FC2ブログ

活性化論議の低調

 昨日に続いて。

 全国各地で中心市街地活性化に取り組まれている、ということはそれに見合うだけの「専門家」が活躍している、ということです。これらの専門家は、自分が提案する「活性化への道」をどこでどのように開示しているのでしょうか?

 Web上を見るかぎり、「活性化への道」を論じている専門家は極めて限られているようです。当サイトが批判する藻谷氏も自分でその主張をアップしているわけではありません。

 専門家ならおのれが信じる「活性化への道」を公開提案してしかるべきだと思うのですが・・・。

 他方、事業推進に専門家を招聘する側は何を基準に選択するのでしょうね。
まさか、これまでの指導経歴や「全国の市町村を何カ所回っているか」といったことを基準に選んでいるとは思いたくないところですが・・・。
これまで「成功事例」が乏しいということは、指導経歴を誇る専門家の経歴は「失敗事例」で埋め尽くされているということであり、今や、「これまでの指導経歴をどう総括しているか」ということが重要な着眼になるはずです。
つまり、これまでどのような失敗を経験しているのか、明らかにした上で、それを踏まえてこれからはこう指導する、ということが明らかにされていないと、怖くてつきあえません。

 また、一部では“全国の市町村を何カ所回っているか”などということが専門家らしさの基準?となっているようですが、回った市町村の数が多いほどスゴイ、というのなら「鉄オタ」「駅オタ」さんたちが一番かも知れません。

 ということで、全国の取り組みがなかなか成果を挙げられない今日、「活性化とは何がどうなることか」「そのためにはなににどうな取り組むべきか」といった基本中の基本について、あらためて出直し的論議をすることが喫緊の課題になっています。
 と思うのですが、言っているのは当社だけ、特に試みる都市もないようで、このままでは新スキームの行く末も見えてきたような気がします。
仮にも専門家であればなにはさておき取り組んでいただきたい課題ですが・・・。

 藻谷氏の活性化理論の検証、スタートしました。
今回はおもむきを変えて、藻谷氏の主張を覆すような事例をどんどん紹介したいと思っています。
よろしくおつきあいください。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ