FC2ブログ

商店街活性化の盲点

 劣化スパイラルに陥って久しい商店街&商業者の皆さんですが、果たして現状から脱出していくために必要な能力は装備されているでしょうか?

 これまで作られ・取り組まれてきた様々な商店街を活性化するための事業計画、そのことごとくが“施策を活用する「能力」については問題はない”ということが前提にされていました。
実際に商店街組織のリーダさんたちも、
“商店街に人を呼ぶのが組合の仕事、集まった人をお客にするのは個店の仕事”
という言い方をしておりました。つまり「個店には店前通行量を入店客にする」技術・能力が備わっているということが暗黙の前提になっていたわけです。

 その結果、
“イベントのたびに人が集まってくるが、集まった人が買い物をしない”
という情況がこれはもうずうっと前、中活法が制定される以前から起きていることです。
このことが意味しているのは何か?
個店は「店前通行量をお客に変える技術を持っていない”ということですね。
これは重大です。

 活性化目指して作られ・取り組まれる計画には、あたりまでですが、来街者を増やすために多種多様な事業が計画されています。
それらの事業に取り組んだ結果「通行量」が増えたとしましょう(実際はそう簡単に増えないのですが)。
ところがせっかく増えた通行量を当初の目的である「個店のお客にする」技術・能力を個店が持っていないわけです。つまり通行量が増えても、その結果として商店街・各個店の売り上げが伸びる、商店街が活性化する、という結果は出ない。日頃経験しているとおり。

 これまでの取り組みでは、
“集まった人をお客にするのは個店の仕事”
といいながら、これは単にいってみただけ、「個店にそういう能力が備わっているか、能力は適切に活用されているか」ということはほとんどまったく眼中にありませんでした。
取り組みの結果として個店の買上客が増え、繁盛が制限されるということがほとんどなかったのは当たり前ですね。

このことを虚心に見つめると、
①人を集めてもそれが買い物客になることは難しい とか、
②個店は通行量をお客に変える能力を持っていない 
ということがしっかり理解されたはず、キモに銘じたはずですね。
おそろしや、路線の言い出しっぺであるリーダーさんたちのお店を含めて「通行量をお客に転化する」能力を持っていないのです。

 このことはその気になって商店街を見る気が有ればすぐに見える・理解できることです。
にもかかわらず、「認定基本計画」を含め、活性化に取り組む計画には、個店の経営能力」についての現状及び課題、育成についての及は一切ありません。
おかしな話ですね。 

 これから認定基本計画の年次総括が行われる時期を迎えますが、この問題を直視できない総括では本来の総括の機能を果たすことが出来ません。
あれこれと理由にならない理由をこじつけて「活性化が進まない理由」とするのでしょうが、そろそろ「修正不能」段階に入って行きますが、このまま突っ走るつもりですか?

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ