FC2ブログ

百貨店という業態

 学問的にも業界的にも各社レベルでも定義されておりません。

 今や百貨店は業態誕生以来の危機に直面しているわけですが、危機は機会でありまして。
従来的ものの見方・考え方に執着していれば、環境の変化は危機そのものですが、他方、環境の変化を「プラス」ととらえられる「ものの見方・考え方」に立てば、もちろん状況はプラスと見ることが出来ます。
状況は本人が「どう見るか」ということで危機にもなれば機会にもなるわけで、これが「転換期」の特徴です。

 百貨店の場合、問題は「百貨店の歴史」を繙いて見れば如実になると思うのですが、今度は「その歴史をどういう視点で総括するのか」ということが問題でありまして。
曲がり角にさしかかっている小売業の活性化は、「どうとらえるか」という「方法の問題」であるという問題意識がないと手も足も出ないかも知れません。

 商業界、商業学界にはあまり見られない問題意識かも知れません。

 視点を変えて。
百貨店はどうしてファッションとインテリアという「二貨店」に変容してきたのか、ということを取り上げてみてはどうでしょうか?
これはもちろん、「競争戦略の総体」から実現したことですが、この間の「競争戦略」はどれくらいそれとして認識されているだろうか?という疑問があります。
つまり百貨店は漸進的に今みられる「二貨店」へと業容を転換してきたわけですが、これは果たして目的意識的な転換だったのだろうか?
もしそうだとすれば「転換」を促進した戦略の「論理」はどのようなものだったか、ということですね。

 このあたり、現職の戦略担当者には喫緊の問題だと思いますが、実際にはどう解明されているでしょうか。
伝えられる各社のリニューアルにはこのあたりを着眼して視ると面白いかも知れません。

 二貨店への変容は、量販百貨店の展開と密接に関連していますが、その位置づけは積極的な選択だったのか、それとも退避行動だったのか?
というあたりから考えてみましょう。

 中心市街地関係者には活性化の成否を百貨店の活性化に丸投げしているケースもあるようですが、大丈夫ですか?
果たして百貨店が「当該都市の中心市街地における店舗活性戦略」をもっているのかいないのか、戦略は「中心市街地活性化の方向と方法」に整合的であるのか否か・・・。
というあたりの検証はいつ誰がやるんですか?

百貨店がこけたら皆こけた、ということで困りますからね。
『百貨店の活性化』

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ