FC2ブログ

商業系コンサルタントは不要か

 世の中には相手を見極めるのに「実績」を問うことが良くあります。
コンサルタントの場合、問われるのはもちろん「指導実績」ということです。
①これまでにどれくらい類似ケースの指導実績を持っているか。
特に商店街活性化の場合は、
②これまでに何カ所を指導しているか
ということが問われるようです。
不思議なことに、
③指導した結果、その商店街はどうなったか
ということについては不問です。

 これはホントに不思議なことでありまして、全国各地、挫折するケースが続出している折から、「実績」こと指導回数だけを基準にしてコンサルタントを選定するととんでもないことになる、という懸念は無いものでしょうか?
場合によっては実績回数≒挫折回数ということもあり得るわけですが・・・。
経験が多いからといって、活性化の実現に実績を挙げた、ことを意味するわけではありません。当たり前のことですが要注意です。

 というか、それ以前の問題が。
このところ、「商店街活性化」の指導支援を専門とするコンサルタントは激減しているのではないかということです。
如何でしょうか。

 「販促」「ポイントカード」「一店逸品」といった個別分野の指導者は相変わらず多いようですが、街を一個の商業集積と見立てて活性化を実現する、という「法」のスキームに基づくトータルの取り組みを指導する人は少ないようです。

 もちろん、計画作成のプロセスで活躍したシンクタンクや都市計画・ハード設計系のコンサルタントさんたちが「商業集積としての活性化」を指導するとは思われません。

 「商店街活性化」を指導・支援する専門家が少ない、特に活性化の方向として「商業集積としての再構築」を提唱し、実現への道を指導する、という領域を専門とする商業系のコンサルタントは、圧倒的に不足しているのではないか。

 その理由として考えられるのは、これまでの商店街活性化の取り組みではそういうスキルが要請されなかったし、現在もその要請は極めて限られている、ということでしょう。

 中心市街地活性化の取り組みで活躍する商業系コンサルタントがほとんど見あたらないのは、現場=都市側がそれを求めていないから、ということですが、もちろん、求めていないのは不要だからではなく、必要なことが理解されていないから。

 中心市街地・商店街活性化という分野で活躍する商業系コンサルタントが少ないのは、関係各方面においてその必要が認識されていないからですね。
果たして商業系コンサルタントの支援無くして活性化を実現できるだろうか。
というあたりを考えると、背筋がぞっとするわけですが、現場では思い当たる人が限られています。

 どういう立場の人がどういう方法で「商業系コンサルタント」導入の必要性を周知させていくのか?
いまどきこう言うことが問題になること自体、トンデモな状況なのですが。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ