FC2ブログ

推進体制の不備

 商店街活性化、スキームは変われど取り組み体制のビヘイビアは全く変わらず。
成果は挙がらないわけですから、関係各方面間の相互不信は最高潮です。そんなことはない、というところは表面を取り繕っているだけ、というのが当社の見立てでありまして、取り繕っているところは、一皮むくと「怨嗟」がみなぎっていたりするかも知れません。
いないかも知れません。

 ともかく。
関係各方面に共通しているのは、「自分以外の関係セクションに問題がある」という認識を持っていること。
この点はみごとに共通しています。

 当社が見るところでは、他にも共通しているところがありまして。
関係各方面が一般に「専門」と見なされている領域について、識見・技術を持っていない、ということ。

○行 政=都市経営の中核としての経営管理(計画立案・組織化・統制・評価・・・)のノウハウが使いものにならない。
○商工会議所=経営改善普及技術の不備。何十年も取り組んできたわけですが、この時期、中小零細企業の経営改善を指導する「体制」が構築されていません。外部講師に頼る、というのはあり得ることですが、「改善を達成する」シナリオが描かれておらず、サービスの内製化問い課題が自覚されていない。
○商店街組織=十年一日、高度化事業と販促が仕事だという認識から脱却することが出来ない。個店レベルの劣化がどんどん進んでいるが手を拱いているだけ、為す術を知らない。
○TMO=作ってみただけ。従来は商店街組織が担っていた事業を肩変わりしただけ、わざわざTMOを立ち上げた根拠はなにか?
なのための組織か、ハッキリしません。TMOの要員さんたちも自分の任務を「中心市街地活性化推進の司令塔」という方向で定義しなければ、という問題意識もありません。

 ということで、新体制、一年目の総括の中心は「推進体制の不備」それも推進体制を構成する関係各方面の内部的状況にその遠因がある、というのが妥当な見立てのはず、見立てを誤る当然処方も間違いますからね。
この時期、関係各方面から選抜されて「推進体制」を担う巡り合わせとなった皆さんには、他では味わえない「組織での仕事」の醍醐味が
あるわけですが、どう楽しむべきか、楽しむためにはノウハウが必要ですが、OJT中心の組織でありながら、あいにく先輩方は教えてくれません。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ