FC2ブログ

中心市街地活性化 取り組みの二極化

 今現在、皆さんのアンテナにはたぶん、引っかかってこないレベルで、中心市街地・商店街活性化の取り組みの二極化が進展しています。
状況を理解し、自分たちの中心市街地・商店街はどちらの道を選ぶのか、あらためて「選択」し直すべき時を迎えているわけです。

第一の道は、従前通りの道。
 新スキームの施行により新・基本計画を作っては見たものの、作成・運用の方向と方法、スキルはこれまでと全く変わりません。
基本的に従来通りと変わらない取り組みですから、その結果も従来通り、時間とお金を掛けて計画を見直した効果は期待すべくもありません。
 これまでのところ、新計画に基づく取り組みがスタートした順に挫折していく、といってけして過言ではない状況です。
問題は、いつ軌道修正に入るかということですが、誰がどう口火を切るのか、難しい問題があります。

第二の道は、活性化の課題を「小売商業の高度化」に特化し、商業者の自助努力を中心に実現していくシナリオを描き、実践に着手するという方向です。
いうまでもなく、「法」制定以来、当社が一貫して主唱している「方向と方法」です。
 
 新『基本計画』に「方向と方法」を定めた上で取り組まれている都市もあれば、『基本計画』との整合性の確保は今後の課題、というところもあり、パターンは一定していません。
共通しているのは、既存商業者の自助努力を組織し、その取り組みを中心市街地・商業活性化実現の原動力にする、という戦略です。

 目下、三つの都市で推進されており、さらに計画中のところもあります。参加者の士気は旺盛、なんで今までこういう取り組みが出来なかったのか、と皆さん不思議になるくらい。

 これから取り組みとその成果が伝搬していけば、こちら側への乗り移りを検討する都市も出てくるかもしれません。
でも、早くしないと当社のキャパという枠があります。

 海の物とも山の物とも知れない・実績皆無の当社の提案に対して「提案の内容」だけで採用を決意、関係各方面を説得して方向転換にこぎ着けた、という人たちが実際にいらっしゃるわけで、この人たちが「実績が挙がるまで」眺めていたら、「二極分化」は起こらなかったでしょうね。
 
 ということで、乗り移る気があれば一日も早く、というのが当社のお奨め。実際に移行するまでにはそれなりの時間が掛かります。
他方、当社は「時限企業」ですから、あなたの商店街は当社的路線転換の機会を得ることが出来ないかも知れません。

 冗談はともかく。
中心市街地活性化は、
①当該街区の太宗を占める商店街・商業機能の活性化であり、郊外型ショッピングセンターが全盛を謳歌する状況において、商業街区としての繁盛を再構築することが主要課題である、と目標を設定し、
②実現の方向と方法を定めて計画を作成し
③商業者の自助努力を組織化して実践をスタートさせる
というあたりが「キモ」でありまして、このあたりを明確にしていかないと、議会筋、非中心市街地の共感を得ることは出来ません。

 このあたりで「活性化への道」について、だれの眼にも明らかな現実性を示せないと、基本計画の有無に関わらず、取り組みは先細りになってしまいそうです。
新しいhこうと方法への移行、検討されるなら今のうち、かも知れません。

 詳しくは当社サイトを巡回すると必要な情報をキャッチできます。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ