FC2ブログ

中心市街地にとって理論とは何か

 中心市街地活性化フォーラムという催しがあります。
主催は国、地方自治体、各種団体と多様です。
仕事がら、壇上に登ったり、たまたま行き会わせて聴講したりすることが時々あります。

 いろいろな立場の人が登場して、議論を行うわけですが、この手の催しのあり方は十年一日、ほとんど進歩も蓄積も無いはずです。
催しですから、何らかの目的を持って取り組まれているはずですが、最後には“それではみなさん、これまで同様、がんばっていきましょう”ということで、何が獲得したかったのかよく分からないまま来年もまた、ということでしょうか。
残念ながらフォーラムを契機に中心市街地の何かが変わった、という話は皆無です。
商店街活性化フォーラムも同様ですね。

 そもそも、活性化をめぐって議論をする、とはどういうことか、なのために議論を行うのか、というあたりについて主催者自身も定見が無いのではないか、と思われる節もないわけではありません。
継続は力なり、などと申しますが、何をおっしゃる、継続は劣化なり、かも知れません。

 会場で飛び交う発言はそれぞれ、発言者が「活性化、私はこう考える」という理論に基づいて行われているわけですが、いったい全体、「理論」とは何か、どういう機能を持っているのか、といったあたりについての共通認識があるのかないのか、そもそも「中心市街地活性化」にとって「理論とは何か?」ということも考えておくことが必要かも知れません。
中心市街地活性化、実際に取り組んでいけば行くほど、前後左右にやらなければいけないことが現れます。

続きは【都市経営】で。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ