FC2ブログ

基本計画 目標数値の怪

 中心市街地活性化の新スキームでは、総務省の行政評価など従来の取り組みの総括を踏まえて、実効ある取り組みを促すために、新たに作成される基本計画においては、具体的な目標数値を設置することになっています。Web上に公開されている基本計画にはそれぞれ目標数値が設定されていることは皆さんご承知のとおりです。

 ところがこれまた多くの基本計画に共通していることですが、特に、商業の活性化・「賑わい創出」という事業領域における目標の選択および設定の仕方には大変な問題があります。
その問題の度合いたるや、実際に確認されると
①いますぐ目標設定を変更しなければならない
②プランニング能力の欠陥が歴然、担当者を変更しなければならない
という結論がでてしまうというレベルなのです。
以下、簡単に説明します。

目  標:「賑わい創出」
目標数値:「通行量の増大」

目標について:
 そもそも、通行量が増えることがにぎわい=商店街の活性化=経済活動の活性化に直結するものではないことは、当サイト、これまでも実例を挙げつつ、縷々説明してきました。通行量が増えたからといってシャッターの内側におけるショッピング行動が増えるとは限らないのです。通行量の増加がショッピングの増加に直結するのは、増えた通行量が「ショッピング目的の来街」に起因する場合に限ります。
(ここではこのことは主題ではないので、以下の論議はサイト内検索で。)

 目標数値について。

 実際に見積もられている通行量の増加は、①居住人口の増加 ②非・商業施設への来訪の増加 ③イベント参加 などによるものであり、「ショッピング目的」は記載されていても one of them です。
これでは通行量の増加が即・商店街的賑わい=シャッターの内側のにぎわいに直結するわけがない。
イベントで大量に来街したお客が①買い物客に張るわけではない ②翌日以降の通行量とは無関係、ということは実例を見れば明らかです。

 さらに問題は、通行量の増加をショッピングに結びつけるための「売場の魅力アップ」という取り組みが全く計画されていないこと。繁盛している商店街の場合、
①繁盛している個店が多い 
②繁盛店でのショッピングを目的に来街したお客がまちなかを回遊する
ということで通行量が多くなるわけですが、通行量を増やすことで繁盛を実現しようとする場合も、「売れる店づくり」は必須課題のはずですが、取り組みはほとんど計画されておらず、「商業は街の花、、住む人・来る人を増やせば商店街は活性化する、という「藻谷流(いまも主張されているのかどうか)」の弊害でしょうか。
 
 「商業の活性化」の取り組みにとって、通行量という数値目標がほとんど実効性のないものであることは、実際に取り組んでみればたちまち分かることです。
ところが、「目標期間」に問題があるため、この欠陥は最後まで発見されず、その結果、5年間の取り組みの結果は「壮大な無」の終わってしまう可能性が高いのです。

○目標設定期間の問題
 多くの基本計画に掲げられている目標数値の達成時期は、計画終了時点になっています。(大事なことですから最寄りの計画で確認してください。)
二つ問題がありまして。

第一、計画終了時点で目標が達成出来なかったらどうするのか?
第二、目標数値を達成出来たとして、「商業的賑わい」が実現しなかったらどうするのか?

 ということですね。
こういうことが計画終了時点ではじめて分かる、それまでは分からない、というのは大変なことです。

 言うまでもなく、目標は目的を段階的に達成するために設定するものです。
特に「通行量の増加」という目標の場合は、「商業活動の活性化」という目標を達成するために掲げられるわけですが、この目標~目的の関係は、「推論」を含んでいますから、取り組みながら一方でその整合性を検証していかなければならないという条件を持っています。
通行量の増加は商業活動の活性化・繁盛店の出現を促すか?

 事業に取り組みつつ、その「目的」レベルへの実効性を確認し、期待どおりの「目的達成」への貢献が生まれない場合には、目標を変更しなければならない。
上述のとおり、通行量という目標は実効性(これを実現すれば繁盛店が出現する)を実証されているわけでは無いですからね。

 ところが目標年度が計画終了年度に設定されている場合、その時点で「目標が間違っていた」、「未達だった」「並行して別の取り組みが必要だった」ことが分かっても「後の祭り」、既に商店街の機能劣化は再興不能なところまで進んでいるかも知れません。特に商業者をはじめ関係者の「意欲」はもはや「挫折」していることでしょう。結果するのはやり直しのチャンスの無い・最終的な中心市街地活性化の失敗です。

 「実効ある取り組み」とするために設定される目標、目標数値は、取り組みの目的との整合性を確認するために設定される、という側面を持っています。
目標のクリアが確実に目的達成への接近となっていることが確認されること。
予定通り目的に接近していればそのまま既成計画を推進する、接近できていなければ、目標を誤っていたか、数値を誤っていたか、取り組みに不具合があったか、いずれにせよ、取り組み・計画を修正しなければならないことが分かります。
「目標設定」にはそういう機能があることはプランニング関係者ならばイロハのイ的常識です。

 したがって、目標は、計画期間の最後に「一発勝負」的に設定するのではなく、計画期間を適切に区分し、期間ごとに目標(数値その他)を設定しなければならない。

 目標設定は、
①計画そのものが所期の目的達成の方向及び方法として妥当であるか、
②目標の達成度合いは計画期間中の目的達成を可能としているか
という二つのことについて、取り組みが結節を迎えた時点で評価するために設定するわけです。

 目標には、計画して取り組む事業の目的整合性、進捗度合いの適否を評価するという機能を果たすことが求められますから、そのためには、計画期間のなるべく早い時期から段階的に設定し、節目節目におけるチェックを可能にしなければならない。

 プランニングの常識をもとに基本計画を見たとき、計画終了時点に、それも目的との整合関係が定かではない「通行量の増加」を掲げるというのは、都市が経営資源を集中して取り組む計画にしてはあまりにも非計画的・一発勝負市愚いるのではないか、と懸念されるわけですね。

 と言うことで。
 目標数値を「通行量」とし、その検証時期を計画終了時点とするのは、プランニングの専門家であれば絶対に犯さない「まちがい」だと思います。
そもそも「数値目標」を計画終了時点に「一発勝負」で設定するというのは、中心市街地の活性化に計画を立てて取り組む、目標を設定して計画をマネジメントする、という計画~実施のマネジメントの常識に無知な人がプランニングを担当したのではないか、そのことが一号計画への無批判的な追随による、全体としての基本計画の出来映えをもたらしているのではないか、という疑問を抱かせるものです。

 あのですね。
「計画・プランニング」と通称「都市計画」とは全然異なる概念ですからね。
「都市計画」の専門家が、即・プランニングの専門家だと言うわけではありませんので、それぞれ状況におけるチェックが必要です。
もちろん、商業系のコンサルタントがプランニングの専門家ということも一義的ではありません。
これから作成される都市は、所要スキルの調達にはくれぐれも慎重にされることです。

 誤った目標設定をしている基本計画は早急に修正することが必要です。
ということを了解されたら、計画の修正・見直しに向けて「行動あるのみ」ではないでしょうか。 

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ