FC2ブログ

中心市街地活性化・実効ある取り組み

 昨日から中小機構の商業活性化アドバイザー派遣により、甲府市に出張しています。
本日は、市役所の関係部課のみなさんと『実効ある取り組み』についての研究会及びTMOとの「テナントミックス」推進のための「商人塾」の実施についての打ち合わせでした。

 ご承知のとおり、スキームでは“中小栗商業の競争力の根幹”である業種揃え・店揃えの最適化すなわちSC業界で言うところの「テナントミックスの最適化」すなわち、「テナントミックスマネジメント」を重視することが提唱されていますが、これまでのところ、「中心市街地におけるテナントミックスマネジメント」のあり方についての理論=仮説の提案は行われておりません(当社は、鋭意、チャレンジしていますが)。

 新しく創設されるまちづくり会社の中心任務は、基本計画に明らかにされているはずの中心市街地に再構築を目指す商業集積が広域において分担する「商業機能=特定の消費購買行動に対応するショッピング行き先」を実現する「テナントミックスマネジメント」です。

 この任務がSC的マネジメントと異なるのは、テナントミックスの最適化が、既存小売商業者の「業容革新」及び空き店舗のリーシングという二つの異なる手法を駆使して取り組まれる、ということです。
これは、これから郊外型SCが生き残るために不可欠のマネジメント手法ですが、SC業界はまだその必要性を認識していないと思います。
中心商店街が取り組む課題は、SCのノウハウの応用ではなく、SCがこれからイヤでも取り組まざるを得ない課題ー既存テナントを入れ替えないテナントミックスの最適状態維持ーを先取りした取り組みになります。
そういう意味では小売業界・前人未踏のチャレンジであり、その成果はSC業界垂涎のノウハウとなることでしょう。

 この出張の目的は、実効ある取り組みの「スキームの再確認・共有」と6月にスタートする商人塾の打ち合わせですが、タウンマネジメントの基本は、テナントミックスマネジメントであることをあらためて確認した次第です。

 もちろん、それは商人塾~個店群の業容革新という取り組みで推進されます。基本計画に掲げられた「都心型商業機能」を実現するタウンマネジメントの中核的取り組みが「商人塾」が担うわけです。
「まちづくり会社(準)」との初顔合わせ、事業取り組みのすりあわせも終了、これから事業説明会~募集が行われ、6月下旬、第一期商人塾がスタートします。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ