FC2ブログ

近代経済学批判

□今年の世相漢字は「化」

2008年は「変」だったそうですね。
一年を振り返って一字で表現すると「変」だった、という人が多かった。なるほど。
2009年は、主動的にどういう年を目指すのか?目指すべきか?
「目標世相漢字」を考えてみるというのは如何でしょうか。

 ということで、当社は「化」を提案したいと思います。
「変」と違って「化」はみずから意識的に目指さないと実現できません。化けようとしなければ化けることは出来ません。

 中心市街地も従来の漫然たる活性化から活性「化」への脱皮が必要ではないか。
関係各位、それぞれ化ける覚悟がないと活性化は実現できないのではないか。

 ということで。
今年の世相漢字は早くも決定、「化」それも「大化け」ですからね、皆さん。
「大化け」出来なければ「大変」になる、というのが今年一年の情況だと思いますが如何でしょうか。

□化けるべきは

経済学&資本主義
株式会社&会社法、企業会計原則
マーケティング&店づくり

ぜ~んぶ大化けしないとこの暴風雨は乗り切れません。
特に「経済学」の責任は重大であり、しっかり追求しなければならない。

経済学者さんが言っています。
“経済学を無視するものは経済理論の奴隷となる運命にある”
“経済学を勉強するのは経済学者に騙されないためである”

□近代経済学批判
近代経済学とは、アダムスミスを鼻祖とする経済学全部
古典派も新古典派も
マルクス派も
ケインズ派も
み~んな「近代経済学」でありまして、これを全面的に批判して「現代経済学」を構築しなければならない。
情況はまさにそこまで来ているのでありまして、早い話。
年の暮れに働いている人を追い出して恬然としているような企業があり、その企業の経営者が「人の上に立つ」のが当たり前というような経済学が通用するというのはおかしな話でありまして。

 こういう経済学が主導的な位置を占めている世の中はやがてそういう経済学を信奉している企業の足元を確実に掘り崩してしまいますね。
“規制は緩和しろ、その結果については国が何とかしろ”という立場の人たちが別ステージでは「愛国心の養成」やら「道徳教育」などを説くわけですから、ちゃんちゃらおかしくって。

 ということで、新しい年は、“くたばれ!グローバリスム、くたばれ!新自由主義”ですね。
百年に一度の「大暴風雨」は、、百年間通用してきた常識では対応できません。
「ラグジュアリィ」は「近代経済学(含マルクス主義)」からは出てきませんからね。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ