスに限りません。マーチャンダイジング、マーケティング、ショッピングモールなどなど、基本計画に使われている専門用語は業界共通の定義などありませんから、使うにあたってはそれぞれ自分たちで定義することが不可欠です。
特に基本計画は公文書ですからね。公文書に定義抜きで専門用語がばらまかれているというのはおかしな話です。

 おっと、話はテナントミックスでした。
もちろん、もとはといえばショッピングセンター業界の用語ですが、この言葉、業界でも定義されておりません。
共通の定義が無いどころか、使っている人にどういう意味で使ってるの?って質問して「テナントでスペースを埋めること」以上の理論的な説明が出来る人は少ないと思います。

 そういう情況ですから、特に再開発事業などでテナント誘致に取り組むに際しては、事前にテナントミックスという専門用語についてしっかり理解しておくこと、関係各方面がその理解を共有しておくことは不可欠の課題です。
特に、小売業から賃貸業への転進を目指す場合は、これをしっかり理解し、かつ「テナントミックスを維持するの法」を修得しておくことが必須課題です。

 SCなどもいつまでもテナントミックス=テナントリーシングというレベルの理解では、間もなく襲来する劣化スパイラル突入の危機をチャンスに転じることはできません。
これから間違いなく「商店街空洞化の論理」があちこちのショッピングセンターで起きるわけですで、テナントリーシングが活用出来ないSCが続出します。
そうならないためには、テナントミックスを十分理解し、かつ「テナントミックスを維持するの法」を修得しなければならない。

 現に再開発ビルの活性化に難儀している人、これから間違いなくそうなる人たちにとって、必読の記事に取り組みます。
【都市経営】です。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ