FC2ブログ

鶏が先か卵が先か

中心市街地・商店街活性化のメインイシューは、「業種揃え・店揃えの最適化」であることは ―残念ながら未だに関係各方面共通の認識になっておりませんが― 御地の『基本計画』記載の「商業活性化の目標」がどう決定されていようが、TMOがどのような能力組成になっていようが、絶対に変更が許されないところです。
疑う人はを見よ(笑

 「業種揃え・店揃えの最適化」とは、「テナントミックスをマネジメントする」ということです。
ここでまたしても注釈が必要でありまして、ここでいうテナントミックスマネジメントは、SCやファッションビルなどのテナントミックスとはまったく違います。
?な人はを見よ(笑

 さて、本論。
参照いただいた記事で明らかにしているとおり、業種揃え・店揃えとは「売場揃え・品揃え」のことです。
「ショッピングモール」なり「都心型商業」なりとしての「来街目的」を中心市街地全体の「売場揃え・品揃え」で作り上げるということが、中心市街地・商業活性化の方向であり、つまるところ、「テナントミックス」の目的。

 問題は、この「テナントミックスの最適化」を実現していく方法にあります。
取り組みは、中心市街地所在の商業機能の現状はご覧のとおり、劣化スパイラル真っ逆さま、というところからスタートするわけですが、さて、第一段階の取り組みはどこか?
という問題がありまして、もちろん、「合意形成ができた順に取り組む」というのも一案かも知れませんが、ものごとには順序というものがありまして。
『基本計画』には事業の順序などは書かれていないわけで、こう言うことを明確に定めておかずに、なにが計画だよ、という声が聞こえたりするわけです。

 第一段階の取り組みは大別二つに分かれまして、

第一は、街全体の取り組みを優先する

 という方法で、具体的な事業内容はソフトからハードまで多様ですが、ともかく。
“商店街の活性化は個店レベルの取り組みでは不可能だ”という論証抜きの視点から一挙に「街ぐるみの取り組み」が追求される。共同の取り組みともなれば補助制度も揃っていますから「追い風」を受けます。
共通しているのは、商店街が空洞化しているのは人通りが少ないから、ということで、「人通りを増やす」方策を考えます。
集客的サービス、集客的イベント、集客的装置・・・。
いろいろ試みられますが、事業が成功すれば、人通りが増え、上位目的である「商業の活性化」が実現出来るか?
先行事例ではどういう結果が得られているか?

①通行量はなかなか増えない
②通行量が増えてもショッピングにはつながらない
という事例も少なくありません。
それもそのはず、来街した人がショッピング客になれそうな「売場揃え・品揃え」が実現されていませんから。
「ショッピング行き先」としての魅力の方は劣化スパイラルに陥っている状態のままで、表の「人通りを増やせば」、店内の劣化スパイラルにブレーキが掛かるものかどうか、考えてみるまでもありません。

 ということで、「最初の取り組みは、街全体の取り組みで商店街を活性化すること」という着手は、お奨めできません。
というか、これまでさんざん取り組んで、さんざん失敗してきたことではありませんか?

 第二は、個店のシャッターの内側の取り組みを優先する
という選択です。

 ご承知のとおり、商店街で営業しているお店のうち、劣化スパイラルに陥っていない・すなわち、うちの店は今のままで将来にわたって安泰だ、と胸を張れるお店は極めて限られています。
そういうお店が日頃商店街の事業に協力(「協力」であって「自力で推進する」という認識ではない)しているのは、
①商店街に(立地的に)お世話になっているから ②役員が頑張っているから ③やらないよりやった方がいいかも というように納得して、というかこじつけて、
というかまあ、そういうことです。
 しかし、仏の顔も二度三度、効果の無い取り組みもいい加減嫌気がさしてきています。

 自店の将来を考えれば、活性化に取り組むヒマがあったら他のことをしたい、というのがホンネではないでしょうか。「他のこと」つまり本当は何を為すべきか、ということが見えていない、というところに問題があるのですが・・・。

 他方、劣化いちしじるしいお店の場合は、事態はさらに深刻です。売れない店内を少しでも改革改善すべきところ、その方向も方法も分からないまま、「商店街活性化」に動員されるわけですから。
それでも正面切って不満が出ないのは、根が優しいから。
しかし、「協力」も武運つたなく廃業すればお終いです。

 というように考えれば、今、取り組まなければならないことは、個店シャッターの内側の改革=繁盛店づくりでありまして、現下の状況において繁盛店を構築する「方向と方法」を入手し、実践していくこと、だということに誤解の余地はありません。

 個店レベルの取り組みに一定の成果が出るようになって初めて「街全体の取り組み」のあるべき方向と方法が明確になるのでありまして、けしてその逆ではありません。

 今現在、さっそく着手しなければならないことは、
①個店の劣化スパイラルにストップをかけ、業績好転を実現することで、商業者の「元気」を取り戻し、同時に、
②中心市街地の小売業立地としての可能性を実証する、という仕事です。もちろん、①について「ラグジュアリィ」を掲げた取り組みを組織化すれば、その実践で②も達成されることは当サイトがつねづね主張しているところ、既に試行が始まっています。

 中心市街地の商業活性化、成功するのは「人集めが先」派か、それとも「売場づくり先」路線か?か
鶏が先か卵が先か、ということですが、もちろん、卵が先に決まっています。
この時期、「シャッターの内側の活性化」という自助努力に組織的に取り組む、という方針を持っていないところは、一年先、二年先、五年先も同じような「街ぐるみの取り組み」に終始する以外ないわけで、その間も劣化スパイラルは厳然と進展しますから「空洞化」は行くところまでいってしまいます。つまり、「活性化の取り組み」の基盤自体が崩壊することになります。

 既存個店の活性化、自助努力の「方向と方法」を明らかにし、かつ、実際に取り組んでいくための施策を準備している『基本計画』は―残念ながら―これまでのところ見あたりません。
このことも含めてどう取り組んでいくのか。

 TMOを筆頭に関係各組織が直面している問題ですが、さて、どれだけの中心市街地で自覚されているのか、なかなか見えてきませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ