FC2ブログ

能力装備 途上的取り組み

 中心市街地活性化をめぐる問題状況について。

 目下取り組まれている中心市街地活性化の取り組みはどのような条件下で取り組まれているのか。
条件を理解することで「よりよい取り組み」を企画することが出来ます。
取り組みが難儀している折から、問題状況を確認することは喫緊の課題です。

□中心市街地的・商店街的問題状況

 既存の基本計画ではほとんど取り上げられていませんが、特に留意しなければならないことがいくつもありまして。

その一 「もの余り・店余り」
 家には消費財があふれ、買い物行き先もまたリアル・バーチャル両面に渡って枚挙にいとまがない。

その二 「業種揃え・店揃え」の不備
 国が『基本的な方針』において“中小小売商業者の競争力の根幹”と喝破している「業種揃え・店揃え」が相当劣化かしている。「店揃え」はもちろんのこと、各個店の「品揃え」も陳腐化している。

 言うまでもなく、その一は「小売商業」の市場環境、その二は、主体側の状況です。

さらに大きな問題は、

その三 中心市街地・商店街活性化への取り組みは、この問題状況を理解していない
ということがあります。
 一般に、問題を理解せずに問題を解くことが出来ません。
小学生でも分かることだと思うのですが、どういうわけか、中心市街地関係ではそういう状況になっています。

 このことは何を物語っているのか?

その四 主体の状況が解決すべき問題の一部になっている

ということですね。

 事業全体が所有している、問題状況の理解・解決策の案出に不可欠な商業理論、都市経営論、計画論、組織論といった「知識」が不足しているか、あるいは不適切だということです。

 以上は、状況を理解されたにとっては大変な事態です。

状況は、「勉強し直して、一からやり直す」ことを許してくれません。
現状見てのとおり、というところからスタートして、有るべき「中心市街地」の構築を目指すわけですが、どう取り組むべきか?

 いずれにせよ、事業主体の「問題解決能力」は圧倒的に不足しており、事業に取り組みながら・能力自体を開発していかなければならないことは明白ではないでしょうか。

 能力が不備・不足しているのは、当社のような理論的・実践的な支援に当たる「専門家」も同様です。
何しろ前代未聞の問題、関係者全体が能力的に「開発途上」という状態からの着手であることをしっかり確認しておくことが必要です。

 中には、「不備・不足」を自覚していない関係者も多いわけで、論外、といわなければならない。
取り組みを進めるにあたっては、「開発途上」からの取り組みである、という自覚を関係者が共有すること。
そうすると何にどう取り組んで行けば「不備不足」をカバーすることが出来るか、一番手前の問題に対処する姿勢が作られます。

 この姿勢が無いと、所要の情報・機会はみんな素通りすることになります。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ