FC2ブログ

商業系コンサルタントの確保

 当社には、中心市街地・商店街活性化関係の報告・連絡・相談をいただくことが多いのですが、ときに感じるのが計画の作成及び運営段階に商業系の専門家(以下コンサルタント)の存在が感じられないことです。

ここでいう「商業系コンサルタント」とは、ショッピングセンターのテナントリーシングの専門家、商店街活性化事業の専門家、あるいは商業施設建設段階の専門家といった特定業務に特化した職能を指すものではありません。そういう専門業種を担当しつつ、さらに商業全般、都市経営全般にわたって事業目的を達成するために必要な専門家としての視野・識見を持った専門家、とでもいえばよいのでしょうか。

 領域を問わず、専門家を指してよく“木を見て森を見ない”、あるいは逆に“森ばかり見て木を見ない”などと評したりしますが、専門家なら当然、森の生態系や地域一帯の環境与件に関する知識、今日では地球環境全般に関する知識関心は持っていなければならない。一木一草レベルの問題に見えても実は全般的な知識・技術の裏打ちがないと的確な対応・問題解決が出来ないことがあります。

 知識・職能は細分化・専門化していますが、それを当然のこととして、全体としての問題情況を特化した専門的な知識・技能だけで理解し対処しようとする「専門家」は既存システムの内部でしか通用しないと思います。

 もちろん、空洞化著しい中心市街地・商店街は既存システム内的知識・技術で対処できる問題情況ではありませんから、特化・細分化した知識・職能しか装備していない、「システム-内-専門家」で対応できるはずがありません。

 このことはよほど真剣に考え、きちんと対応措置を講じておかないと “まさか! 専門家に依頼したのに”と、予想だにしなかった結果に見舞われることも起こりかねません。

 「アクセル」などがそのよい?例です。
下手をすれば、商店街に大打撃を与えることが確実、最悪の場合は共倒れに終わってしまう、という可能性を持っているのが「アクセル」、よほど卓越した構想と実現に導く手腕が無いと成功は難しいのではないでしょうか。

 詳細は、【都市経営】で展開するつもりですが、中心市街地に商業集積群の「核」として大型商業施設を誘致するという案は、「アクセル&ブレーキ」が期待する「活性化への道」ですが、成功するには上で述べたような「商業系コンサルタント」の支援が不可欠です。
商業系コンサルタントとは、SCコンサルタントでも商店街コンサルタントでも都市計画コンサルタントでもない、そういう肩書きでは担保出来ない問題解決を支援する、これまで「職能」としては要求されておらず、したがってお目に掛かることの出来ない、これから登場する職能かも知れません。

 もちろん、ユーザーがその必要を認識し活用しようと考え努力しない限り、登場することはありません。

 これまで、商店街又はその周辺に大型商業施設を誘致して「核」機能を担わせる、という企画を構想・計画・実現して成功している事例はありません。
既存の業種業態でこの任務が果たせるものはありませんし、新たに発明するとすれば、相当の力業が必要ですが、さて、都市がそのような力業の持ち主を首尾良く確保できるかどうか、という問題があります。
そういう力量の持ち主が「商業系コンサルタント」という看板を掲げているとも限りませんから、ユーザー側に適格者を探し当てる「眼力」が必要かも知れません。
というか、絶対に必要です。
目安となるのは、専門家の自己アピール。問題意識を持っている専門家ならこの状況において発言しないで済まされるということはないと思いませんか?
状況を理解し、発言の場をみずから確保しているか否か?
いくら眼力があっても吟味する機会がなければ役に立ちませんからね。
まずは、
商業コンサルタントとは何ものであるか?
理解することからのスタートかも知れませんね。

 「アクセル」を踏むには優れた専門家の支援が不可欠だということですが、なぜそうなのか?

「アクセル」施設への期待:
郊外型商業優位という状況において、わざわざ中心市街地まで来店させ、かつ、商店街に回遊を促す、という強いデスティネーションと回遊拠点としての「解放性」を併せ持った商業施設であること

回遊を期待する側の仕事:
「アクセル」が集めたお客を我が商店街・既存個店へ誘引する強力な「来街・来店魅力」を作り上げること。

 両方とも当事者としてはこれまでほとんど取り組んだことのない仕事であり、考えれば“手も足も出ない”ことが理解されます。
専門家=商業系コンサルタントの支援は不可欠ですが、どこでキャッチするか?

 以前からの中心市街地既存の関係者の中に、偶然、潜んていた、探し当てた、という場合を除き、商業系コンサルタントを「カネやタイコ」で招聘・確保することが「アクセル」活用を目指すユーザー=都市の「初仕事」だと思います。

 図体の大きい業種・業態を誘致すれば「核」機能が生まれると思ったら大間違いですから、この点、くれぐれもご注意を。

 おっともう一つ。
「アクセル」設置にあたって、商店街への悪影響を慮って、“商店街にあまり影響を与えない業容の核”などを想定、なるべく影響の無さそうな「テナントミックス」を目指したりすると、お客から見て“あってもなくてもどっちでもいい”業容の一丁上がり、自滅する可能性が高くなります。
 自滅的存在でも商店街への悪影響はそれなりに発生しますから、結果、アブハチ取らずになるかも知れません。

 木を見るのか、森を見るのか、それとも総合的な生態系から判断するのか。
森もいろいろ、専門家もいろいろ。
折しも中小機構では新年度の「商店街活性化アドバイザー」の登録が行われている最中です。新年度は「報告・連絡・相談」相手として、既存職能の皆さんとのおつきあいはおつきあいとして、別途「商業系コンサルタント」の確保を検討されたら如何でしょうか。

※当社・takeoへのご相談について。
メール経由の相談は無料です。
ただし、報告、連絡その他、掲示板への書き込みという「GIVE」があると大変嬉しいです。

コメントの投稿

非公開コメント

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ