FC2ブログ

攻めの中心市街地活性化

 既出は こちら
 中心市街地の商業はもはや商業施策では活性化できない(①)、とか、中心市街地は商店街ばかりではない(②)とか、中心市街地の商業は中心市街地のための最寄り型商業に徹すべき(③)とか、これまでさんざん商業活性化と冠を付けた事業に取り組んできたあげく、他人事のようにこういうことをしれっと書いている基本計画があったりまします。

 今更何をおっしゃるやら。
中心市街地は「攻め」の計画を以て取り組まないと、まず、成功することはありません。
以下、①~③的主張を批判しておきたいと思います。

①中心市街地の商業はもはや商業施策では活性化できない:
 誰がいつ、「活性化できない」と論証したでしょうか?
誰もしていませんね。ただの思いつき、の閾を出ていません。
論証抜きで「活性化できない」と称して商業活性化から撤退しようとする人たちの、これまでの「商業活性化」とはどのような「論理に基づいて計画され取り組まれてきたのでしょうか?
これまで依拠して来た理論は破産した、ということでしょうか?
「破産」したのは、これまであなたが依拠していた理論だけ、祖のことをもって「商業は活性化できない」と主張することは出来ません。(あなたの「理論」が破産した、ことだけは確かですが)
「商業は活性化できない」と主張するなら、なぜそう主張することが出来るのか、きっちり論証しなければならない。
あそこでもここでも活性化できないでいるではないか、というのは「論証」になりませんからね。

②中心市街地は商業ばかりでは無い。:
「中心市街地の三要件」から当たり前です。
しかし、同じく三要件から中心市街地所在の主要な都市機能が小売商業であることも明らかです。
「中心市街地所在の都市機能は商業ばかりではない」からといってそこに立地する商業・商店街を軽視することは出来ません。
軽視できるとするならその理由を示すべき。
現有商店街・商業集積を軽視する、ということですからね。

③中心市街地の商業は中心市街地のための最寄り型商業に徹すべき
 これも根拠は示されません。
本気でこれを実現するなら、既存の商業集積の規模は不要です。
不要になった地域は何に転用するのか、明示すべきですが、知らぬ顔。

 この「中心市街地活性化の商業活性化離れ」とも言うべき傾向は何を物語っているか?
その結果、中心市街地はどうなっていくのか?

実際にこういう方向で活性化に取り組んだ都市の中心市街地には見るも真残な状態に陥っている例があります。

なぜこういうことが起こるのか?
続きはサイトの「都市経営」で。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ