FC2ブログ

RSCが実現している「中小小売業の競争力」

 RSC=「リージョナルショッピングセンター」=広域型ショッピングセンターと直訳されていますが、このSCが分担している小売機能は、「パーソナルニーズ・セルフ」という消費購買ニーズです。(ちなみにこのことを発見したのは、ご承知のとおり、takeoですね)

 RSC、特にわが国のRSCの場合、集客力はモール部分が主要に担っています。もはやGMS(「ホームニーズ・セルフ」という消費購買ニーズに対応)はRSCの核機能を果たすことが出来ません。モール部分との乖離が著しい。

 モールの集客力とは何か?
「中小小売業の競争力の根幹」である「業種揃え・店揃えの最適化」を日々実践しているのがRSCのモール部分です。
つまり、ここでは恒常的に「業種揃え・店揃えの最適化」が取り組まれているわけで、「競争力の根幹」を強化する・最適化の取り組みはショッピングモールでは既に取り組まれているわけですね。まあ、単にテナントの入れ換えに過ぎない、と言う見方もありますが。

(こうしてあらためて考えてみますと、かって「市街地の整備改善のための事業」と「商業等の活性化のための事業」を“一体的に推進することで実現を目指す目標”が「中心市街地に立地する商業集積群を一個のショッピングモールに見立てて活性化を実現する」とされていたときの、「ショッピングモール」の意味するところが明白になります。
ショッピングモール即ち、中小個店による業種揃え・店揃えでつくられたモールを中核とするパーソナルニーズ対応型の商業集積です。

 このことが理解されないと、ショッピングモールをめざす、といいながら、アーケードの整備だったり、空地・空店舗へのテナント誘致だったり、挙げ句の果てはRSCを誘致したり、というハチャメチャになってしまうわけです。
「理論」の必要性、あらためて確認してくださいね。

 思えば。
中小商業の競争力の根幹は「業種揃え・店揃えの最適化」にあるということは、ずうっと以前から国によって提唱されてきました。
「高度化事業」とはそのための事業だったわけです。

 ところが実際の高度化事業ではもっぱら施設整備・ソフト事業に偏重し、「業種揃えの最適化」は高度化事業と並行して商店街・個店が独自で取り組むこととされていたわけです。
高度化事業に取り組んだことがある人は、計画書に個店の「業容革新」について計画して提出することになっていたことを覚えていらっしゃるかも知れません。コンサルタントの「作文」で済ませたから覚えていないかも知れません。
いずれにせよ、「業容革新」に個店ごとに取り組む、というスタンスが二重に間違っていました。
第一に、個店レベルで業容革新に取り組むノウハウが無かったこと。第二に、「最適化」の基準となる集積として分担する商業機能を明確にしなかったこと。

 こうして商業の高度化は、施設・サービスの高度化に終始し、肝心の「業種揃え・店揃え」は共同店舗によるSMつくりを除いて全く取り組まれませんでした。
行政もこのことを総括することもなく、『整備改善活性化法』の「基本的な方針」にはあらためて「業種揃え・店揃え」が競争力の根源=集約力そのものであることを明記しながら、実現への適切な指導は行われなかったし、もちろん、総務省の行政評価には一言も出てきませんでした。

 ショッピングモールがモール部分のテナントミックスの最適化の取り組みによって集客力を維持・強化している状況を見ると、今さらながらに、「業種揃え・店揃え=テナントミックス」の最適化こそが中心市街地・商業の活性化の最大の目標だ、ということが理解されることと思います。
この課題への取り組みをきれいさっぱり放棄していたわけですから、あなた、周辺事業にいくら精を出してもお客が集まってくるはずは無く、活性化が実現するわけがありません。

 ということで。
中小小売商業の競争力の根幹は、「テナントミックスの最適化」にあるわけで、(おっと、この場合、中小小売商業とは中小小売店舗のことであって、資本規模などは無関係ですから念のため)そのモデルはRSC即ちショッピングモールに実現されています。

 では、中心市街地の中小商業が一致団結、実現を目指すショッピングモールは既に郊外で実現されているではないか、とお考えのあなたがもし、当サイト初見参の新人であればなかなか鋭い着眼ですが、常連さんですとチト問題です。

 パーソナルニーズには、「セルフ」とラグジュアリィ志向の「カスタマイズ」がありまして、中心市街地はもちろんカスタマイズニースを標的とするモールを目指します。
(常連さんには常識ですね)

 カスタマイズ志向のパーソナルニーズに対応するショッピングモールとしての再構築、これがクオールエイド社が目下到達している「中心市街地活性化への道」、個店と組織が一体となって実現を目指す中心市街地立地の商業集積が分担する商業機能です。

 もはや迷うことはないと思いますが、如何でしょうか。
今年度、当社はわが国においてはほとんど実現されていないこのタイプの商業集積としての再構築を目指す取り組みを力の限り、支援していく所存です。
あなたの都市も、こっち系を目指すなら、一日も早く当社へ連絡を。
「実現への道」を案内できるのは目下のところ当社だけ、案内無しで取り組むのもスリルがあって面白いかも知れませんが、失敗したときのリアクションがコワイはすです。 

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ