FC2ブログ

高度化事業と商人塾

 各地の商店街で取り組まれてきた共同施設事業及び共同経済事業。
もちろん?、業容転換(つまり業種揃え・店揃えの最適化)は、計画書の上だけのことでした。
それでもそれなりの「成果」が得られたのは、この事業に取り組んだ結果、「高度化に取り組まない」隣接商店街との「差別化」という効果があったからです。

 “高度化事業で活性化に成功した”といわれる事例の多くが、その影響で劣位化~劣化~空洞化した商店街とセットになっていました。takeoは「先進事例視察」におつきあいするたびに、成功事例よりも「波及効果」で空洞化が進展した隣接商店街の方を重点的に見たりしたものです。
成功事例とは、本来目的とされていた「流出阻止」は実現出来なかったが、域内競合に勝利?した、事例だったわけです。

 この時期、百貨店を誘致したとか、土地の所有と利用の分離で一街区をそっくりモール化した、といった「成功事例」を聞くと、かっての高度化事業の成功事例が思い起こされます。
新しい成功事例、果たして隣接街区に何をもたらしているか?
「事業街区」を起点とする「回遊」などが発生しているでしょうか・・・。

 takeoが現地視察抜きで憶測する限りでは、回遊が発生するどころか、来街客の事業実施街区への一極集中が起こり、かっての高度化事業同様、隣接街区の劣位化~劣化~空洞化の促進を結果しているのではないか?

 ということを商人塾で話したところ、視察してきた人がいて、「大いにあり得る」とのことで、街区の活性化は実現できたが中心市街地全体の活性化の展望は果たしてどうだろうか、というところまで話が進みました。

 “これでは中心市街地活性化基本計画は、中心商店街活性化につながらないのではないか”という意見もありまして、takeoは“おっしゃるとおり。みなさんのように商人塾への取り組みを先行させずにハード事業に取り組んでいるケースは挫折する可能性が高いと思う”と述べました。
上述のとおり、これは「いつか来た道」ですからね。

 甲府市中心市街地商人塾、まだ総論段階ですが、すでにファサードを中心に個店ごとの実践が始まっています。
昨日は講義に入る前にそれぞれの取り組み状況を報告していただきました。みなさん、積極的に発表されてお互いに刺激になったことと思います。
すでに売り上げアップを実現した、という報告もあったりして、報告を聞くとお互い「その気になる」ことが出来ます。
相乗効果が発揮されます。

 クローズの専用掲示板には、さっそく、商人塾の趣旨そのままの成果を目指す発言などが書き込まれており、これは是非みなさんにも読んで貰いたいもの、【目指せ!繁盛店】あたりでご披露させていただきたいところです。

 来る7月7日は恒例の七夕、すでに絢爛豪華な飾り付けが行われています。たくさんの来街者にお店をどうアピールするか。
さっそくファサード演出の本番を迎えています。
今日・明日・あさってと引き続きファサードを中心にした取り組みです。

 ファサードなど「店舗環境」整備の各論的勉強は、まだ先の話、現在取り組まれているのは「勉強」以前の取り組みです。
勉強抜きで取り組むファサードの改善、もちろんこれには特別の意味がありまして、自前の技術を作るには、それ相当のアタマの働きというか、働くアタマを作らなければならない。

 というあたりの作業に楽しみながら?取り組んでおられる参加者のみなさん、よろければ【目指せ!繁盛店】へ取り組みの様子など報告してください。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ