FC2ブログ

ショッピングモール見立てという方法

 このところ、何となく勢いを盛り返して来た感がある「ショッピングモー見立て」ですが、“そもそもショッピングモールとはなんぞや”というところでいろいろと見解が分かれておりまして、ここが違うと実際の実体推進ではとんでもない違いになります。

 本格的なのは、ショッピングモールがテナントミックスで実現しているOVSに注目、その中心市街地における実現を目指す、というのが、正しい取り組み・最右翼です。
いつも申しあげているとおり、ショッピングモールというのはOVS・業容についてのネーミングですからね。
形状デザインとか「構成手法」のことではありません。

 と結論を先取りしてしまいましたが、「モール」という単語のもとの意味に着目、「逍遙小路」というニュアンスから、アーケード付の商店街、と理解する人もいます。
この種の人にとって、ショッピングモール化とは、アーケード整備の拡充のことだったりします(参照:最寄り都市の『基本計画』)

 あるいは、ショッピングモールのOVSを構築する手法としての「テナントリーシング」をショッピングモールそのものと勘違い、ショッピングモール見立てとは「テナントリーシングを商店街に導入する」ことだ、と理解している人もいます。
こういう理解は多そうで、SCのマネジメント関係の職務履歴を持っている人をTMOに招聘する事例などは、こういう理解に基づいているわけです。

 つねづね申しあげているように、商業機能、商業施設というものは、お客さんが、来て・見て・買ってくれてナンボという機能ですから、なにはともあれ、当該施設はお客にとって何であるか?ということが中心的命題にならないといけません。
このことを抜きに、形状を整備するとか、流行りのショップ、地域初のショップを連れてくるとかいうのは、そもそも「モールという小売業容」の理解が間違っているのではないでしょうか。
“業容?、そんな言葉業界で聞いたことがない、おれはヤだ”という人は別にかまいませんが、その分、活性化の取り組みはお客のニーズとミスマッチする可能性が高くなるかも、ですね。

 商業施設の定義・コンセプトは、お客は誰か・購買行動の目的は何か、ということを過不足無く説明するものでなければならない。
というか、その方が絶対いいです。

 テナントミックスというのは、来店目的を構築する手法です。
来店目的は、所与の条件の下におけるOVSの設計によって作ります。
来店目的は、当該商圏において中心商店街が所与の条件を踏まえて、担当可能な事業機会をもとに構想する。

テナントミックスは、来店目的~OVSの構想を実体化する手法だということをしっかり確認しておきましょう。

 「ショッピングモール見立て」ということは、ショッピングモールから「見立てを実現する手法」としてのテナントシーリングを借用することではなく、ショッピングモールという「コンセプトーOVS」に見立てて、
①既存個店の業容転換
②空地空店舗を活用したテナントリーシング
などを活用して、「見立て・ショッピングモール」として再構築する、ということを意味しています。

 で、問題は、「ショッピングモールとは何か」
誰のどのようなショッピングニーズの対象となることを意図して作られる商業施設なのだろうか?
ということを解き明かさなければならない。

 一言で「ショッピングモール見立て」といっても上述のとおり色々あるわけで、まず、「色々あるな」ということを理解し、「見立て」に合致するのはどのショッピングモール観だろうか、ということを考えなければならない。
いろいろと大変です。 

続きをどうぞ。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ