FC2ブログ

中心市街地 新しい三すくみ

 当ブログが指摘してきた“中心市街地の三すくみ”とは、活性化の取り組みが商店街・商工会議所・市役所、関係者さん者間に長年にわたって醸成されている相互不信の結果、なかなか実効ある取り組みに着手できないでいる状況を指しています。
「実効ある取り組み」とはもちろん、“活性化の方向と方法を共有して取り組まれる個店の自助努力を核とする取り組み”です。
その詳細及び解消策については、関係記事を検索してください。

 今日の話題は、新しく生まれている・これまで無かった「三すくみ」について。

 北九州地域の多くの都市において、かたや自成的商業集積:商店街vsこなた人工商店街ことショッピングセンターが、「中心市街地」という三要件街区の中で「活性化」をめぐって抜き差しならない関係に入っています。
 立て前としては、新しく中心市街地に進出した《ゆめタウン》の集客力を活用して、「回遊性を創出」することで中心市街地全体を活性化させたい、ということですが、実現の可能性は厳しく、「行政」という異業種のプレイヤーと三者で新しい「三すくみ」状態を作ってしまうおそれがあります。
もちろん、その間に商店街の衰退は否応なく進み・・・。

 《ゆめタウン》の中心市街地への出店、都市によっては中心市街地化の切り札として都市経営上の戦略的な課題に位置づけられているケースもあるようです。
しかし、出店させたのはよいがそのあおりで中心商店街の衰退に拍車が掛かっては元も子もありません。出来るならば初心貫徹、商店街もなんとかなってもらいたい。
しかし、その方向と方法については皆目見当が付かない。というあたりが「掛け値なし」のところではないでしょうか。

 一方、《ゆめタウン》さんはといえば、
①当店がしっかり集客する
②そのお客を自店に引っ張れるかどうかは個店次第
と、商店街の執行部がイベントのときに言う台詞にそっくり。
まだ聞いたことのない人はこれから聞かされることになるかもしれないセリフです。

 イベント集客が個店の繁盛に無関係なら、「ゆめタウン」の集客だって無関係です。というか、従来の商店街のお得意さんまで引っ張りますから、逆効果のほうが確実に大きい。
では、《ゆめタウン》に何か打つ手があるかといえばそれは多分ありません。考えつけないのではないでしょうか。

 誘致した側はそれでは納得できません。何とか「回遊の実績を挙げてくれ」と切実な要求が繰り返されるはずです。
シャトルバスとか、ペデストリアンデッキなどを整備する、といったあたりが当面の「回遊策」ですが、すべて逆効果。お客が《ゆめタウン》に吸い込まれていく補助装置としてしか機能いたしません。
シネコンを、という話が出ているところも有るようですが、果たして実現するでしょうか、実現したとして「回遊性」が実現するものでしょうか・・・?

 《ゆめタウン》さんの立場。
こういうケースが一、二カ所なら「例外」扱いも出来ますが、先に見たとおり、このところ話題になっている都市という都市で、「 vs中心商店街」 という問題が起きるようだと大変です。“「回遊拠点」を務めます”という出店時のお約束がウソになってしまいますからね。

 特にこれから全国でA&Bシステムが本格的に発動するようになると、従来型の業容は「イズミ」、《ゆめタウン》ともに中心市街地しか出店余地はありません。
 ここはどうしても「中心市街地活性化の最終手段」としての役割を果たしたいところ。そうでないと今後の出店に赤信号がともります。

 さらに、より本質的な問題としてRSCという業容にかげりが生じている、ということがあり、短期的にはvs《イオン》で課題を抱えているところもある・・。
というように、対商店街だけでなく、戦略的な経営課題に直面している泉さんとしては、「回遊性の確立」に成功することで、戦略的諸課題がいっぺんに解決できればこんないいことはありません。

 商店街はといいますと。
もとより《ゆめタウン》の出店には大反対でしたが、実現した以上、何とかして商業機能としての存続を図り、あわよくば《ゆめタウン》出店を奇貨として業績の反転上昇という道を構築したい。
何とかいい方法はないものだろうか・・・。
現在、ここまで考えている人は少数派だと思いますが、ともかく、他に方法はありません。

 ということで。
商店街・行政・《ゆめタウン》の三者、「中心市街地・商店街の活性化を実現する」という方向でみごとに利害が一致するわけです。
一致はしますが、行政がうまく「活性化の実現」へのシナリオを作らないと、「新・三すくみ状態」が発生します。
商業者間の対立は深刻化、中心商店街は仕舞た屋どおりと化して、何のことは無い、中心市街地は、郊外型SC《ゆめタウン》が立地する「郊外」になってしまう可能性があるわけです。

 ここまでよろしいですかぁ。
 問題はこの後にあるわけですが、ここまではすんなり納得していただかないと先に進みづらい。何しろ、簡単に説明したとおり、行政・商店街・《ゆめタウン》関係三者の将来に重大に影響する問題ですから。
ということで、続きはサイトでやります。

 異論反論ありましたらどうぞ。

コメントの投稿

非公開コメント

興味深いです

白川です ごぶさたしてます。
商店街とゆめタウンのコラボですか。
本当にできるものか、疑問がいっぱいですが、ホームページで勉強させてもらいます。

お久しぶりです

これはお珍しい。復帰、ではないですよね?
問題設定したばかりで、果たしてどうなるものか・・、緊急課題だということはハッキリしています。
vsゆめタウンという形でこれまでの取り組みの「不都合」がだれの眼にも明らかになると良いのですが・・・。
従来的延長では今回もスルーかも、です。

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ