FC2ブログ

地元主導型ショッピングセンター

という路線が、大店法&商調協華やかなりし今は昔、ありました。
中心商店街の有志が合意形成、大手小売業と連携して大型ショッピングセンターを作る。一つ屋根の下に核店舗プラス共同店舗というパターンです。
地元商業者の発意による開設ですから商調協も甘くなる、商店街に残る皆さんも不満はあっても昨日までの仲間の門出ですから、むしろ旗を立てるというわけにはいきません。

 大店法下の出店戦略として活用した大手もありましたし、提灯を持つコンサルタントもありました。

 出店した結果、街はどうなったかといいますと。
当時、喧伝された地元主導型大型商業集積の成功事例は、有力有志が退出したため急速に空洞化が進んだ商店街と「セット」になっておりました。
takeoは「成功事例」の視察につきあうたびに、セット商店街の方も必ず見に行ったものです。

その影響は、今日の出店パターンのようにデベロッパーがテナントミックスをナショナルチェーン中心に計画・リーシングして、隣接SCとの競合に備えるというパターンの出店よりも脅威でした。
何しろ、城内から有力店舗を引き抜かれるわけですから、「往復ビンタ」を喰らうも同然です。

で、今頃どうしてこの話題かといえば、もちろん、気がかりなのは「アクセル」出店の件。
これまではあまり目立っていませんが、殺し文句である「回遊性の創出」がうまく行かないと分かったら、次は「地元と協働で創出する新しいショッピングの場づくり」が大義名分になるのではないか?
これで、地元有力店舗をしかるべく業容チェンジしてリーシングすれば、一石二鳥ですからね。

そうすると困るのは既存商店街ですね・・・。

 幸い、これまでのところ、こういう傾向は現実化していませんが、「アクセル&ブレーキ」時代、これからの出店戦略として大いにありうる話です。
構成が地元主導だろうと無かろうと、既存商店街に対する影響は一緒ですから、商店街としては通常のRSCの登場以上に綿密な対応策を練り上げ、展開することが必要になります。

 ということが分からないようでは、中心市街地・商店街の行く手は大変心細くなりますね・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ