FC2ブログ

商人塾と再開発事業

 中心市街地活性化の一環として取り組まれる再開発事業は、対象地域の活性化のみならず,中心市街地全体の活性化に資するもので無ければならない。

 間違っても中心市街地において「一人勝ち」するような計画では困ります。「成功事例」と喧伝される事例を視察されるときは、隣接街区への影響などを確認することもお忘れなく。

 問題は、再開発事業と並行して隣接商店街ではどのような事業に取り組まれてきたかということでありまして、まさか隣の商店街で再開発事業に取り組めば、こっちにも「回遊」が生じる、などという机上の空論を真に受けて竣工を指折り数えて待っていただけ、ということはないですよね、といいたいところですが、実際のところ、一日千秋の思いで待っていたりして。

 で、竣工してみると当初の思惑とはまったく異なり、回遊どころか従来我が商店街のお客だった人たちまで再開発に取り組んだ街区へ流出してしまう、というのが通り相場です。
こうなることはちょっと考えればたちまち分かることですが、自分のアタマで考えようとしない人には、実際に起こってからはじめて理解できることかも知れません。

 では、再開発事業に取り組んだ街区はめでたしめでたし、となるのかと言いますと、これがまた。
当初のもの珍しさが一段落すると、客足は潮が引くように遠のきます。だって、容れものは一新されても売場・業容は従来どおりですからね。

 昨日、懇談会がありまして、商人塾の勉強・実践に取り組みながら再開発の構想を練り上げよう、という取り組みです。
商人塾自体は、中心市街地全域の有志の参加で開催されていますが、再開発事業を計画しようというのは一商店街だけ。
隣接商店街の有志も参加しての懇談会でしたが、前提になるのは商人塾の勉強&転換実践の積み重ねです。

 再開発のスケジュールはこれから決まっていくことでしょうが、それに先だって個店は業容の転換、街区は「業種揃え・店揃えの最適化」を目指す。上位目標は中心市街地活性化の「一体的推進の目標」であり、隣接街区との連携も当然ながら視野に入っています。

 ということで、個別商店街が単独で取り組む再開発ならいざ知らず、中心市街地活性化の一環として取り組まれる再開発事業の場合、中心市街地全体のデスティネーションの高度化という上位目標を踏まえ、隣接商店街との協働を実現していく「共通の土俵」は不可欠、商人塾はまさにそのための絶好の機会です。

 「成功事例」と言われるケース、再開発事業の結果は中心市街地全体に波及しているでしょうか。
していないとしたら、何を為すべきか?
「順番が回ってくるまで待機」というのは劣化スパイラルが加速している今日この頃、無し、ですからね。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ