FC2ブログ

10年後、街をになっているのは誰か?

 商店街を除く関係各方面には人事異動というものがありまして、考えてみるまでもなく、10年後も同じように中心市街地・商店街の活性化に携わっている人はほとんどありません。
もっともまちづくり会社に移籍して骨を埋める覚悟の人は別ですが。

 他方、商店街の皆さんは、10年後も若い人は20年、30年後も同じく商店街で個店の繁盛・街の活性化に取り組んでいるはずです。
とするなら、話は簡単でありまして。

①中心市街地活性化の先行きについて誰が一番リスクを背負っているか?
といえば、商店街の皆さんです。成功しても失敗してもモロにその結果をかぶります。

さて、それでは、
②商業者は活性化の方向と方法について合意しているか?
自分たちが「為すべきこと」が分かっているか?
どうでしょうか?
中心市街地活性化の「方向と方法」がきちんと定められ、差それに基づいてシナリオが画かれ、商店街を構成している商業・サービス業者一人一人にまで「方向と方法・シナリオ」が説明され、特に「自分たちが取り組むべき仕事」について合意が作られているでしょうか?

さらに、
③個店の繁盛と街の活性化はどう結合されているか?
厳しい景況に直面している個店個店の自助努力と街全体の活性化は、どのように結び合わされているのか?
その前に、劣化スパイラルに陥っている個店経営者の技術・能力の再構築をどう確保するか?

というあたりについては、関係各方面としっかり話し合い、きっちり「商業者の立場」と「課題」について共通の認識を持つことが必要です。
しっかりした意見を持たないならいざ知らず、活性化の方向と方法について明確なビジョンを持ち、さらにそれを実践して成果を挙げている皆さんの意見を尊重しないという姿勢は許されるものではありません。

 関係各方面の担当者さんは、それぞれ組織を代表しているように見えますが、その言動の多くは個人的な見解であることも多いと思います。
組織横断的な取り組みにおいては、所属する組織の意見かそれとも個人の意見なのか、場合によってはきちんとしてもらうことも必要かもしれません。

 ともかく、10年後にはおそらく街に姿を見せなくなるかも知れない人たちに引っ張り回されるのは止めなければならない。
意見を持っていないならともかく、意見も実績もきっちり持っているわけですから。

 ということで、中心市街地活性化、とりわけ商店街の活性化については、商業者が責任を持って取り組んでいくことを覚悟し、宣明しなければならない。

「商店街活性化はわれわれ商業者が、自助努力&相互扶助を中核に責任を持って取り組んでいく、関係各方面はそれぞれ組織の目的を踏まえて支援をしていただきたい。」
ということですね。

参照:TETSUさんが【都市経営入門編】にエントリーしてくれた高松市丸亀商店街の覚悟のほどが参考になります。

 ということで、活性化協議会などで「合意」を作るというのは如何でしょうか。TMOなどのポジションもあらためて定義しなおすことになります。

続きは:

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ