FC2ブログ

航空幕僚長言説の危うさ

 メディアでは“個人的な発言なら許されるが”、立場として許される発言ではない、という批判が多いようですが、何を言ってるんだか。

 問題は、こういう粗雑な歴史認識を持ち、かつ、それを公開するという言動の持ち主が航空自衛隊の幕僚長という制服NO2のポジションに上り詰めていくのを許したというか、途中で淘汰できなかった組織の欠陥にあります。

  さらに、このクラスの人事は官邸で行われ、防衛族の介入も当然のことでしょうから、自民党防衛族の間では制服組のこのようなは言説は掣肘されるよりもむしろ評価されているのではないか、ということが懸念されます。

 「悪いのは我が国を戦争に引き込んだ引き込んだ向こうであり、こっちはむしろ被害者だ」というお粗末きわまりない認識をしゃあしゃあと公開する態度、プロとしてこういう総括で果たしてよいものでしょうか。
国家間のおつきあいで「悪いのは向こう、こっちは騙されただけ」というのが成り立つものかどうか。
向こうが悪い、騙された、と言うたびにその裏には「騙された・仕掛けを見抜けなかった日本」「そのあげく負けてしまった日本」という認識があるわけで、こういう認識をたぶん「自虐史観」と言うんでしょうね。

 この人の発言の当否は別として、こういう歴史認識をもっていたとしても仮にも軍事のプロであれば「次はけして騙されないぞ」という覚悟と工夫があるべき、そうすればこういう発言は出来なかったと思うのですが・・・。
なんですか自衛隊においてさえ廉恥というコトバは死語になったのでしょうか・・・。
なにやら銭湯談義を聞かされている気分です。
本人の「論文

日本国、今は誰からも騙されていないのでしょうね?
これからずうっと騙されないためにこの人は在任期間を通じてどんな施策を講じていたんでしょうね。

 ということで、この程度の言説をする人がトップに上り詰めていける組織・自衛隊の危うさを感じずにはおられません。それをチェックするというよりたぶん推し進めたであろう、いわゆる国防族の非・専門性やら、政府のチェックの甘さやらも。

 さらに、最近続出するシビリアン各省庁の不祥事などと考え合わせれば、陸大閥の軍部官僚とシビリアンの協働で推進された大東亜戦争必敗への道にまで思いがめぐることになります。

 わが国の官僚制度は見直しの時期を迎えていると良く言われますが、なるほどと思わされるニュースが続きます。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ