FC2ブログ

「アクセル」誘致の意義

 先日、RSC進出について論議が続いている中心市街地の勉強会に参加しました。
『中心市街地活性化実現の方法と方向』の内容について、二日間、6時間の勉強です。
「アクセル」をめぐる推進派と反対派の対立、各地で起こっているようですが、結果としてどちらが実現しても「責任」は大変重くなります。
今回の勉強会は、進出という大まかな方向が決定するなかで、どのような対応策が考えられるか、という、切実かつ、状況を先取りした課題への取り組みでした。

 結論は、進出が「中心市街地活性化のアクセル」になるかどうかは、オープンまでの2年間に皆さんが何に・どう取り組むかに掛かっている。“イオンが出てきてよかった、お陰で商店街活性化に取り組み、成功した”といえるかどうかは皆さんの店づくり・まちづくりの取り組み次第、ということ。
毎度のことながら、中には引き気味の人もありました。
 事後のアンケートを見せてもらいましたが、「市の回し者ではないか」という評もあったりしまして。

 「イオンが来る・迎え撃つぞ」「ラグジュアリィモールとしての再構築」を合い言葉に、商店街発生以来始めて、という質と規模の取り組みを組織することが出来るかどうか。
出店を「ラスト・チャンス」にうまく利用していただきたいものです。

 と言うことで、当サイトでは「回遊性の創出は不可能」などと、何かと批判することの多い「アクセル」ですが、出てくると決定したからには、表はもとより裏に回っても出来る限り利用しなければならない。
このあたり、これまでの出店の経緯・現状を見ますと「してやられた」という感が強い。もっともRSC側も「回遊の創出」を期待されても何をどうしたらいいのか、皆目分からない、というのが正直なところ、「共存共栄」も出来れば実現したいところですが、どうすれば実現できるかは分かりません。
もちろん、そのために自社の収益を損なうことはまっぴら、ということでしょうから、何にも期待は出来ません。

 「回遊」とは、RSCが広域から集めたショッピング客を街なかに引き込むこと、くらいにシビアに考えておかなければならない。「RSC」という来街目的を「RSC&商店街」に、さらには「商店街」に変えることが出来るかどうかは、商店街の取り組み如何に掛かっています。
当社の知り合いにはゆめタウンが集めたお客をこっちが引き剥がす、と威勢のいい商店街もありました。

 アクセル、商店街の皆さんの自助努力の組織化に利用できなければ、その導入は商店街の空洞化をいっそう加速するだけです。

 アクセルの進出にあたっては、「回遊性の創出」など共存共栄の実現を担保する「協定」を締結する自治体もあるようです。でも、何を協定すれば回遊が担保されるのか、双方無知のままでの協定ですから、出来上がってみると「何のお役に立つのやら」というものばかり。
商店街とRSC間にシャトルバスを運行する、などが切り札視されていたりしますが、これはRSCにお客を運ぶだけ、RSCからの回遊はありませんからね。

 協定を結ぶならもっと重要、もっと切実なことがあるのですが、まあ、ここで手のうちを見せるとRSCさんに対抗策を講じられそうなので(笑

 アクセルの誘致を商店街活性化にどう利用するのか?
これまでの事例ではほとんどが失敗しています。
失敗事例を踏まえつつ、どう利用すれば「起死回生」の一手になるのか、商店街の皆さん自身が自分たちの問題としてしっかり取り組むことができれば、「アクセル」誘致の意義も最小限は確保されます。
商店街の奮起が無ければ、アクセル誘致の成果はアクセルの独り占めに終わりますからね。

 その第一歩は、RSCについて、中心市街地阿活性化について、しっかり勉強する機会を早急に確保することです。「勉強」抜きでアクセルを利用したり、対応したり出来ると思っている人はいないと思いますが、勉強しなくちゃ、と思いつつ実現できなければ、もう何が起きてもかまわない、と努力を放棄していると見なされてもやむを得ない。
「中心市街地活性化」も夢のまた夢で一件落着、ですね。

※当サイトにおいて、「アクセル」とはご承知のとおり、10,000㎡以上の集客装置、とりわけ商業施設・特にRSCのの中心市街地への誘致を指しています。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ