FC2ブログ

中心市街地活性化への道

 二日間に渡り、勉強会でした。
ご参加の皆さん、学卒以来のハードな座学、お疲れさまでした。
ぜひ、御地の取り組みの「画期」となるよう、ご奮闘を祈念いたします。

 「活性化への道」本気で取り組むためには、「推進体制」の整備が必要です。行政・商工会議所・TMO・商店街という「四者体制」の構築(従来のナアナアではダメ)が課題ですが、その前にそれぞれの組織内部の体制を作らなければならない。

 中心市街地の商業施設群をこぞって活性化しようということですから、従来同様のものの見方・考え方、組織のあり方のまま、集合の「看板」だけ変えれば活性化が実現できる、などという甘い考えは通用しません。このことは「活性化への道」を描いてはじめて分かることかも知れませんが。
ともかく、従来どおりの人間関係・組織関係で成就できると思ったら大間違いです。

 まずは、それぞれ単位組織の内部を固め、それから「推進体制」の構築に向かう。
「活性化への道」を共有し・共通の土俵を作るわけですが、その過程で、「道」を媒介に従来の「人間関係」を再構築しなければならない。
これは極めて重要なこととです。

 再構築のアプローチは繊細ですから、そのつもりで。
出来るだけ当社のフォローを確保されることをお奨めする次第です。

 さて、話は変わりまして。
このところ何度か触れていますが、新法のスキームに基づいて作成された基本計画、認定第一号と話題になった両都市は以来既に一年を経過しました。
後続各都市もこれから逐次一周年を迎えることになります。計画期間からすると、アッと言う間に2割を消化したことになりますが、この間、「商店街の活性化・買い物の場としての再構築」はどう進捗したでしょうか。
takeoは、ほとんど進展していない、と見ています。というか、むしろ空洞化がいっそう進展したに違いない、と判断しています。
何故そう言えるか?

 それは「基本計画」が活性化を実現できる内容で作られていないから、です。
旧法時代から数えれば9年の長きにわたって取り組まれてきた活性化への取り組みですが、今現在、振り返ってみると何が蓄積されているか? 
もちろん、計画し・推進した事業は「成功」したわけですが、その結果、上位目的である「商店街の買い物の場としての再構築」がいささかなりと進展したかといえば、それはまったく実現していません。それどころか空洞化がさらに進展してしまったところがほとんどですね。
リーダーさん方は講演活動などにお忙しそうですが。

ということは、何を物語っているのか?

 端的に言って、認定第一号・両『基本計画』が敷いたレールは、「活性化への道」としては適切ではなかったのではないか、ということです。

 ご承知のとおり、当サイトでは目下北九州市の『基本計画(案)』のパブリックコメントにチャレンジしていますが、青森・富山両市の基本計画に自力思考抜きで追随する、“認定をクリアして「補助金への道」にエントリー出来ればいい”というレベルの取り組みはこれから一切通用しなくなります。つまりそういうレベルの事業は補助対象に採択されなくなる、ということです。

 そのプロセスは次のとおり。
①今年度中に認定数は50を超えさらに増加する。
②補助金の分捕り合戦が始まる 同時に
③従来的計画パターンの破綻が明白になっていく
④分捕り合戦に勝利するためには、補助対象事業を全体としての「活性化への道」に明確に位置づける「シナリオ」の存在が不可欠、これを訴求しないと補助対象にはならない。

という日がすぐそこまで来ています。

 せっかく認定を得た基本計画ですが「活性化への道」としてのシナリオ性を確保していない場合、事業が補助対象に採用されない可能性が高くなって来るわけです。ですよね。
もちろん当社はこの趨勢をさらに加速するための努力をどんどんしていきたいと思っています。

 ということで。
補助金の確保が不可欠なら、新しく作る基本計画は「活性化へのシナリオ」をしっかり装備しておかなければならない、よろしいでしょうか。

 他方、既に作成随みの基本計画においては、その下位に「活性化への道・的シナリオ」を今度こそちゃんと装備した「行動計画」を策定、これと基本計画のセットで補助金を申請する、という工夫が必要になることでしょう。

 以上は、もちろん、補助金獲得に限ったノウハウではなく、これまでの取り組みを見直して「活性化への道」にチャレンジする、という課題を自覚しているすべての都市・中心市街地・商店街に共通するところです。

 当社は、このような取り組みの一部始終を支援する用意があります。問題を発見・定義し、取り組みを提案し、かつ、そのプロセスを支援出来るスキルを持っているのは、現在のところ、当社だけだと思います。
だって、こんな話、他のところでは聞いたことがないでしょ。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ