FC2ブログ

言葉と技術

 アクセス分析をみますと、「ラグジュアリィの意味」の検索作業で当サイトにお出でになるケースが間々あるようです。
言葉の意味が分からないと、言葉を使った作業が間違ってしまいますからね。
昨日当欄で取り上げた「空き店舗の活用」とか。

 問題解決では、問題が解決した状況を「目的」として言葉で表現し、現状から目的に向かって「技術」を使って接近していきます。
抽象的にいえば、「問題解決」とは“解決策を実現する”すなわち“言葉をカタチにする”ことですから、言葉の意味するところがしっかり理解されていないと、思った通りのカタチが出来るとは限りません。「空き店舗の活用」に限らず、あらためて考えてみますとこれまでの「商業活性化施策」の結果の多くが、「活性化」という言葉の意味するところが理解されていなかったために、活性化=商店街ぐるみの繁盛へ連なることが出来ませんでした。
恐るべし、言葉の定義、です。

 さて、“言葉をカタチする”ことが技術の役割であり、“言葉をカタチにする”ために用いられるワザが技術だとすれば、商店街活性化への道=ラグジュアリィ・ニーズの受け皿となる商業集積としての再構築― への取り組みには、なにはさておき、「ラグジュアリィ・ニーズ」を理解しなければならない。
ラグジュアリィという言葉の意味するところを理解せずにラグジュアリィニーズへの対応を「業容」として実現することは出来ません。

 おっと、ここで「業容」という言葉を使いました。
“品揃え・サービス・環境”の三点セットですね。我々がお客に提供している「ショッピングの場」は、三点セットのバランスである、ということを理解していなければ所期の(すなわち、お客に支持される)「業容」を作り上げることは極めて難しい。
当たり前ですね。

 ラグジュアリィニーズに対応する店づくりへのチャレンジは、組織的に取り組む商店街立地における繁盛店づくりの、おそらく、唯一の方向ですが、実践するためには、言葉を定義し、関係者が共有することが不可欠です。
商人塾の取り組みは、言葉の共有とそれをカタチにしていく試行錯誤の組み合わせによる、技術つくりという見方も出来ます。

 そこで、皆さん(商人塾参加者以外の人たち)の取り組みの課題について。
皆さんの中心市街地・商業商店街の活性化とは、何を・どのような方法で・実現しようというのですか?
実現したい街の情景
取り組みの方法
をキチンと理解し、
取り組むために必要な技術
を理解し、獲得する努力をしていますか?
それとも従来的・慣行的技術で目的・目標を達成することができると考えているのですか?

 中心市街地・商店街の活性化とは、その言葉が意味するところを中心市街地・商店街に実現することです。
実現するためには、「実現したいこと」が明確に理解されていなければならないし、実現するために必要な様々な仕事が理解され、着手され、完成されなければならない。
『基本計画』とその実践です。

『基本計画』は関係者に理解される言葉を用いて書かれていないと、その実現に必要な技術の創造・調達が難しい。
『基本計画』に限らず、多くの商店街活性化の取り組みが不毛な結果に終わっているのは、「言葉と技術」の関係に注意が払われていない、もっといえば、そもそも取り組みには「言葉と技術」の関係についての理解が不可欠だ、ということが理解されていない、という現状があり、これが災いの根因になっている、というわけです。

 くどいようですが。
皆さんが取り組まれている中心市街地活性化において、関係者は、「理論が必要だ」という共通の認識を持っており、それを実現するための努力が計画的に行われているでしょうか?
Web上で見る限り、このような問題意識を表明しているのは当サイトだけ、多くの都市の取り組みでは基本計画に用いられている主要な専門用語の「意味共有の必要性」さえ、問題にされていません。

 という問題情況を無視しつつ、さも「本当の問題」に取り組んでいるかのような言動多すぎ。
わずか5年の取り組みにしては、皆さん、無駄な動きが本当に多すぎます。 

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ