FC2ブログ

スキームの特性

 中心市街地といえば猫も杓子も活性化。
まじめに考えればこのスキームでは実現するべくもない「文化と歴史の香り漂う街並み」などとキレイごとを「目的」に、「街並みが吸引した通行量」を相手に商売を繁盛させる、というのが通り相場ですが。

①通行量は増えない
②増えても売り上げアップにはつながらない
③劣化スパイラルは加速するばかり

というように結果は歴然としています。

 もともと、旧スキームでは商業の活性化は達成できない、つまり中心市街地の商業の活性化は、商業施策だけではおぼつかない、という総括から、非商業的機能の拡充により中心市街地の居住・来街人口を増加することで、商業施策をバックアップする、というのが新スキームの骨格です。

 重大な問題がありまして。
そもそも旧スキーム当時、
①「商業施策」は本当に適切に立案されており、適切に推進されたにもかかわらず活性化は実現できなかった、のか?

それとも

②立案された活性化策は不十分だった、あるいは、取り組み方には問題があった、ということはなかったのか?

というあたりの総括はほとんど行われていませんからね。

商業施策だけでは商業活性化は不可能、という結論が出されたのは、①的状況、つまり、施策は適切であり、取り組み方も問題なかった、にもかかわらず活性化は出来なかった、という総括のようですね。

ホントに「にもかかわらず」活性化は出来なかったのか
それとも、やるべきことにきちんと取り組まなかったから活性化できなかったのか
というあたりの判別にはまだ決着がつけられておりません。
それなのに早々と「その他の事業」に取り組むことで人出を増やし、従来的活性化施策を施せば間違いなく中心市街地は活性化できる、というのが新スキームの立場であり、したがって、認定基本計画の基本的なスタンスのようです。

「法」~基本計画のポジションが以上の通りであるとするなら、新スキームに基づく取り組みは、そのほとんどが挫折することを運命づけられていることになります。
伝えられ出した認定第一号以下の取り組みの中間総括の内容がはかばかしくないのも当然といえば当然ですが、この期に及んで今なお、挫折がだれの眼にも毅然となっている第一号以下の認定済み計画の枠組み・内容を踏襲しようとする都市が後を絶たないのはどういうことか?

 関係各方面の皆さんのビヘイビアには「失敗に学ぶ」という一項は無いのでしょうか?

 Webを徘徊しても「こんなことして失敗しちゃった」というレポートはほとんどありません。
もちろん、しっかり眼を凝らすと、いろんな事例が見えてくるのですが・・・。

 ということで、挫折に至った各地の取り組み、もって他山の石とも申します。
いろいろと取り上げて批評してみようではありませんか。

※もし、うちの基本計画を取り上げてくれ、という申し出があれば誠心誠意、批評いたします。
無料で悪口を言ってもらえる機会はなかなかありません。
いまのうちに「間違い」を指摘されたことを熟読玩味、納得して訂正すると、いろいろと良いことがありますよ。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ