FC2ブログ

活性化のミッシングリング

 日本全国、数十年にわたって明けても暮れても取り組まれているのにほとんど成果が挙がらない商店街活性化。

 点、線から面への取り組み、来年度はぐるっと回って個店と単位商店街の取り組み重視という方向のようですが、さて、どうなりますか。

 活性化のシナリオを読み解いてみますと、とんでもない「欠落」があることが分かります。

①ソフト&ハードの商店街活性化施策に取り組む
   ↓
②集客に成功する
   ↓
③集まったお客が買い物をする
   ↓
④商店街が活性化する

というシナリオですね。
筋の通った取り組みですが、大きな問題が③にあります。
お客が買い物をするのは各個店の売場、すなわちシャッターの内側ですが、もちろん、ほとんどの個店の売場は「劣化スパイラル」に陥っています(陥っていなければ活性化に取り組む必要はない)。
シャッターの内側、つまり「買い物の場」が劣化している商店街に施策に誘われてやって来た人が「買い物客」になれるでしょうか?

 もちろん、なれませんね。
この人たちは、ちゃんと日頃買い物に使う「買い物行き先」を持っており、ほとんど不自由を感じていませんから、何も商店街に来たからと行って劣化しているお店を買い物の行き先に使う必要は無いわけです。

 ということで、いくら施策を講じても商店街が活性化出来ないのは、
①ソフト&ハードの商店街活性化施策に取り組む
   ↓
②集客に成功する
   ↓
③集まったお客が買い物をする
   ↓
④商店街が活性化する

というシナリオのうち、③が実現できないから。
③が実現できないのは、軒を連ねる個店の売場が劣化しているから。

 つまり、これまでの取り組みには「劣化している個店の売場を改革する」という不可欠の取り組みが欠落していました。シャッターの内側の不備を外側の施策で補強することはぜったいにできませんから、活性化のシナリオには、本来なら絶対に避けることの出来ない最重要の取り組みが欠落していたわけです。
ミッシングリングですね。

 個店の売場の改革にどう取り組んでいくか?
中心市街地・商店街活性化の最大の課題ですが、当社を除いて誰もこの問題を指摘している組織・個人は無いようです。
さしあたり、第一線で取り組んでいるTMO、まちづくり会社、タウンマネージャーさんなどはイの一番に気づいて、問題を指摘し、対策を講じるべきところ、なんの音沙汰もありません。

 次年度の商店街施策では「個店の経営支援」がうたわれていますが、さて、喫緊の課題である「売場の改革」についてどのような「方向と方法」で取り組むのか、もちろん「施策」はそこまで具体的な指示は出来ませんからそれぞれの都市が能力全開で企画しなければならない。
でも、これまでの取り組みで「ミッシングリング」になっている問題ですから、右から左に有効な施策が立ち上げられるとも思えません。

 そこで登場するのが当社提案の「行動計画」の作成という取り組み。
商店街、構成する各個店の状況いずれも現状見てのとおり、というポジションからスタートして「郊外型全盛時代の中心商店街」を「ショッピングの場」へと転換していく行動を計画しなければならない。
取り組みの方向と方法、計画立案を提案しているのは当社だけです。

 考えてみれば、『基本計画』はこの「行動計画」が先行作成されていてはじめて稼働するスキームだったとも言えます。

 活性化のミッシングリング、きっちり対処しないと活性化のシナリオは稼動しませんが、さて、どう取り組みますか?

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ