FC2ブログ

基本計画の認定

 11日付で新たに11都市の基本計画が認定されました。
“これで継続事業の資金の目処が立つ”とほっとしている向きもあるかと思いますが、かいま見える先行各都市の情況を考えると、もちろん、手放しで喜ぶわけにはいきません。
認定=補助金確保、後は明日の風任せ、というところは別として。
(そういう都市が多いような気もしますが・・・)

 思い出せば、“認定は得たものの、この計画だけで活性化出来るとはとても思えない”ということから「方向と方法」について学びたいというオファーを受けたことがあり、当社流を提案しましたが、その後どうなっていることやら・・・。

 認定が終わればあらためて「推進体制」の確認という作業が待っています。同時に、TMO・タウンマネージャーの「統制要員」としてのポジションの確立という大仕事が待っています。
第一に、商業者に対する基本計画の説明会をするの化しないのか。
個々の商業者は「基本計画的事業の受益者」であり、各種事業ヲ実施すれば、既存個店のシャッターの内側は「繁盛」に転じる、という自信があれば、説明会は不要です。

 自信がなければ説明を実施しなければならない。
基本計画は“この計画にあなたの事業の命運を賭けてくれ”ということですからね。活性化に個店の取り組みが必要だとすれば、単位商店街を対象にした説明会の開催は当然ですが、さて、これまでに認定を受けた基本計画中、個々の商業者とお「合意形成」を目指す「説明会」を開催したところが幾つあるでしょうか?

 このあたり、本当はタウンマネージャーさんの初仕事のはずですが・・。
この説明会を通じて「推進体制の確立」と「TMOによるヘゲモニーの確立」を実現しなければならない。
マネージャーたるもの、このくらいのことは百も招致のことと思いますが、行政、会議所などはそうとは限りません。そうすると、まずはそのあたりの説得からスタートしなければならない。
これは正直、大変ではないか。

 「経営=マネジメント」を教科書的に言えば、計画~統制~評価ですが、このうち、計画=行政、評価=活性化評議会という分担は既に決定しており、TMO=タウンマネージャーの仕事は、事業実施過程・計画期間の「統制」です。
各事業主体の取り組みが基本計画に示されている目標の達成に向けて一体的。相乗的に実施されるかどうか、その成否はタウンマネージャーの手腕に掛かっているわけです。

タウンマネージャーたるもの、TMOが実施主体となる事業の事務手続きや中心商店街全体の庶務係、イベント事務局ではありませんからね。
タウンマネジメントという機能を果たすには、それなりのオーソライズとそれに見合うパフォーマンスが必要ですが、その機会を作ることもタウンメージャーさんが作らないと誰も作ってくれません。

 認定2年目、1年目、これからスタートと三段階の取り組みが出そろうわけですが、どうもほとんどの計画が「第一号認定」が敷いたレールの上を走っているように思われてなりません。
このまま行けば、“計画した事業は竣工したが、その間も商店街の劣化スパイラルは止まるどころかいっそう加速している”という先行事例の仲間入りをしてしまうことになりかねません。

 先行事例の現状はどうなっているか?
本格的に取り組みをスタートする前に確認しておいたほうが良いかも知れません。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ